スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビスパの味方

次の試合、どうやってアビスパを勝たせるか?
今日はそのことばかり考えた。

自信をなくした選手達をがんばらせることが出来るのはみんなの声援だと思うんで、
まずは日曜の札幌戦、アホみたいにでかい声で、一発目の「ふくおか」コールをしようと思う。
「ふくおか」コールにハートを込める。

僕はアビスパの味方なのだ。

そして…
まずはキャプテン布さん。
帰って来るゲームキャプテン久藤ちゃん。
どんなときもきちんとサポーターと向き合おうとしてくれる二人の「キャプテン」の名前を精一杯でかい声で叫ぼうと思う。
布さんと久藤ちゃんの熱い気持ちはサポーターにしっかり届いてるよって伝えるために。


僕は今でも会社の机のマットに、
2004年にアビスパがレイソルに入れ替え戦で負けたときの新聞記事を敷いている。
試合後にホベ、太田、マス、千代、アリ、ユースケが下を向く写真の横には「WE NEVER GIVE UP」。
「WE」がポイント。
みんなで戦わないと。
みんなで諦めずにがんばればきっといい結果が得られる。

きついときこそアビスパの選手達を応援しないといかんのだ!(鼻息荒く)。
今がそのときだから、
今やらねえでいつやるんだと気合十分。

前回2004年の3連敗の後は入れ替え戦に夢をつなげた蜂連勝だった。

あの3連敗のとき、「アビスパ、終わった?」って聞かれて
ぶちきれて「終わってねえよ!アビスパは終わってねえよ!」と怒った。
選手もサポーターも諦めてなかったから蜂連勝できた。

アビスパ福岡はあきらめないチームだってことを思い出せ。


あのときと比べるとまだまだシーズンはこれからだし、
しっかりとこの苦しい状況を乗り越えられれば、アビスパはもっと強くなれると思う。


今の選手たちは失点すると途端に元気をなくし焦りを見せる。
1点取られても2点取れば勝てるんだと鼓舞するのはサポーターしかいない。
第2クールだけを見ると全敗で最下位。
10失点。
アビスパは弱い。
弱いチームにこそ熱いサポーターが必要だ。

不甲斐ないチームに対する怒りは相手チームにぶつける。ぶつけまくるぜ。
札幌覚悟しとけ。
試合後の自分のチームに対するブーイングの方が
試合中の相手チームにプレッシャーをかけるブーイングより大きいなんて、それじゃいかん。
それじゃいかんのですよ!
アビスパにブーイングするのは苦しいが、相手チームにブーイングするのは気合が入る。
札幌がボールを持ったらガンガンプレッシャーかけていきたい。
札幌びびらせる。

これからは、もう一敗も出来んという雰囲気を博多の森に作り出したい。
ダラダラした試合はノーサンキュー。
戦わない試合もノーサンキュー。

厳しく温かくそして熱く…


ユースケのU-20代表候補入りの他にも、僕にとって嬉しい話題が…

太田恵介のミネソタ・サンダーが今年の10月10日にベッカムのLAギャラクシーと試合をすることが決定!
(太田のチームはUSL、ベッカムの方はMLSで別組織なので通常は対戦はなし)
太田VSベッカム!
すげー、すげーよ、太田!
すでにワクワクしています。

Comment

同じく

>きついときこそアビスパの選手達を応援しないといかんのだ!(鼻息荒く)。

ホントにその通りだと思います!
選手にキツイことを要求するのであれば、サポートする側もそれなりのことをしなければ。

日曜日は、精一杯の気持ちを込めてサポートを。
ホームの力で、サッポロを圧倒しましょう!!

>tateさん

みんながtateさんくらい熱く応援できたら
きっと選手たちに多くの勇気を与えられると思います。
明日は気合入れてがんばりましょう!
 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。