スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田がアビスパ太田じゃなくなる。

どーしてアビスパ太田なんかな。。。
最近、アビスパ太田が元気がないから薄々僕もそうじゃないかと思っていたけど、
そういう日を迎えてもしっかりしようと思っていたけど、
やっぱり来年契約をしてもらえない5人の中にアビスパ太田が入ってたのを知ったときは顔がくしゃくしゃになった。

やっぱりアビスパ太田は来年アビスパにはおらんのやね。
太田がアビスパ太田じゃなくなる。
アビスパ太田が来年J1アビスパにいないのは寂しい。
寂しいって言葉だけじゃちょっと気持ちを伝えきれんね…

甲府戦もまさかアビスパ太田がサブに入るなんて思ってなかったからすごく嬉しかった。
もしかしたらアビスパ太田は来年もいるかもしれん!って思った。
でも結局出番が無くて…
アレックスをFWで使われて…
アビスパ太田も僕も本当にすごく悔しかった。

試合後しょぼん…と座り込むアビスパ太田を見たときは「がんばれー!」としか言えんかった。
だってあんなアビスパ太田なんて見たことないもん。
太田ごめんな、あの試合の前に来季はもう契約しないって言われとったんやろ。
もうアビスパでがんばれんのにがんばれなんか言ってごめんな。
でもその後にちゃんと言ったろ。
「太田、いつまでも応援し続けるよ。ずっと応援し続けるけんね」って。

アビスパ太田がいる限りは24番を着続けようと思ってたのに。
僕は来年何番を着ればいいんかな。
来年は誰が24番なんかな?

僕はケーちゃんにお礼を言わんといけんね。
最後に太田コールが出来てよかった。
ありがとう。
アビスパ太田の歌、もう一度歌いたかったよ。
アビスパ太田のためにハートを込めて歌いたかったよ。

アビスパ太田、ありがとう。
お前のおかげでまたアビスパのこともっと好きになれたよ。

アビスパ太田がアビスパ福岡の熱いハートだったよ。
強くて熱いハートだったよ。

太田、また強くて熱いハートを取り戻せよ。
いつまでも応援するからね。
太田がアビスパ太田じゃなくなっても応援するからね。
太田恵介の新しいチャレンジを応援するからね。
アビスパ福岡の強くて熱いハート アビスパ太田

スポンサーサイト

神様水谷

西スポでMVPの投票が始まった。
まだシーズンは終わって無いけど
今年、僕の選ぶMVPは"神様”水谷やね。
(小瀬で「カミサマ・ミズタニ!」コールをみんなでしたよ。)

全試合フル出場だし、水谷は本当にいいキーパーになったね。
時折、まずい飛び出しがあるけど、
PKもあんまり止めきらんけど、
ハートもあるし、
ファインセーブ連発するし、
本当にいい選手やね。
4試合連続完封も水谷あってこそ!(千代もいいけど)
次の試合も神様水谷に完封してもらいたい。
また「カミサマ・ミズタニ!」コールがしたい。

小瀬で水谷に声をかけたら、いつもよりちょっとだけ愛想が良かった。
J1復帰を決めて水谷は本当に嬉しいんやろうね。

今週末、仙台サポーターが博多の森にたくさん来るらしい。

去年、最終戦(VS山形)の次の日、仙台スタジアムを見に行ったら
たくさんのベガルタサポーターがボランティアでごみ拾いをしていた。(えらいね)
見つからんようにとちょっと離れたところからベガッ太(?)くんをバックに写真を撮ってもらっていたら
一人のベガルタ兄ちゃんに発見された。
先手を打って、アビスパと3位を争っていた山形を東北ダービーで破ってくれたお礼を言った。
「仙台、ありがとう!」
ベガルタ兄ちゃんは「福岡、入れ替え戦がんばってね!」って言ってくれた。
あの日、「(アビスパは入れ替え戦に勝ってJ1に行くんで)来年は戦えんけど、仙台も優勝してJ1に上がって来いよ」って言った。
ま、今年も普通に戦ったけどね。

3位争いではアビスパの方が先輩。
仙台には勝たせんよ。
アビスパが勝つよ。
勝つのはアビスパ。
だってJ1アビスパやもん。
アビスパ太田が点とって勝つよ。

相手チームのサポーターが大挙してやって来るのは、J1昇格がかかっていたアルビレックス新潟戦以来。
今回もあのときのようにハートのこもった戦いをしてほしい。
あのときもアビスパが勝ったもんね。
今回も勝つ!
だって僕たちJ1アビスパサポーターがついとるもん!

