スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一発レッド

なぎらー!ナギラー!柳楽ー!
福大とのTMで一発レッドで退場。

最近はネットを覗くと、誹謗中傷や読むとこっちが落ち込むくらいのしょぼい言葉がたくさん溢れかえっていて、正直更新する気にならんかった。
気持ち悪い。
しばらくはアビスパについて書くのをやめようと決めていた。

でも…
「柳楽一発レッド」
このニュースでハートに火が点いた。
もっとナギを応援せんといかん!

ナギ、みんなナギのプレーをたくさん見たいんだから退場はしちゃいかんぞ。
とりあえずイエローくらいにとどめておかんといかんぞ。

今のアビスパでナギ以外に一発レッドをやらかしそうな人間はいない。
最近のアビスパでは一発レッドなんて無かった。
良くも悪くも「柳楽一発レッド」が僕にまた「やる気」を出させてくれた。


それにしても日刊WEBの速報は感じが悪い。
福大相手に0-2で負けたくらいで、Topページに載せるな。
フン!
アビスパさいきょー!って言えんくなるやろ。
腹立つ。
もっと感じのいい話題のときにTopに載せろ。
世界に発信しろ。
あー感じが悪い。

だいたい福大は強い。そりゃ負けることもある。(でも負けんな)
アビスパは大学生だけじゃなく高校生にだって負けたことあるぞ。
北斗に聞いてみろ!
僕は雁ノ巣で国見に0-2で負けた試合を見たことがある。
何も出来ずに完敗…
そのとき初めて「中村北斗」を見た。
国見の激しいプレスの前に2002年のJ2アビスパ福岡はたじたじ。
当時から北斗と兵藤は目立っていた。
当時から北斗は凛々しくてサムライのような佇まいだった。

その他にも2001年、グローバルアリーナで東海大五相手に先制され、かろうじてドローというのも見た。
こっちは平日、それも宗像での試合ということで生で見た人は本当に少ないはず。
降格争い真っ只中の頃でアビスパはトップも試合に出ていた…
プロレスファン→アビスパファンになったばかりの僕にとっては、高校生相手に引き分けという結果は衝撃的だった。
試合後はピッコリに「がんばんなよ」と言って励ましてあげた。
スタンドには病気にかかって欠場していた漢前田がポツンと座っていて、僕は「前田さん、早く良くなってアビスパ残留させてね」とお願いした。
漢前田は笑顔でハイ!と言ってくれたが、
次に前田を雁ノ巣で見かけたときには、
アビスパはJ2に降格し、前田も解雇された後だった。

ここ最近は高校生や大学生に負けることはなくなってたんで、アビスパも強くなったなぁと思っていた。
当たり前なんやけど…


最近ちょっとアビスパを取り巻く雰囲気が悪い。
むかつく。
しょぼいこと書いてるのを見るとむかつく。

今のままじゃ降格するムード満々やないか。
腹立つ。

降格とかさせるか!
アビスパのことめちゃくちゃ応援してやる。
ナギのことめちゃくちゃ応援してやる。

しょぼい言葉なんて吹っ飛ばすような熱いやつを書く。


スポンサーサイト

Fan's selectにナギ!

J’Sゴールで知った。
Fan's selectカードに選ばれた11人のアビスパ選手。

前回までのベスト5は北斗、セイジ、水谷、ユースケ、千代。
5位以内に入ってなかったのにナギが最終的に2位にまで上がった。
ナギカードが出来る!


上からサポーターの投票が多かった順番と思われる。
中村 北斗
柳楽 智和 ←ナ・ギ・ラ!ナ・ギ・ラ!
古賀 誠史
水谷 雄一
田中 佑昌
千代反田 充
山形 恭平
ホベルト
グラウシオ
アレックス
有光 亮太

毎日20票投票して来た甲斐があったってもんだ。
こっそり20票投票してきた甲斐があったってもんだ。
「ナギに投票して!」とお願いしてきた甲斐があったってもんだ。
ナ・ギ・ラ!ナ・ギ・ラ!

みんな買おう。
2006Jリーグオフィシャルトレーディングカード
チームエディション・メモラビリア
アビスパ福岡

ナギカードが3枚。
ただし6,300円。
(釘? 康臣カードもあるぜ!)

