スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惨敗 ~2002年~

アビスパがJ2を終わらせる前に過去3年間を振り返っておきたい。
まずは2002年。

惨敗の年。

日本でW杯が開かれた年、アビスパはJ2で新しいスタートをきった。
生え抜きのヤマやヒサ、ハライはチームを出て行き、前の年に途中入団したロペやノさんは残留してくれた。
シーズン前、当時僕が一番好きだったのは熱い言葉を投げかけてくれたノ・ジョンユンで、レプリカには10番を入れた。
でもこの年ノ・ジョンユンがチームのために走っていたかどうか?と聞かれれば、僕は「NO」と答える。
シーズンが進んでいくにつれ僕の好きな選手はだんだんと変わって行った・・・

僕にとって一番大事な選手になったのは江口倫司。

「江口がゴールを決めると勝てない」というのは当時のアビスパサポーターの常識だった。
江口のハットトリックで前半30分までセレッソ相手に3-0でリード。
しかしその後5点叩き込まれて逆転負けという試合もあった。
ミラクル福岡・・・
ハットトリックを達成したのに肩を落とし、しょぼんとしている江口の姿は今も忘れられない。
あの試合の衝撃、僕も忘れられない。

「そーだ、江口を励ましに雁ノ巣に行こう!」
それまで僕は江口がゴールを決めると勝てないから「江口は点を取るな!」と真剣に思っていた。
江口は、いつもアビスパの勝利だけを願う僕にとって最大の敵だった。

でもあのハットトリックで江口は僕のヒーローになった。
僕のエースは江口!
今でも言い続けるくらい大好きになった。

「江口、ハットトリック決めたのに残念だったね、僕は江口だったら得点王狙えると思うよ。狙ってよね」

江口は自分が何点取っているのかも覚えてなかった…
それくらい覚えとけよと突っ込みつつ、初めてしゃべった江口は爽やかな好青年だった。
江口、いいやつやね!これからは江口を応援しよう!
ハットトリック記念に江口にサインをもらって雁ノ巣を後にした。

ロペも好きな選手だった。
半年契約で、明日でアビスパとの契約が切れるという日、
会社を普通に休んで雁ノ巣に行き、
「ずっとアビスパにいてよ。アビスパにはロペが必要だからやめないで」
とハートを込めてお願いした。
ロペは
「僕も残りたいよ。でも家族の生活のこともあるからね。今の給料じゃ・・・」
それから1時間近くロペはいちサポーターに話をしてくれた。
僕とオブリのシャツを着た金髪の男の子の二人だけのために1時間を割いてくれた。
こんなにいいやつなんだから、やっぱりずっとアビスパにいてもらいたい!
と更に想いが強くなった。
「ロペがアビスパに残ってくれますように…」
後は祈るしかなかった。
次の日、クラブ側が条件をアップしてくれたおかげでロペはアビスパに残留してくれた。
それを知ってナミダが出た。

セレッソに5点。水戸に5点。
続けざまに大敗を喫したことでシーズン半ばに今井監督がやめた。
その日も平日なのに会社が休みだったんで朝から雁ノ巣に直行。
当時の社長が監督交替についてのコメントをマスコミに向けて語っているときに、
僕も普通にその輪の中に混じっていたら、
広報のイノウエさんに「マスコミ関係じゃないかたはご遠慮くださいね」と言われた・・・
えらそうにメモも取らずに腕組をしてたのがまずかったんかな?
「えー!この人たち(記者)より僕のほうがずっとアビスパのこと好きなのに・・・」
とちょっと寂しかった。
アビスパが心配で心配でたまらんかったんよね・・・

夏を過ぎ、監督が中村シゲカズに変わり、チームはますます勝てなくなっていった。
1ヶ月に1勝すればいいといった感じ。

アビスパで引退したいと言っていたダビッは、博多の森の最終戦では鳥栖のユニフォームを着ていた。
試合後にユニフォームを交換したのはアビスパで引退をすることになったロペだった。
二人の偉大な選手がアビスパを愛してくれた。
僕はそれがとても嬉しかった。
こんなにボロボロになったチームでもまだアビスパを愛してくれた。
出来ればダビッもアビスパで引退させてあげたかった・・・

この年アビスパは全てのチームに黒星をつけられた。
唯一勝ち越せたのは大宮アルディージャだけ。
10勝22敗12分。
なかなか波に乗り切れないチーム状態のままズルズルと最後まで行ってしまった一年。
負けることなんて考えてなかった水戸や甲府にも負けた。

後半戦の22試合でアビスパはたったの3回しか勝てなかった。
たった3回…
この年アビスパの最終順位は蜂位だった。


2002年は惨敗の年だった。
それでもアビスパのことを見捨てる気なんてさらさら無かった。
ますます好きになっていった。

全ては江口が繋ぎとめてくれていた。
江口のゴールが僕のアビスパへの想いをどんどん強くしていってくれた。

9/14の博多の森での横浜FC戦で自分よりはるか身体の大きい選手に競り負けて決勝ゴールを決められた宮崎光平は「僕のせいで負けた」と試合後に号泣した。
「お前のせいじゃないよ、こーへー。お前はがんばってたよ」
こういう選手が一人でもいる限り、僕は絶対にアビスパを応援し続けようと思った。
こういう選手が絶対にアビスパをJ1に連れて行ってくれるはずだと信じた。

宮崎光平は今もアビスパにいてくれる。
そして今年僕をJ1にやっと連れて行ってくれる。


幕開けは惨敗だった。
だからこそ今年僕はJ2アビスパの最後を優勝で終わらせたい。

まだ何も手に入れてないし、まだ何も終わってない。

僕は優勝して、僕とみんなとアビスパの四年間のJ2を終わらせたい。

あと蜂勝。
蜂回勝つことしか考えてない!

Comment

イエース!負けるかも?なんて思ったらスタジアムに行く意味がない。
全部勝つ。勝ちにいく。勝たせにいく。

J2最初の年。
私は何によって繋ぎ止められていたか?と考えてみた。やっぱり仲間かな。バカで愛すべき仲間かな。サポーターの結束力はあれからどんどん強くなっていっているように思う。

グッモーニン、アビ姉さん。

仲間っていいですね。
僕にもたくさん仲間がいるけど、特にアビスパサポーターはバカばっかり。
みんなバカ!
風がビュービュー吹いて寒そうなんですが、今日も当たり前のように雁ノ巣行ってきます。
「闘魂」を伝えに行って来ます。

こんにちは。ぼっちです。
オータさんの熱い気持ちはいつも「最高」です!
自分はサポーター歴2年(目)というオータさんの1/10位もない新米サポーターですが光平好きなんです。
そうですか、だからアレだけ一生懸命に動くんですね!ありがとうございます。
マスマス好きになりそうです。でも、一人の選手に気持ちを入れ過ぎるとその選手が居なくなった時が怖いので、やっぱり「アビスパ福岡」そしてそのアビスパサポーターをさらに好きになり応援して行きます。
これからも熱い気持ちを伝えて下さい。
明日は最後のダービーですね!
勝たせましょう!

ぼっちさん、こんばんは。
僕もサポーター歴は浅いですよ。
僕は普通にプロレスファンです!
プロレスなら相当詳しいです。
アビスパより詳しいです。
九州最強はアビスパ福岡、今年は鳥栖に来年は大分に分からせてやります!
 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。