大分に負けて始まったJ2だから、最後は勝って終わりたい。
仙台に勝って終わりたい。
神様、次も無失点お願いします

5-0アビスパ!J1アビスパ!

最後のJ2アウェイツアー、GO TO KOSEは楽しかった。
だって5-0アビスパ!なんやもん。
5-0はJ2アビスパ史上初めて。
もう笑いがとまらん。
ははははは。
僕達はJ1アビスパなんで次はいつ5-0なんて遭遇出来るか分からん。
もういっちょ行こう。
わははははは!

J1アビスパはグラウシオにホベルト、こーへー、ノリ抜きでも強かった!
というより甲府がガチガチ。
これがプレッシャーと言うものなんかな…と痛感した。

メンバーを見た時点で、僕のゲームプランは、
「0-0のまま後半へ…ラスト15分でアビスパ太田投入、太田がゴールを決めて小瀬でヒーローになる!」だった。
しかしそのゲームプランはアンパンマンのJ1レベル豪快ミドルですぐに打ち砕かれた。
2発とも素晴らしいシュートだった。
松下がものすごい良い笑顔で試合後バスに乗り込んでいたのがかわいらしかった。
日頃の努力があったからこそだよ、松下よくやったぞ。

きょーへーのゴールもあり、前半で3-0になったとき、
もしかしたら今日は太田の出番は無いかも…と思った。
ハーフタイムにケーちゃんが「オーちゃんがリードして太田コールしていいよ」と言ってくれたんで、みんなで「オ・オ・タ!コール」をした。
あー、あれは嬉しかったね。
あー、あれは思い出に残るね。

「おれがリードを取らなくても自然発生でコールが起きるってことが大事なんよね」ってケーちゃんは言っていた。
岡山コールをしたとかしないとか、そんなのしたい人がすればいいんよね。
この日小瀬では岡山コールをしたよ。

サブはアビスパ太田に川島に大塚くんと、僕が熱望していた選手が入った。
まずは川島登場。
残り二人は大塚くんとアビスパ太田を使え!と祈る。
しかし、ぐりさんが交替で入った。
この時点で、大塚くんかアビスパ太田が出られなくなった。
どちらも好きだけど、やっぱりアビスパ太田が見たい。
しかし最後の一人は大塚くんだった。
みんな大塚くんへ大声援を送っていた。
僕も。
この日出られなかった太田の分まで、つかちんにがんばってほしかった。
小瀬に来れなかった僕たちの姉さんの分も応援した。
大塚くんはアビスパのアイドル。
みんなJ1アビスパに大塚くんがいることを望んでいる。

正直アレックスがFWにポジションチェンジをしたときに、この日アビスパ太田の出番がないだろうと言うことは予想出来た。
出番が無くなったアビスパ太田の姿を見ると、悔しくてナミダが出そうになった。
試合後にピッチの上を軽く走り、その後座り込んだアビスパ太田に声をかけたら、しょぼんとしていた。
いかん!太田が落ちこんどるから気合を入れよう。
「太田、がんばれよ、次がんばれよ。
いつまでも応援するからね。ずっと応援し続けるけんね」。
バスに乗り込むときはちょっと元気になってたんで安心した。
J2卒業式の仙台戦、太田の歌が歌いたい。
グラウシオが怪我をしている今、まだチャンスはあるぞ。
太田、お前の歌を歌わせろ!

終了のホイッスルが鳴った後、最前列まで駆け下り、みんなでラブソングを歌った。
笑顔で歌った。
次は博多の森で歌わんといけんね。
最高のラブソングをみんなで歌おうね。

紅葉がすごく綺麗だった小瀬。
J2アウェイ最後だから小瀬のピッチをバックに卒業写真をとった。
アビスパ福岡はJ2を卒業します!
僕たちはJ1アビスパサポーターだ。
J1アビスパ!
J1アビスパ!

「勝利のGEORGIAで乾杯しよう!」と提案し、スタジアムの外でGEORGIAを飲みながら選手バスを出待ち。
「千代ー、今日もよかったぞー!仙台戦もたのむぞー!」という僕の声に千代は無言でアゴを突き出したけど、
手に持ったカロリーメイトを見たKINGに「千代ー、もっといいもん食えよー」と言われたときには思わず苦笑していた。
千代はオフ返上で練習するらしいね。
えらいね、千代。

空港に僕と同じ背番号24を着る男、まさちゃんがお母さんのゆずゆずさんと来ていた。
「おぉ!J1アビスパサポーター!」
まさちゃんは太田に会ったときに「太田くん、小さくなったね」って言ったそうだ。
「お前が大きくなったんたい」と切り返されたみたいやけど…
まさちゃんがJ1アビスパサポーターみんなへ手紙を書いてくれていた。
かわいい子やね。
また来年会おう。
J1は関東にチームがたくさんある。
来年アビスパはJ1だ。
J1に復帰したアビスパの試合をたくさん見られるよ。