レギュラーカード…34 種類 うち1枚ナギ
ポジション 別 カード…34 種類 うち1枚ナギ
Fan's Select…11種類 うち1枚ナギ
その他にも…
マスコットカード…1種類
プレイングタイムベスト11…11 種類
ゴールゲッターカード…2種類
ジャージーカード…5 種類
パッチカード…5種類
サインカード…33種類


今日は気分がいいのでアビスパクイズー!
さあ第一問はスパイククイズー!

サポーターのみなさんの中には選手の履くスパイクに注目しているスパイクマニアも多いことでしょう。
僕ももちろんその一人。
サッカーやらんけどDIADORA欲しいもん。
柳楽モデルがほしい。
柳楽モデルが発売されたら即購入。
毎日ピカピカに磨き上げたい。

さて先週土曜の雁ノ巣で僕は非常にお洒落なスパイクを履いてる選手を発見しました。
国内最高峰スポーツ用品メーカーmizunoの、白ベースにピンクのライン。
ヒント:癒し系の笑顔が素敵

見た瞬間「おいおいピンクとか鳥栖の色やないか。
そんなスパイクを履くなんて…」
と僕が心の中でこっそり突っ込みを入れた選手はだれ?
クイズに正解してもなんもあげんけど、とりあえず考えてみて。

正解は…

続きを読む ≫

みんなで柳楽応援しようぜ

松田監督解任から一夜明けた23日。
23=柳楽。
今日はナギについて書く。
ナギのことを書くと元気になるから。
みんなもナギの笑顔を見ろ。
笑顔になれるから。
みんなで柳楽応援しようぜ


怪我もあってW杯中断前にトップで試合に出ることは出来なかったけど
2ヵ月後には博多の森のピッチの上にいてほしい。
そう思いつつ、FC東京戦の前に雁ノ巣に行ってナギと話して来た。

僕は今のチームにはナギのような選手が必要だと思う。

爆発力のある選手。
何かをやってくれそうな選手。
楽しそうにプレーする選手。
ストレートに感情を表すことが出来る選手。

沈滞した嫌なムードを一気にひっくり返せるのはナギじゃないかと思う。


ナギに聞いてみたかったことがある。
「なんでアビスパに入ったと?」
「高校二年の時から来てるし、今更…(他のチームには行けませんでした)」。

当時高校三年生、大型GKカミくんが同じ高校の先輩としていてくれたからこそ、
同じチームの柳楽くんに目が止まったんだと思うと、カミくん=神。

高校時代の話しになった。
ナギがキャプテンのときに立正大淞南は島根県勢として最高の成績を納めた。
サッカー王国静岡の藤枝東にも勝った。
その話をしながら、「さすがナギやね」と言うと、
「周りのみんなも良かったんですよ」と感じのいい答えが帰って来た。
最初は副キャプテンだったのに、選手権の前にみんなから選ばれてキャプテンに選ばれたらしい。
「キャプテンになるの拒否ったんすけどね…」

キャプテンは苦手らしい。


今のアビスパには補強なんていらん!
ナギが試合に出たらいい!
柳楽が守って、柳楽が奪って、柳楽が決める!
これでいいじゃないかと言ったら、
「いいっすねぇ、点が取りたいっす!」と目を輝かせていた。
ナギゴールでアビスパが勝つところが見たい。


みんなで柳楽応援しようぜ。
みんなで柳楽サポートしようぜ。

今日はナギについて書いてみた。
柳楽智和が僕にとって一番の希望の星だからだ。
ナギは誰にも似ていない。
そこがいい。
柳楽オリジナルだ。


みんなで柳楽応援しようぜ。
そして…
柳楽に僕たちを笑顔にしてもらおうぜ。


柳楽が守って、柳楽が奪って、柳楽が決める!
ナギがアビスパを勝たせてくれる日。
その日が来るのを僕は心待ちにしている。

がんばれ柳楽智和!

松田監督がチームを去り、混沌の中から新しいアビスパがスタートした5月23日。
柳楽智和から「最強☆アビスパ福岡☆最高」をスタートさせた。

みんなで柳楽応援しようぜ。

ナビスコカップ、VS FC東京と松田監督のこと

神(カミ)くんががんばって無失点に抑えてくれた。
(トールが身体を張ってかきだしたゴールもあったけど)
もうゴリと書くのはやめた。
昨日ナギに「ゴリのことは何て呼びようと?」って聞いたら「カミくんとか…」と教えてくれたから。
ゴリ=カミくん。

カミ君が試合前にものすごい笑顔でボールを客席に投げ込んでいた。
あの笑顔はなんだ!
試合に出られてうれしい。
がんばってるのがサポーターに認められてうれしい。
今のカミくんからは喜びがたくさん伝わってくる。
それくらいかな。
良かったこと。

面白くない試合だった。
0-0のドロー。
何であんな試合になるのかが分からん。
勝っても負けてもナビスコの予選敗退は決まっているのに
ホームなのに
どうして後先考えずにゴールを奪いに行かんのかが理解できん。

あんな試合をして何か得るものがあるのか?
しょぼい。
ハラハラドキドキせんかった。
ペース配分を気にしながらプレーを続ける余裕なんて今のアビスパにあるのか?

