スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボコンの気持ちがよく分かる・・・

君は0点を取ったことがあるか?
僕はある。
それも大学時代。
それも真剣に勉強した結果。
年だけで言えばもう大人の21歳、大学3年生のときだった…

僕のサークルは毎週水曜に例会を行い、その後夜9時くらいから大学の近くの「とも子」というお店で飲むのが常だった。
僕はほぼ毎週飲み会には出席していた。
「飲むやつはいいやつだ」
それが僕達の合言葉だったからだ。

大学教授なんかも飲みに来る店で、僕は一人の教授と友達になった。
オカベ・ゴローだ。
ゴロちゃんは法学科の先生で、政治学を専門にしていた。
そして運が悪いことに僕は法学科の学生だった。
ゴロちゃんには「うちのゼミに入れ」とよくスカウトされたが、僕は「夜警国家」とかよく意味が分からんかったんで別のゼミを選んだ。

3年になり僕はゴロちゃんの授業を受けなければいけなくなった。
政治学は必修の4単位。
しかし時間割がまずかった。
木曜の一限。
僕達のサークルは飲み会だけなら体育会系。
酔っ払いは当たり前。
潰れてはよくやったと誉められ、暴れては叱られる。
そんなサークルだった。
僕の名誉のために付け加えるが一応ちびっこたちをキャンプに連れて行くボランティアサークル。

水曜の夜、ゴロちゃんは隣のテーブルで自分のペースで飲んでいる
僕たちは先輩デビル西郷の悪魔のささやきで、ハードな飲み会。
木曜の一限の必修はつらかった…
それでも前の日に潰れない限りはまあまあ出席はしていた。

テスト前になり、ゴロちゃんが僕にこう言った。
「テストにサークルの名前書いとったら合格点はとりあえずやるからな。」
ゴロちゃんの子どもも僕達が企画したキャンプに参加し、ゴロちゃんは僕達のサークルにも理解があった。
でもそんな都合のいい話があるかよ!
僕はゴロちゃんに何度も何度も聞き返した。
「まじっすか?」

ゴロちゃんはこういった。
「男と男の約束だ。」
しかしお情けで単位をもらうわけにはいかんので僕は結構政治学を勉強した。
男の意地だ。
そしてテストに挑み、かなりの好感触を得た。
答案にサークルの名前を書こうか書くまいか迷った僕は、
「男と男の約束だ。」
と言ったゴロちゃんの言葉を信じ、名前の上にでっかくサークル名を書いて提出した。

数日後テストが終わり、「とも子」に飲みに行った僕におばちゃんがこう告げた。
「オータくん、オカベ先生がオータには単位をやらんかったって言ってたよ。」
「またまた~!」
「本当よ。」
「またまたまた~!」
 全くおばちゃんの言うことを受け付けなかった僕だったが、成績表を受け取ったときに愕然とした。

「不可」だった。
そして得点はだった…

これはゼロじゃないよな?
これはオーだよな。
オータのOなんだろ?

生まれて初めての0点。
ガンツ先生に0点と言われ、「うらら~」と嘆くロボコンの気持ちがよく分かった。

即、おばちゃんのところに行ってお願いした。
「おばちゃん、オカベ先生がとも子に来たら僕に電話してください!」

僕とオカベの対決の時はそれからすぐだった。

「なんで男と男の約束を守ったのに0点なんですか!」

ゴロちゃんは
「お前はテストになんでサークルの名前なんて書くんだ?
あれが無ければお前は70点は取ってたぞ。(ゴロちゃんのテストは難しいんでこれでも上出来)
テストに関係の無いサークル名なんか書いてるから0点にしたんだ。」

はぁ・・・?お前がサークル名書け!って言ったんじゃないか!

男と男の約束と言うのは正常な状態で交わされたものだけが有効なのだということ
を僕は知った。
酔っ払ったゴロちゃんは自分の言ったことを全く覚えてなかった…
それどころか言ったことと反対のことをやりやがった…

僕は思った。
酔っ払っても男と男の約束だけは忘れんようにしよう。
言ったことは守る大人になろう。


1年後、またゴロちゃんの授業を受けた。
75点。
実質70点から5点UP。
この5点が僕の意地だ。
たった5点の僕の意地。

卒業するときにおばちゃんが教えてくれた。
「オカベ先生、オータくんにまた授業受けて欲しかったから0点にしてみたいよ。」
そう思って貰えるのは嬉しいけど、0点は余計だ。


男と男の約束。
言ったことは守ってくれ。松田浩。
「J1復帰はノルマ。」

僕の部屋には「We WILL make it!」の色紙が今年も飾ってある。

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。