ホーム最終戦を0-5の敗戦で終えた甲府は試合後セレモニーを行った。
多くのサポーターが次の試合に向けて、選手たちを励まそうと、声を届けようと残っていた。
甲府、次勝てば入れ替え戦に出られるよ。
だってアビスパが仙台に勝つもん。
だってアビスパはJ1アビスパやもん。
次の試合はアビスパのJ2卒業試合やもん。
笑顔で終わらせるよ。

甲府サポーターが「福岡昇格おめでとう」って言ってくれた。
「ありがとう、仙台も倒してやるからね」。

甲府、感じいいね。
スタジアムで流れる音楽もプロレスラーのテーマ曲が多いし。
あれで藤波のテーマ曲「ドラゴン・スープレックス」でも流しとったら、興奮して誰かにドラゴンスクリューするとこやったね。

アビスパに勝ち越しているチーム、甲府。
それだけでJ1に行く資格があるんやないかと僕は思う。

小瀬から始まり、小瀬で終わる。
J2アビスパの最後のアウェイゲームは5-0で終わった。
笑顔で終わった。

もっしゃんに「J1昇格おめでとう、ありがとう」って言って握手をした。
アビスパ福岡、J1復帰おめでとう!
2005アビスパ福岡、J1復帰、本当にありがとう!

僕達をJ1アビスパサポーターに復帰させてくれてありがとう!
アビスパの人気者、大塚くん(つかちん)と北斗

第43節◎◎◎◎◎アビスパ福岡5-0ウ゛ァンフォーレ甲府×

今日のアビスパ福岡は最強やったね。
今日のアビスパ福岡は最高やったね!
福岡のみんなも笑顔やろうね!
僕はそれがうれしい。

あーうれしいね!
やっぱりアビスパいいね。

甲府の人たちは良い人が多かったよ。
スタジアムで「アビスパ福岡J1昇格おめでとうございます!」って何度も言ってくれたよ。
甲府いい感じやね。
次は福岡の為に、甲府の為にも仙台に勝たんといけんね。

アビスパありがとう!アビスパおめでとう!
J1アビスパは強い!

アビスパ太田が出られんかったのは残念やったけど、太田には闘魂注入したから次は点とるよ。

北斗にJ1さよならゴール決めてね!って言ったら笑われた。
J2さよならゴールと言い間違えたんたい!

アビスパ福岡、J1昇格おめでとう!
僕にも笑顔が戻った。この前バックスタンドでうなだれていたみんなにも笑顔が戻ったと思う。

サンキュー!2005アビスパ福岡!

ゴーゼロ、アビスパ!
ゴーゼロ、アビスパ!

情熱に悔い無し

アビスパがJ1復帰を決めた試合後、たこやきさんが週プロをくれた。
バックスタンドで授与式をしてくれた。
僕はプロレスファンに復帰した!
たこやきさん、ありがとう。

ノッピからも僕が「アビスパがJ1に復帰したら絶対に読みたいんで代わりに買っといてくれ」
って言っておいた船木&前田の対談が載っている週プロをもらった。

I AM BACK プロレスファン FINALLY !!

博多の森のベンチに座って読んでみた。
ニヤニヤが止まらんかった。
この2つの週プロは記念にずっと持っておこう。
僕がアビスパと一緒に戦ってきた証として大切に持っておこう。

たこやきさんに「週プロは解禁になったけど、アビスパが勝つまで週プロ買わんよ!」って言ったけど、昨日、週プロ最新号を買ってしまった。
いつもなら絶対に買ってるはずのアビスパがカラーで載ってるサッカーバカチンとダイジェストは立ち読みで済ませた。
来週は「アビスパ福岡J1復帰特集号」のはずだから両方とも買うけどね。


この前の試合、選手達だって勝って昇格を決めたかったはず。
試合当日は僕もめちゃくちゃ怒ったけど、試合後2日たって
「昇格」という事実を受け入れられるようになってきた。
素直にうれしい。

ロスタイムになってキープに入ったけど、あれはJ1を掴むための全力でのキープだったんだと思えるようになってきた。
選手達の目は、はやく試合終われよ~というような、へなちょこな目じゃなかった。
勝ち点1を必死に奪いに行った目だった。
きょーへーだって、いつもはあんなにゆっくりと時間稼ぎをすることなんてない。
全力で時間を稼いでいた。
1分でも1秒でも時間稼ぎをしようとしていた。