消化試合を今後に繋がる意味のある試合にすることも出来ない。

いつもいつも試合後に下を向いて近付いて来られてもどういう顔をして迎えればいいのか分からない。
試合後にあんな顔をしないように90分間必死な表情を見せて欲しい。


なんともやりきれない想いだけが残ったこの試合が松田監督の最後の試合になるなんて…

ハードワークがいつも報われるとは限らない。
松田監督の3年半に「おつかれさまでした」。

J2に降格した最初の年はアビスパが守備のチームになるなんて考えたこともなかった。
何一つ自慢できるものがなかったアビスパに「組織」という一本の芯をもたらせてくれた。
2003年の松田アビスパは僕の大好きなチームだった。
大好きなアビスパのことをもっと好きになれた。

2005年の11月23日、引き分けでJ1復帰を決めた日。
あのときは素直に喜べなかった。
松田アビスパの戦いぶりに我慢が出来なかった。

でも今年ジュビロを相手にしたJ1開幕戦でしみじみとこう思った。
「松田監督、アビスパをJ1にあげてくれてありがとう」。

松田アビスパがJ1アビスパとしてピッチに姿を現した日、
全てが上手く行きそうな気がした。

フロントがどうのこうの言っても始まらない。
アビスパくらいの規模と実力のクラブでは、
これまで情熱を注いでくれた監督であったとしても
結果が出なければ「最後」がこうなる可能性は高い。

「松田監督解任」はアビスパが次に進むためのステップだ。
いい形での別れなんてフットボールの世界では数少ない。
アビスパにも結果の出せなかった他のクラブと同じように「監督解任」という現実が訪れた。
僕はこの事実を受け止めるだけ。


この決定が「正しかった」って言えないとアビスパはまたJ2に戻ってしまう。
「正しかった」って言えるようにするだけだ。

松田監督は僕の大好きなチームを再びJ1に導いてくれた人だ。
感謝してます。

ありがとう。
サンキュー。


ばいばい。

JAPANといえば柳楽智和

モーニン。
昨日も雁ノ巣。快晴で風もさわやか。気持ち良かった。
みんなでシュート練習をしていた。

ナビスコ出場停止のヒサシがサテ。
先週また怪我をした情報が入っていたナギもサテ練習に元気に参加していた。
ナギのグンと伸びるシュートに燃えた。
世界の柳楽シュートは破壊力満点


僕の友達ヨシキくん(小学生)が戦線離脱中の水谷のために鶴蜂十羽を折ってきていた。
この日はオータ&よしきコンビでずっと行動。
アンダー10とオーバー30、男二人。
共通点はアビスパが好き。
アビスパを愛する気持ちに年齢の壁は無い。

「水谷たくさん写してね」という友達のお願いに、いつもならナギ専用カメラになるマイカメラが水谷カメラになった。
よしき君本人も僕のカメラで水谷を何枚も撮って見せてくれた。
うん、上手に撮れてるよ。ハートが込められたいい写真やね。
ヨシキ君の撮った水谷

水谷、早く治せよ。
と言っても、もう練習もしっかりやっていたけど。


千代が帰り際にちびっこたちにプレゼントしていた前回のW杯出場国の国旗がデザインされたボールにサインをもらおうということになった。

ボールを見てヨシキくんが「あ、NAGIRA!って書いてあるよ!」
ううん、NAGIRAじゃなくNIGERIAやね。
「ナギラとナイジェリアって似てるね、ここにサインしてもらおう!」とナイジェリア国旗のところをナギに向けて「サインしてください」。
受け取ったナギは当たり前のようにNIGERIAをスルーして、JAPANを探し当てサインをした!

柳楽は日本代表だから。

実に男前な光景だった。
JAPANと言えば柳楽智和!


