スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤波辰巳が好きだ。

藤波辰巳が好きだ。
小学生の頃からずっと好きだ。
僕の永遠のヒーロー。
10年以上も前に腰を怪我した後に漢字を変えて
今は辰彌(たつみ)なんやけど、僕が好きなのは藤波辰巳。
ちっちゃい身体ででっかいヘビー級レスラーに向かって行ってた頃の藤波辰巳。

プロレスラーとは思えんくらいにお人よしで常識人、
ずーっと正統派で悪役をやったことがない。
プロレスが上手でどんな相手とでも名勝負を繰り広げることが出来た。

僕が大好きだった新日本プロレスを身体を張って守ってくれたレスラー。
潰れそうになった新日本プロレスを見捨てずに守り抜いたレスラー。
藤波のキャッチフレーズは「炎の飛龍」。
藤波を応援するときは「ふーじなみ」コールではなく「ドーラーゴン!」コール。
「ふっくおかっ!」みたいに「ふっじなみっ!」でもない。

「ネバー・ギブ・アップ」という言葉が好きだ。
藤波が雪の降る日にNYのマジソン・スクエア・ガーデンで
WWF認定のJrヘビー級チャンピオンベルトを
カルロス・ホセ・エストラーダから奪ったときに
マイクアピールで言ったのがこの言葉。

藤波辰巳は絶対にギブアップしなかった。

もともと細い身体だったのに猪木の後継者として
新日本プロレスを守るためにヘビー級に転向した。させられた。
最強のJrヘビー級チャンピオンはいっきに身体のちっちゃい一日本人レスラーになった。

新日本プロレスから選手が大量離脱し、潰れそうになったことがある。
藤波にも引き抜きの声がかかった。
でも藤波は新日本を見捨てなかった。
藤波が身体を張って守ってたリングから武藤や蝶野、橋本の闘魂三銃士が育って危機を脱した。

どんなに下手くそなプロレスラーとでもいい試合が出来る。
ちっちゃい身体で受身を取りまくった。
僕は藤波辰巳を見て育った。
I NEVER GIVE UP !!

藤波が守った新日本プロレスの経営状態が悪くて、今年ゲーム会社に買収された。
新日本を飛び出した藤波のライバル長州が新日本再建の切り札として戻ってきた。
現場監督長州力のやり方に反発してこれまで新日本を支えてきた選手が新日本を辞めそうだ。
藤波に憧れてレスラーになった選手たち。

藤波、新日本を守れ。
がんばれ、藤波。
がんばれ、新日本プロレス。

来年新日が博多に来たらアビスパの試合があっても行く!(かもしれん)

僕が藤波のことを好きな気持ちはJ2アビスパの選手たちを好きな気持ちと同じ。
J2に降格してもアビスパに残ってくれた選手、
J2のアビスパに入団してくれた選手、
J2アビスパの為に走ってくれた選手たち。

アビスパが一番苦しいときにアビスパのために走ってくれたという事実はいつまでも僕の心に残る。

J2アビスパのためにこの4年で一番走ってくれたのは宮崎光平だと僕は思う。
こーへー、ありがとう。

ずっとアビスパにいて下さい。

本物はもうちょっと男前

スポンサーサイト

HOME

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。