ベンチの指示に従い、全力で勝ち点1を取りに行った選手たち。

はやくアビスパの選手に会いたい。
この前の試合の後、心からの拍手を選手たちに送ってあげることが出来なかった。
素直に「ありがとう」って言えなかった。

僕が4年間待ち望んだ「昇格」をアビスパにもたらせてくれた2005アビスパ福岡の選手たちに
「ありがとう」って言いたい。
はやくアビスパの試合を見たい。

松本育夫が「全力に悔い無し」って言葉を使う。
いい言葉だなぁと思う。

僕だって僕の全力に悔いは無い。
僕の情熱に悔いは無い。

精一杯やって、アビスパは「J1復帰」を4年目にしてやっと掴んだ。
毎日たくさんの情熱をアビスパに注いできた。
僕の全力に悔い無し。
僕の情熱に悔い無し。


2002年、J2アビスパの最初のアウェイゲームは小瀬での甲府戦だった。
甲府に試合を支配されまくったものの、ご当地出身KING篠田のきれいなオーバーヘッドでアビスパはJ2初勝利をあげた。
初勝利は素直に嬉しかった!
そして甲府の強さに「J2って厳しいね…」と思った。
4年前から甲府は強かった。
明日J2アビスパの最後のアウェイゲームも小瀬での甲府戦。

甲府は強い。
対戦成績を見ても一番嫌な相手。
今年は一つも勝ってないし、引き分けで勝ち点1を手にしただけ。
3位を狙っているモチベーションの高さ、
ホームでの最終戦ということからも甲府は必死になって向かってくるはず。

明日、更に強い甲府と戦える。
幸せなことだ。
アビスパにとって苦しい試合になると思う。
でも勝つよ。
勝つのはアビスパ。

だってアビスパは来年J1やもん。
僕たちJ1アビスパやもん。
甲府に勝てんとJ1には勝てん。
普通に勝つ。
全力で勝つ。

昇格のプレッシャーからは解き放たれた。
甲府という強いチーム相手にガチンコ勝負をしかけてほしい。
福岡のチームらしく真っ向勝負で向かって欲しい。

残り2試合全力で真っ向勝負を!
J1アビスパの序章はすでに始まっている。

J1復帰 第42節☆アビスパ福岡0-0徳島ヴォルティス☆

昇格決定の瞬間はもっと感動するもんだと思っていた。
最高のガッツポーズが出来るもんだと決めきっていた。
周りの誰もが嬉し泣きをするところしか僕の頭の中にはなかった。

なかなか徳島のゴールを割れずに無得点のままロスタイムに突入。
4分。
勝ち点1を取るために、
ただ昇格を決めるために、
引き分け狙いでキープに入ったアビスパ福岡を見て怒りが爆発した。

4年間で一番大切な日だったのに…
この日のためにこれまで情熱を注ぎ込んできたのに…

最後まで勝つことだけを目指してそれでも引き分けにしか出来なかったのなら、まだ納得がいった。

誰もが勝ってJ2の4年間にサヨナラしたかったのに。
みんながアビスパ福岡のための「ラブソング」を笑顔で歌いたいと思っていたのに。
最後までゴールを目指してほしかった。
最後まで勝利をあきらめなかったサポーターのためにも。

昨日の試合は「ただ昇格を決めただけ」の試合だった。

本当はJ1復帰が決定したら、携帯からすぐに更新するはずだった。
家を出る前に言葉を準備していた。

タイトルは「最愛☆アビスパ福岡☆最好」。

僕の書く文章はいつもアビスパ福岡へのラブレターだった。
これまで何百通もアビスパへのラブレターを書いてきた。
昨日、僕は僕の一番大切なチームのために一番ハートを込めてラブレターを書いた。

でもそのラブレターはアビスパに届けられなかった。

昨日の僕のアビスパ福岡に対する気持ちはこのタイトルにふさわしくなかった。

昨日の試合の後から、ぽっかりと心に穴が開いたような感じが続いていた。
「おれ、あんな昇格を見るために今までやってきたわけじゃないのに…」
切ない。
つらい。
むなしい。

昨日の晩はみんなと飲んだけど、
無理やり元気な振りをしてみたけど
今日は朝も昼もご飯を食べれなかった。

試合後「こんな試合の号外なんていらん!」と言ってたけど、
僕のためにイシウチがもらっておいてくれたので受け取った。

「こんな昇格なら明日はスポーツ新聞なんて買わん!」って言ってたけど、
今朝西スポと日刊を買ってしまった。
水谷の「サポーター最高!」ってメッセージを見てナミダがこぼれた。