さすがナギ!とよく分からんところで感心してしまった。
僕ならその他の選手はいらんのやけどな。
ナギがJAPANにサインした、それだけでいいじゃないか。


しかし他の選手にもサインをしてほしいヨシキ君。
それからは選手達に自分の好きな国にサインをしてもらった。
水谷はプレミアを見に行ったりするし、GKの国だからイングランドが好きなんやないかと二人で色々と予想していたら、水谷がサインする前に林がイングランドを選んでサインをした。
ちょっと固まった。

シンゴにはデンマークのところにサインをしてもらった。
「大津でデンマークがW杯のときにキャンプしたよね?」と大人としてヨシキ君の前でちょっぴり物知りなところを披露してみた。
しかし…
固まるシンゴ。
「え…ベルギー…」
あー、そうやった、そうやった。ベルギーやった。普通に間違えとった。
ヨーロッパの地味な国と言うことで間違えてしまった。
シンゴも苦笑していたが、相変わらずかわいらしい笑顔だった。
シンゴの坊主頭を見ると撫でてやりたくなる。

僕の会社の後輩にはシンゴの先輩の大津高校サッカー部キャプテンがいるが、
そいつに「シンゴは練習に取り組む姿勢が実にいい!」といつも教えてあげている。
居残りの練習メニューも自分で考えているところが素晴らしい。
シンゴはきっといい選手になるな。


この日最後まで練習をしていた水谷は、ヨシキ君からサインしてくださいとお願いされると「イタリア、イタリア、イタリア…」と言いながらイタリアにサインをしてくれた。
なんやイタリアかと。
イングランドやないんかと。
幕チャンピオン姉に聞くと水谷はイタリア好きでブッフォン好きらしい。

ヨシキくんから鶴を受け取ると水谷は颯爽と帰っていった。
水谷、早くよくなれよ。


今日もいい天気。
アビスパ勝てよ。

今日もいい天気。
博多の森に行く前に雁ノ巣に行こうかな。
ナギ&ヒサシの男前コンビの素敵な笑顔

太田がんばれ

アビスパと並んでザスパの試合もちゃんと録画をして見る。
ザスパには太田がいるから。
太田がいいプレーをすると何度も何度も見返す。
太田が何か喋っていると何度も何度も見直して何を言ってるか確かめる。
雁ノ巣で会えんから太田の声を聞く機会が減ったしね…

ザスパは水曜に神戸とホームで戦った。
太田はスタメン。

この日太田とマッチアップしたヴィッセルのDFがエメルソン・トーメという小ずるいやつで前半から太田にちょっかいをかけまくる。
エメルソン・トーメがもつれたときに太田の股間を蹴った。
なんやあいつ。
むかつく。
むかつきっぱなし。
お前、格闘技でも急所を蹴っ飛ばしたら反則負けなんぞ。
男の風上にも置けん。
その後にエメルソン・トーメともつれたときに両者にイエローが出た。
この時点で太田、次節出場停止。(累積4枚目)


そして後半、太田と坪内がやりあう。
坪内が太田を後ろから蹴って、太田が倒れているたのにそのまま流され、
その後倒れている太田が走り抜けようとする坪内の足を手で軽くはたいたら二枚目が出た。
軽く手ではたかれただけなのに倒れて大げさに芝居をする坪内。
なんやあいつ。気持ち悪い。
それでも男か。
あーむかつく。


家本、お前好かん。
日本中のサポーターが家本のこと好かんと思うけど僕も好かん。
前田と同じくらい好かん。
二枚目を出す判断基準がおかしい。
こんなのにいつまで主審をやらせるんかな。
Jリーグはバカじゃないか?

ちなみにザスパ勝利につながる3点目はエメルソン・トーメのオウン・ゴールだった。
小悪党にふさわしい結末。


なかなかスタジアムにまでは見に行けんから
TVで見る太田のでっかい姿が僕の楽しみなのに
それを奪ったエメルソン・トーメ&坪内&家本は許さん。

お前らいつか僕とアビスパが倒す。
柳楽が守って、柳楽が奪って、柳楽が決めて倒す!
その前に次の対戦で太田がハットトリックで神戸倒せ。

退場するとき太田が怒っていた。
オータも怒った。
なんでだよー!←太田を真似してみた。


太田はザスパに行って上手くなってると思う。
というよりフィジカルコンディションが上がってきているんかな?
確実に去年より走れるようになっている。
相手DFを走って振り切ってのシュートなんかあるもん。
正月返上で走りまくった成果が出ている。


