スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるい。 第4節VS仙台1-2×

試合中仕事だった僕ですが
逆転負けの事実を知ってスカパー録画を見るのは正直気分が乗らず…
Jリーグの日は会社休みにしてくれ。

前半を見終えた後は、ここで見るのやめればアビスパは勝ったままだ!
と思ったけれども、
アビスパ応援コーナーの森田みきとビビーズの笑顔が「停止」ボタンを押させなかった。
森田みきの「素敵なゲスト」にピピピ!と来た。
森田みき、柳楽だろ?ゲストは柳楽だろ?素敵な…といえば柳楽だろ?
そしてゲスト登場。

ナギだー!

ありがとう、森田みき。
スカパー中継最大のヒットは森田みきだ。
森田みきレポートは安田くんのように爽やかで
ゴリのように安定感がある。
福岡といえば森田だ!
タモリさんも森田だもんな。
みきと言えば森田だ。
アビスパ応援コーナー楽しみにしてます!
素敵なゲストの人選が非常にいいです。
次のゲストは安田くんでお願いします!


試合を見て感じたのは「ゆるさ」。
ゆるいぜ。
1勝1敗1分けっていうこの結果はゆるくないかな。
正直3試合全てホームみたいなものなのに勝ち点4ってゆるい。
ゆるすぎだぜ。

シーズンは始まったばかりだから、というのは
最初の方にだけ通じる都合のいい言い訳だ。
今のうちにどうぞ。

なんでどフリーでシュート打たせて怒らないのかが分からん。
ゴリ、もっと怒っていいんだぜ。

パスを繋ぐサッカーは点が取れなかったらロングボールに切り替えてOKなのか?
貫いて負けるなら納得できる。
やろうとしていることがまだ出来てないだけだから。

勝ちきれないことを耐える覚悟は出来ているのに
チームが成熟するのを見守る覚悟は出来ているのに
なんか中途半端。
中途半端さが納得できん。

2006年は八方塞がりの状況に陥ったときに松田アビスパ時代のしっかり守るというスタイルに戻って息を吹き返した。
頼れるスタイルがそこにあった。
今は苦しいときに頼るべきスタイルを、
2007年のアビスパ福岡のスタイルを、
苦しくても貫いて確立する時期だ。
安易なパワープレーに走ることなく。

パスサッカーを90分やりきっての敗戦ならまだ無理やり納得できるけど…
流れが悪くなったらパワープレーはこの時期にどうなんかな。

アビスパのスタイルを貫いて生み出されるゴールが一番嬉しい。
どんなスタイルでもいいから自分たちのスタイルを貫く姿が見たい。
そういうプレーがほしい。

この前の試合のアビスパには「情念」がなかった。
引きずりこまれるようなものがなかった。
でも久永のプレーにはそれがあったな。
久永はいい!
久永はすごくいい。
ノブリュウブログを読んで更に久永の素晴らしさを知ることが出来た。

エジソンさんの為にも勝って欲しかったな。
スポンサーサイト

HOME

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。