「こんな試合を報道するスポーツニュースなんて絶対に見らん!」って言ってたけど、
今朝アサデスを見てしまった。
もっしゃんの顔を見たら、なんだかほっとした。

昨日の試合には本当にむかつく。
でも…
理想的な昇格にはならなかったけど、
やっぱり僕はアビスパ福岡が好きだ。

アビスパ福岡と一緒にJ1復帰を目指してきた。
その戦いに昨日結果が出た。
昇格出来たことは嬉しい。そんな感じ。

今さっき晩ご飯を食べた。
元気が出てきた。
あー、ご飯食べただけで元気が出るなんて・・・
あー、僕って単純やね・・・
もう明後日は甲府戦だ。
へこんでる場合じゃないもんね。
今年まだ一度も勝ってない相手だから、J1アビスパの強さを見せ付けてくる。
小瀬に行ってくる。

昨日、アビスパがJ1復帰を決めた。
西スポを見るとどうやら松田監督が続投しそうだ・・・

昨日、アビスパがJ1昇格を決めた。
今年昇格出来なかったらやめるって宣言していた「最強☆アビスパ福岡☆最高」も続く!

また今日からアビスパ福岡へのラブレターを書き始めよう。
ハートを込めて書き続けよう。

だってアビスパ、最高やもん。

去年の入れ替え戦の前の日、
「明日はがんばって。僕はアビスパのサポーターじゃないけど、アビスパを応援するオータのサポーターやけん」
と言ってくれたザキ(同じ会社で同期入社)が今日もメールをくれた。
「長かったねえ、で、ようやくここまで漕ぎ着けたね。ホームゲームやし、勝つやろう。」
読んでたらナミダがこぼれそうになった。
みんなに分からんように、顔を隠してちょっとだけ泣いた。

ほんとに長かったな・・・

明日勝つよ。
当たり前のように勝つ。
明日もいつもと同じ、18江口と24太田レプリカと江口ジャージを着て戦う。
タオイルマフラーは2003年バージョン。
江口と太田の名前が入ってるから。
エース江口、明日アビスパをJ1に復帰させるからね!

僕にとって仲間と言えば大学のときのサークルの仲間だった。
毎日のように顔をあわせて喧嘩したり酒を飲んだり。
社会人になったら、こいつらみたいに一緒にバカが出来る仲間なんて出来ないだろうなって思って大学を卒業した。

アビスパ福岡と出会ったら、あのときと同じようにまっすぐな目をしたバカがサポーターの中にたくさんいることを知った。
一緒にバカが出来る仲間がたくさん出来た。
アビスパバカ。
年齢や性別を越えて仲間になれた。
すごく大切にしようと思える。
大切にしないといけないって思う。
泣いたり笑ったり喜んだり励ましたり励まされたり、忙しい一年だった。

アビスパ、好きになってよかった。

明日は終わったらそのままフェスティバルに突入だから更新なんて出来ん。
(するかもしれんけど)
明日は最強☆アビスパ祭り☆最高だ!
更新なんてしてる場合じゃないんよね。
文章考えてる暇があったら酒飲みたいんよね。

今のうちに書いておきたいことがある。
ありがとう、KING亀さんの「優勝させ隊」。
二人のおかげで今年ここまでやって来れたよ。
KINGは僕の選ぶアビスパサポーターのMVPやね。
明日で42試合。おつかれさま。ゴールはもう少しやね。
亀さん&亀母さん&亀妹の亀ファミリーはいつも素敵な笑顔だった。
亀母さん(ナギ・ナギ・16入り決定)は話の分かる素敵なお母さん、妹もかわいい女の子。
明日オータ&亀ファミリーで写真を撮りましょう。
J1復帰の記念撮影をしましょう。

僕を初めて博多の森に連れて行ってくれたイシウチ、ありがとう。
お前のせいでこんなになったやんか。
でもお前に一番感謝せんといけんね。
フタキ、ありがとう。
フタキジュニアは新生J1アビスパのスタートの記念すべき年に生まれることになったね。
名前のことは心配すんな。僕が考えといてやる。
男の子ならアビー。
女の子ならビビー。
これ以上いい名前はない。ハイカラにカタカナにしてみた。21世紀対応。

イシウチ&フタキ、明日久しぶりに博多の森で会おう!

明日、昇格決めるよ。
いつもと同じようにやれば勝てるよ。

だってアビスパ強いもん。
だってアビスパ、最強やもん。
だってアビスパ、最高やもん。

オンリー・アビスパ福岡

多くのアビスパサポーターがそうであるように僕もソワソワ。
水曜が楽しみでしょうがない。
普通に仕事の日だけど、今日有給休暇届けを出してきた。
「僕にとってこの4年間で一番大事な日なんです」。勝つことしか考えられん。
水曜日に、11月23日に、博多の森でアビスパ福岡を昇格させる。

水曜から博多の森では昇格記念グッズを売り出すそうだから、明日はお金をたくさん下ろしとかんといかん!
買いまくるよ。
おーそうだ、小瀬に着て行こう。
デザインがかっこ悪いとか、この際文句は言わんようにしよう。

甲府と仙台、アビスパより先に負けんなよ!
勝って昇格決めたいんたい!