明日の仙台戦は太田が出場停止。
太田に満員の仙台スタジアムでゴールを決めて欲しかったのに…

太田がゴールを決めて勝った試合はまだない。
早く太田がゴールを決めて勝つ試合が見たい。
アビスパじゃなくザスパだけど太田が自分のチームを勝たせるところが見たい。
試合後、得意げな顔をしている太田が見たい。

去年までは雁ノ巣に行って太田に直接がんばれって言えた。
今は頑張れって書くことしか出来ん。
僕のヒーロー太田恵介がんばれ。

僕の部屋には今もでっかい24番のユニフォームが飾ってあるよ。
「最強☆アビスパ太田☆最高」ゲーフラが飾ってあるよ。

僕のヒーロー太田恵介がんばれ。

川島ドリブル=馬場チョップ ナビスコカップ、VSマリノス

僕は見に行けんけど…と書いたけど
キックオフ前には博多の森にちゃんと着いてました。
アビスパ>>>>>>>>仕事。

マリノスと1-1で引き分け、ナビスコでのアビスパの勝ち点は4。
決勝トーナメント進出ならず…
と言ってもナビスコはグループ・リーグを勝ち抜こうという感じじゃなかったもんな。
マリノス戦、試合は楽しめたが、結果は楽しめん。
かすかな望みを日曜までつなげたかった。
日曜もガチンコで行きたかった。

久藤ちゃんゴールで勝ちたかった…


前田は僕のダメ審判リスト筆頭だ。
この日もつまらんやったな。
副審にも「オフサイドとは…」って教えてやりたい。


ゴリがこの日もナイス・キーパーだった。
手を伸ばしたら当たった!
手を伸ばしたけど届かんかった!しまったー!そしたら枠に飛んでなかった! ほっ…
という感じ。
さすがドラゴリ。
あ、いかんいかん、ドラゴン+ゴリの新たな造語を発見したんで思わず使ってしまった。
しかし語呂が悪いんで使うのは今日だけにしとこう。
引き分けだった試合後は、ゴリー!ゴリー!ゴリー!の連呼。
ゴリに拍手。
ゴリ、これからもがんばるんよ。


久しぶりに川島の疾走する姿を見た。

かわしまー!

川島のドリブルは、誰も追いつけない!
だって川島だからだ。ふぉふぉふぉ…
川島すごいぜ!
魂の入った守備に久しぶりのセンターバックにバンテージ頭ぐるぐる巻き。
川島好きにはたまらん。
ゴールが決まってたら最高やったなぁ。

なぜ川島のドリブルには誰も追いつけないのか?
それほど足が速いと見えないのに何故なんだろう?
必死で考えてみた。

川島は189センチ。
足が長い。
川島の癒し系の顔に
川島のふぉふぉふぉ笑いに
すっかり騙されてたけど、
よく見ると川島は足が長い!

僕はこれまでそれに気付くことがなかった。
あの長い足で走ればそりゃ速いやろ。
普通に速くて当たり前やないか。

猪木信者だった僕が初めて見に行ったプロレスは全日本。
「馬場は弱い」と思っていた僕は兄ちゃんと一緒に試合前に馬場ちゃんにタッチしに行った。
馬場は大人しいやろと…
タッチしても怒らんやろと…
しかし馬場ちゃんは群がるちびっこたちを、いつもより1/208倍のパワー控えめ馬場チョップで振り払った。
馬場チョップに吹っ飛ばされる僕の兄ちゃん。

あぁ…
馬場チョップって効かなさそうに見えるけどすごいんやなぁ…

僕はそれまで猪木信者でアンチ馬場ちゃんだったが、
その日から馬場ちゃんをリスペクトするようになった。
馬場チョップは効く!

つまり、僕が声を大にして言いたいのは
「川島ドリブル=馬場チョップ」なんよ。
でかいやつは動きがスローモーに見えるけど凄いんよ。
破壊力バツグンなんよ!
川島も馬場ちゃんも顔が癒し系やから大人しそうに見えるけどハートは熱いんよ!
みんな川島をリスペクトしろ!
川島は素晴らしいぜ!
川島はかっこいいぜ!