昨日、ヴィッセル神戸が降格した。
アビスパがJ1に昇格したら、江口に会いに行って18番レプリカを見せて
「江口がいなくなった後も、これ着てアビスパをサポートし続けてきたよ。
大事な試合は必ずこれを着て応援してきたよ」
って言おうとずっと思ってたのに。
江口がヴィッセルを立て直せるような素晴らしい選手を育ててまたJ1に復帰すればいい。
それまで待っててやろう。
江口、水曜日に博多の森まで来ればいいのにな。
アビスパのJ1復帰を一緒に喜びたいな。

今シーズンは紺シーズンにするって誓って始まった1年。
優勝は出来なかったけど、僕にとっては本当に紺シーズンになった。
紺どころか濃紺。

「最強☆アビスパ福岡☆最高」のタイトルに負けん言葉を届けなきゃいけんって常に思って書いてきた。

ずっと昔、猪木が格闘技戦を終えた後にこう言った。
「こんな戦いを続けていたら10年持つ選手生命がわずか3年で終わってしまうかもしれない」。
今年そういう戦いをしようと思った。
そういう気持ちでアビスパに対する想いを書き綴っていこうと思った。

去年、大宮に博多の森で0-3で負けたときに、博多の森から自分の家まで一時間以上、
♪誰も止めれない愛する気持ち
を車の中で歌い続けた。
水も飲まずノンストップだった。

僕が毎日アビスパに対する想いを言葉にしていけば、アビスパのことをもっと好きになってもらえるかもしれんって思った。
ノンストップで書いてきた。

水曜日はアビスパがJ1復帰を決める戦いだ。
この4年間で一番大切だ。
4年間あきらめずに信じ続けてきたアビスパ福岡サポーターの気持ちを見せる!
アビスパ福岡が僕のプライドだ。
オンリー・アビスパ福岡のプライド。

つらいこととか悲しいこととか悔しいこととか、諦めてしまうとそのままで残ってしまう。
つらいまま。
悲しいまま。
悔しいまま。
そんな「まま」で終わらせられるか!

あきらめなかったら、嬉しいこと、楽しいことが訪れる。
そのときがきっと来る。
そのときが来るまであきらめなかったらいいだけのこと。
「最後まであきらめない」
あきらめなかったから、僕の情熱はどんどん加速していった。

水曜日も・・・
最後まであきらめない強くて熱いハートでがんばろう!
僕と僕らと僕らのアビスパ福岡!

第41節 ◎◎アビスパ福岡2-0ザスパ草津×

アビスパ勝った。

足利に行く前の日にKING亀さんにメールを打った。
「明日は僕のそばでサポートしてほしいんよね」
J1復帰を決める可能性がある大切な試合、
これまで一緒に励ましあい、戦ってきた2人に僕のそばにいてほしかった。
「優勝させ隊」の大切な仲間。
ゴールが決まるたびに周りのみんなと抱き合って喜んで、そして吼えた。
SEVEN.クロッキーも。
去年の最終戦の山形では全然知らない人と肩を組んでナミダを流しながら歌ったけど、
今年は僕の好きな仲間たちと喜びあえた。
この出会いが僕にとっての財産だ。

足利遠征の行きも帰りも飛行機や電車でナカノさんの隣の席に座った。
ナカノさんは試合前から、「博多の森のみんなの前で昇格を決めたい」と言われていた。
アビスパが、福岡のみんなにもっと愛される存在になれる絶好の機会だから。
65歳のナカノさんが「今日、僕は初めて最初から最後まで立ってアビスパを応援したんだよ」って教えてくれた。
レプリカの下に来ていたアビーくんのシャツを見せてくれて、「これは万博で降格したときに着て行ったTシャツで、J1復帰を決めるときは必ず着ようと思ってたんだよ」って教えてくれた。
4年間かかりましたね。
やっとそのときを迎えることが出来ましたね。
水曜日もあのTシャツを着ることになりましたね、ナカノさん。
ナカノさんの情熱は僕の胸にストレートに飛び込んできた。
ナカノさんはかっこいい。
僕はナカノさんみたいな福岡の男になりたい。

試合が終わって、みんなでゴール裏の芝生の上でその他のチームたちの結果を待った。
汗だくだったんで風邪をひかないようにすぐに「16NAGIRA」着替えた。
「J1アビスパはナギラで始める!」って言いまくった。
J1アビスパでナギラの時代を始めろ!

結果待ちの間に、西日本新聞の取材を受けた。
「今年はやっぱりこれまでと比べて、ブログにコメントを残してくれる人たちの思いなども特別強いように感じられましたか?」
サポーターの気持ちは降格したときと変わってない。
毎年、毎年、ハートを込めてアビスパのJ1復帰を後押しして来た。
変わったことがあるとすれば、
4年間の積み重ね。
アビスパと一緒に戦ってきた時間が増えたことだけだと思う。
福岡のサポーターのJ1復帰に賭ける想いは昔から強い!
福岡は熱くて激しくて優しい街だ。
アビスパ福岡サポーターは熱くて激しくて優しい、そしてかっこいいサポーターだ。
4年待った。
もうすぐそのときがやって来る。
そのときを自力で掴み取る。

あ、それと、やっぱり本名を出すのはやめてくれ、西日本新聞。
僕はただの一プロレスファンなんで、もっとアビスパ福岡のことを応援している人たちの言葉をみんなに届けたほうがいいよ。
それに書きたいことが書けんようになるのは困る。
めちゃくちゃ困る。

たこやきさんが、J1復帰を決めたら週プロを僕に渡そうと思ってくれたみたいで、わざわざ買って来てくれていた。
久しぶりに手に取った週プロの最新号。
「前祝で渡します」って言ってもらったけど、「やっぱり本当にJ1復帰が決まった時にもらうね」って答えた。
水曜日、僕にください。
たこやきさんの気持ち、嬉しかったです。

羽田からの帰りの飛行機は選手と一緒の最終便。
羽田で千代に声をかけた。
「千代、今日良かったよ。すごく良かったよ。水曜に博多の森で昇格決めてください!」
千代は頬を緩めることなく、厳しい表情でハイって言ってくれた。
昨日の千代は素晴らしかった。
次も頼むぞ、千代。

北斗とユースケにも。
「ユースケ、今度は点を取ってね」
「北斗は、いつもサポーターの一番近くにまで来て挨拶してくれるやろ。ああいったところが凄く好きなんよね」
アビスパ福岡の若い二人が大好きだ。
ハートのある言葉を届けてくれる二人が好きだ。

福岡空港に着いて、一緒の便に乗っていた選手を出待ちした。
ユースケにまたまた声をかけた。
羽田で大事なことを言って無かったから。

「ユースケ、今度は昇格ゴールを決めて!昇格ゴールを決めて!」
ユースケは「はい」って頷いてくれた。
アビスパ福岡の新しい時代は、新しいプリンスがスタートさせてほしい。
おれの田中佑昌に昇格ゴールを決めて欲しい。
オータの田中ユースケに昇格ゴールを決めて欲しい。

とうとうあと一つ。
自力でJ1復帰を決められるところまで持ってきた。

水曜日、博多の森で、
アビスパ福岡を愛するたくさんの仲間達と
J1復帰の歓喜の瞬間を迎えたい。

これまでたくさんの悔し涙を流してきた。
もうナミダはいらない。

水曜日、みんなで笑おう。
ナミダは苦しい時、悲しい時、辛いときに流せるし、嬉しいときにも流せる。

でも笑顔は嬉しいときや楽しいときにしか出来んもんね。
水曜日、みんなで笑おう。

笑顔で僕たちのJ2アビスパにサヨナラしよう。

あと1勝でアビスパ福岡はJ1アビスパだ。
僕たちの4年間の想いが、情熱が、愛情が報われる。

今日決めたい!

今日は僕にとって、この4年間で一番大事な日になるかもしれない。

最強☆アビスパ福岡
最も強い気持ちでアビスパ福岡をサポートしたい。
これまでと同じ最も強い気持ち。
アビスパ福岡が一番好きで何よりも大切だ。

最高☆アビスパ福岡 
いつでもどんな時でも僕にとってアビスパ福岡が最高のチーム。
アビスパのことを考えるとハートが強くなる。
ハートが熱くなる。
僕の最高のチームが今日最高の感動を与えてくれると信じる。

最強☆アビスパ福岡☆最高 
このタイトルに込められた僕の想い、情熱、愛情、全部アビスパに叩き付けたい。

今日アビスパと一緒にJ1へ行きたい。
一日でも早く決めたい。

草津に勝つ。
ノブさん、目の前でアビスパのJ1復帰を見せてやるよ。

4年前ピッコリアビスパが万博でのガンバ戦に挑む前の日に雁ノ巣に行った。
あの時は、「江口がゴールを決めると勝てないから江口が点を取りませんように」って思っていた。
4年経ったJ2アビスパにもう江口はいない。
この4年の間に江口は僕のエースになって、そしてアビスパを去っていった。
明日は最近なかなか着てなかった江口のサイン入りの2003年のセカンドを着て行こう。
エース江口の18番Tシャツも着ようかな。