薮田もよかったな。
いつも良いけど。
薮田はなんであんなに一生懸命走れるんかな…
股抜きにはときめいた。


日曜のFC東京戦は消化試合になった。
でも勝ちたい。
絶対勝ちたい。
FC東京は去年のワールドユースでナギのパートナーだった増嶋がやってくる。
ナギの友達、梶山もだ。
伊野波も来るから柳楽ジャパンが3人。
あいつらに柳楽のチームは強い!と思わせてやらんといかんからな。
消化試合とか関係ない。
アビスパが好きだからアビスパを勝たせたい。
アビスパが勝つと笑顔になれるもん。

みんなでアビスパ勝たせようぜ!
勝つけど。

ナイスキーパー! ナビスコカップ、FC東京

番と書いて竜一。

ドラゴン(藤波)が一番!というとても感じの良くて素晴らしい名前を持つ男。
神山竜一。
ゴリ、なかなかいい名前やな。

名は体を表す。
ゴリ、お前も藤波ファンやろ?

名は体を表す。
ゴリは日本で一番体重の思いJリーガーだ。
(「最強☆アビスパ福岡☆最高」調べ)
ゴリ・イズ・ナンバー・ワン!
ゴリ・イズ・オンリー・ワン!

昨日は寿ぶりにアサデスを見てしまった。
あ、間違えた。「久しぶり」やった。
すごくおめでたい間違え方やった。

アサデスはナビスコの映像が思いのほか多くて感じが良かった。
ナビスコカップ初勝利おめでとー!
アウェイ初勝利おめでとー!
アビスパー!
ふくおかー!

ゴリが素敵な笑顔やった。
ゴリの笑顔に釘着け。

かみやまー!
ゴリやまー!
ゴリー!

だいたいゴリはゴリラに似とらんよな。
ゴリはゴリラよりかわいらしいぞ!

ゴリは顔を見れば好調かどうか判る。ゴリは判りやすい。
PKを止めたりすると練習中にも関わらずニコッとする。
そういう判りやすいところがいい。

ゴリは水谷よりキャッチが上手い。
ゴリには水谷には無い良さがある。
そこを伸ばせばいい。

点を取られたときにチームメイトを叱咤する声もゴリはなんか感じがいい。
ミスをした選手に気を使って声をかける。
特にナギがミスしたときなんかは凄く気を使って声をかける。
そこはすごくすごく感じがいい。

昨日ゴリがたくさんシュートをとめて無失点に抑えアビスパを勝たせた。
ヒーローはみんなからリスペクトされなければならない!
いいぞゴリ。
えらいぞゴリ。
えらい、えらい。
こーへーもえらい、えらい、えらい。

名は体を表す。
ゴリ、いつか日本で番頼もしくて感じのいいゴールキーパーになれ。
ゴリ、日本で番体重の思いJリーガーの座を譲んなよ!
(ライバルは太田&マスなんやけど…)
ゴリ、痩せんなよ!
向かってくる選手はみんな弾き飛ばしてやれ。


ゴリの素敵な笑顔で今週はハッピーなスタートがきれた。
サンキュー、ゴリ。

明日は仕事なんで博多の森に行けんけど、明日も勝てよ。
明日もシャットアウトしろよ、ゴリ。

柳楽JAPANへようこそ

やっぱり反町が五輪監督になるらしいな。

新潟監督時代にJ2初年度のアビスパのズタボロDFラインを得意の毒舌でこき下ろして以来、やつは僕の嫌いな監督になったわけだが、柳楽JAPANの監督になるんなら応援してやらんといかんな。
ちなみに同じ理由で元横浜FCの信藤も好かん。
あいつは今でも好かん。

反町、正式就任の前に去年のワールドユースのDVDちゃんと見ろよ。
予習しときなさい!
アビスパ福岡が誇る若き日本代表、中村北斗と世界の柳楽のプレーに心震わせろ。
あー、ワールドユース何回見たか分からん。
柳楽で何回感動したか分からん。
朝っぱらからナギの奮闘に感動の涙を流し、吼えまくりやったな。

反町、お前、柳楽見に福岡に来い。
本当は「博多の森に来い!」と偉そうに言いたいところやけど…
大上段に構えて、声を大にして言いたいところやけど…
とりあえず雁ノ巣も押さえとけ。

反町に言いたいことは一つだけ。
柳楽、代表に入れろ。

二つまで言っていいなら、FWの軸はユースケにしろ。
誰よりもチームのために走るぞ。

三つまで言っていいなら、北斗は代表では前目で使え。
ドリブルが見たい。もっと勝負させてやりたい。

更にも一つ言っていいなら、中盤の底は城後寿で頼む。
笑顔に癒されるぞ。

反町、柳楽見に福岡に来い。
反町、U-21で分からんことがあったら大熊アニキに聞け。

僕から一つ忠告させてもらう。
チームで試合に出てるかどうかで代表を選んじゃいかんよ。
代表は、日本を勝たせることが出来る選手かどうか自分の目で確認して選べ。
代表は華のある選手を選べ。
代表はフィジカルの強い選手を選べ。
代表は才能に満ち溢れる選手を選べ。
(そして成長させろ)

そこで柳楽ですよ!
柳楽、代表に入れろ。

ゴールデンウイークにアビスパは3連敗。
負けた試合の後は即「16NAGIRA」に着替える。
これを着ると元気になる。パワーが出る。

ナギが試合(サテ)に出てると知って始まった僕のGW。
アビスパが負けるたびに
アビスパが失点するたびに
何回言ったか分からん。
「そこで柳楽ですよ!」

新しい代表のユニフォームも買わんといかんな。
とりあえずNAGIRAって名前だけ入れようかな。
背番号は五輪メンバーに選ばれたときにでも入れようかな。

ナギ、はやくトップで試合に出らんかな…
世界の柳楽にサインをもらって喜ぶ感じのいいお子さんたち

第12節×アビスパ福岡0-1サンフレッチェ広島○

攻めまくって負けるより
攻められまくっても勝ったほうが
試合後笑顔になれる。

試合後、たくさん泣いている人を見た。
僕が「泣くなよ、まだ終わってないよ」って声をかけても、
みんなの気持ちがスッキリと晴れることは無い。
サポーターを笑顔に出来るのはアビスパの選手たちだけだ。

選手たちに言いたい。
落ち込んで下を向かずに、顔を上げて
負けて泣いているサポーターたちの顔をよく見てみろ。
悔しいのはお前たちだけじゃない。

次は笑顔にさせてみろよ。

勝利が欲しい。

試合後はアストラムラインに乗って広島駅へ…
水蒸気で曇った窓ガラスに「アビスパ福岡、最強」って指で書いてみた。

なかなか勝てないけど…
それでもアビスパ福岡が僕にとっては「最強」だ。
最下位だったチームにも勝てなかったけど…
やっぱりアビスパ福岡が僕にとっては「最強」だ。

でも…
今のアビスパを取り巻くこの状況は「最強」に向かって行っているとは言えない。
今年、J1に残留するのはもちろんだけど、
もっと将来に向かって…
「最強」に向かって…
アビスパ福岡に強く、強く、強くなってほしい。

負けた後が大事だ。
負けた後のこの2ヵ月半が大事だ。

第11節××アビスパ福岡1-2川崎フロンターレ○

面白くない試合だった。
ワクワクする場面がなかった。
最近こういう試合が多いな。

北斗は誰にも真似出来ない重心の低いしっかりとしたドリブルが出来るんだから、アーリークロスだけでなく、もっとサイドをえぐってからのクロスにチャレンジしてもいいんじゃないか。

試合後に北斗が泣いたってことを知った。
北斗とユースケは今日最後まで練習していた。

去年も苦しい時期にこの二人のプレーからは勇気をもらった。
北斗のプレーからは「意地」を
ユースケのプレーからはアビスパに対する「愛情」を感じた。
若い二人に明日の試合、爆発してもらいたい。

川崎戦後はブーイングする気すらしなかった。
ブーイングするまでもない試合だったから。
下位に甘んじているチームがミスで勝ち点を失っちゃいけない。
下位に甘んじているチームでもホームでは勝て。
ホームであんな試合をされると正直悲しくなる。


負けた後が大事なんで昨日今日と雁ノ巣に行った。
昨日はナギに大分のナギサポーターのゆうちゃんから預かっていた手紙と鶴一羽を渡した。
ナギは左手に手紙を握り締めながら、ちびっこたちにサインをしていた。
非常に感じのいい光景だった。


今日も雁ノ巣。
アビスパ福岡に対するリスペクトが感じられん新聞記者なんかいらん。
今日アビスパにとってスポーツジャーナリストと言えるのは中倉さんだけだなと改めて思った。
アビスパに対し真摯な取材態度で接してくれるのは中倉さんだけだ。
中倉さんの記事からは情熱や愛情が伝わってくるし僕に勇気をくれる。
他のやつ等は話しにならん。
ひねりつぶしてやりたい。
今日雁ノ巣に来ていた新聞記者たちにぶちきれて怒りを爆発させた。
情熱の無いやつは雁ノ巣に来るな。

雁ノ巣への道は今日もすごい渋滞で、
僕の知り合いのご夫婦は途中で車を駐車場に停めてかなりの距離を歩いて雁ノ巣まで来られていた。
サポーターって偉大だ。

雁ノ巣できれいな折鶴を見た。
心が洗われた。
鶴を折った人たち
鶴を一つにまとめた人たち
サポーターって偉大だ。

僕はナギの怪我がはやく治りますように…と鶴を折った。
いま一番のみんなの願いは明日アビスパが勝ちますように…だと思う。

明日の試合は「勝つ」だけだ。
アビスパの勝ちだけを信じて情熱を爆発させたい。

アビスパを見下してるやつ
アビスパを馬鹿にしてるやつ
そんなやつらに対しての僕の「意地」を
アビスパ福岡に対する僕の「愛情」を
全ての感情を爆発させて、アビスパ福岡を勝たせたい。

第10節 ×アビスパ福岡1-4鹿島アントラーズ○

4月29日は僕にとってアビスパ記念日。
初めてアビスパの試合を博多の森に見に行った日。
アビスパ記念日だから勝ちたかったな…

初めてカシマスタジアムに行った。
去年の10月15日、水戸に勝った夜、みんなで飲んだときにKINGが乾杯の挨拶でこう言った。
「今度、茨城に行くときは水戸じゃなく鹿島と戦いましょー!」
今年、アントラーズと戦えるようになって良かったなとしみじみそう思った。

ヒサシのゴールが決まった時がクライマックス。
寿☆ヒサシおめでとう☆寿
途中交替でユニフォームを脱いで戻っていくとき悔しそうな顔をしていたヒサシ。
ヒサシのかわいらしい顔が曇っていて、J1で初ゴールを決めたというのにそんな顔をしてピッチを去るところが好感が持てた。
城後寿はいいね~。

昨日、雁ノ巣でヒサシに聞いてみた。
「交替した時悔しそうな顔やったろ?ゴール決めても途中交替だったから悔しかったと?」
ヒサシは「やっぱ悔しかったです…」と言っていた。
城後寿はいい。
悔しがる顔が男前なところがすごくいい。
バンバン点取りまくれよ、ヒサシ。


鹿島に負けて腹が立つ。
鹿島のサッカーは特別良かったわけではないが、それでも勝ってしまうところが強さ。
ちゃんとシュートが枠に飛ぶもん。
チームとしての連動性みたいなものはそれほど感じなかったが、
選手それぞれ視野が広く、空いたスペースに有効なパスを出せる。
プレッシャーをかけられても落ち着いてパスを通せる。

2点目はアレックス・ミネイロにどフリーで決められたが、
あのときTVの画面に映ってないけど、手前にいた田代がすごくいい動き(DFを引き連れる動き)をしていた。
あの田代の動きが他のどのプレーよりも僕には印象に残った。

よく攻めていたと思うが、アビスパにはプレーの精度が欠けていた。
川島のシュートは決まった!と思って飛び上がったけど、小澤にはじかれたもん…
ヒサシゴール以外では鹿テナチオを崩せなかった…

鹿島に負けて腹が立つ。
次の博多の森では倒す。

失点する度にしょぼんとなる選手達に腹が立つ。
次の博多の森では鹿島に勝て。


試合後に品川まで戻ってみんなで飲んだ。
この日TMで40分試合に出た世界の柳楽の復帰を祝ってみんなで乾杯した。

飲んで帰るときに品川駅で徳島のサポーター二人組と話しをした。
「お互い4失点同士やね(笑)」。
ちょっと話したらすごく感じがいい笑顔の人たちだった。
「J2では草津に元アビスパの日本一でっかいJリーガー太田がいるんでよろしく」となぜか太田のことをよろしくお願いしてしまった。
太田が徳島に行った時はVIP待遇で頼む。
「徳島はアビスパとユニフォーームが似とるもんね。お互いがんばろうや。」

次の日、スポーツ新聞で知ったけど徳島は柏に0-4で負けたため最下位になったみたいだ。
柏まで行った人たちだから最下位になったことは知っていたと思う。
それでもあの笑顔かと…

愛するチームがあるっていいねぇ。

HOME

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。