J2アビスパの最初の年にJで一番でっかいFWが入ってきた。
アビスパ太田。
江口のライバルとして僕の嫌いな選手だった太田は、
去年僕の新しいヒーローになり、
今年一番大切な選手になった。
「太田」から親しみを込めた「アビスパ太田」になった。
明日はアビスパ太田の24番も着て戦おう。
なかなか着てなかった今年のセカンドを着て行こう。

明日もこれまでと同じようにハートを込めて戦おう。
アビスパ福岡のためにこれまでと変わらぬ情熱をぶつけよう。

今日、会社が終わってすぐに高速に乗って博多駅に向かった。
バスツアーのみんなを見送って来た。
別に明日会うのに、わざわざ見送る必要も無いんやけど、アビスパ福岡サポーターとしての気持ちを見せてみた!
博多駅に着くと、バスツアーが新幹線&バスツアーに変更になっていた。
北九州市に会社があるんで、めかりのパーキングエリアで一人で待ち伏せしようかとも考えてたけど、博多駅に向かって正解。
めかりに行ってたら、僕はただの負け犬だった・・・

明日の今頃は何してるかな?
明日の今頃はアビスパはJ2アビスパからJ1アビスパになってるかな?

勝つ!
そんだけ。

みんなで戦おう。
大好きなチームのためにみんなで戦おう。

おやすみ!アビスパ福岡。
おやすみ!アビスパ福岡サポーター!

J1復帰まであと2勝

今日会社で副社長の秘書の子から、どこから持ってきたのか週プロを手渡されそうになった。

はっ!
僕、週プロ封印しとるんよね。
アビスパがJ1復帰するまで手に取ることすらやめとるんよね。
と思いつつ、よくよく眺めてみたら、僕が封印する前に最後に買った週プロだった。
いつも出張に行くたびに僕に東スポやゴングをお土産と言いつつくれる副社長(プロレスファン友達)に、
お礼に「飛行機の中で読んでください」って渡したやつだった。
本棚を整理したときに出てきて、僕がいるんじゃないかと思って持ってきてくれたらしい。

日付は平成15年の12月。3年前。
「あー、3年間よく週プロ我慢したね~。昔の僕からは考えられんね。」
鴨池で京都に負けた天皇杯の後に、
「アビスパは一年でJ1に復帰出来んかった。
もっとハート込めて応援するために何か一つ僕の大切なものを我慢しよう!」
って願をかけるつもりで始めた週プロ封印。
副社長も最近お前プロレスの話しに来んねぇって思ってたはずだから、
アビスパがJ1復帰を決めたらさっそく週プロを買って副社長に報告しに行こう。
「アビスパがJ1に復帰したんで、僕もプロレスファンに復帰しました!」

あと2つ勝てばJ1だ。
絶対に勝つよ。
足利も小瀬も博多の森も残り4つ全部勝つ。

J2に降格したときは一年で復帰出来ると信じていた。
J2は厳しいと聞いてたけど、アビスパなら大丈夫だって簡単に考えていた。
最低でも3年以内には上がれると思っていた。
2002年のW杯はアビスパの選手は一人も出られなかったけど、
ドイツには必ず一人は行かせる!って思っていた。

3年、それがリミットだと自分の中で決めていた。

でもJ2はそんなに甘くなかった。
3年過ぎてもアビスパはJ2のままで、今年4年目のシーズンを迎えた。

あと2つ勝てばJ1だ。

ここまで長かったね。
でも長かったからこそ、
悔しい思いをたくさんしてきたからこそ、
もっとアビスパのことを好きになれた。

去年の4月、「最強☆アビスパ福岡☆最高」を始めた。
J1に復帰したらその場ですぱっとやめようと思った。

今年、アビスパがJ1に復帰出来なかったら「最強☆アビスパ福岡☆最高」をやめるって宣言した。
これまでハートを込めて書いてきた。
これからもハートを込めて書いて行こうと思う。

J2アビスパで何度も悔しナミダを流してきたから、J1復帰を決めたときは笑顔でいようと思う。
泣いてたらみんなが喜ぶ顔が見られんもんね!
みんなが嬉し泣きで変な顔をしてるところをたくさん見よう。
多分、変な顔でも、その顔はすごくかっこいいと思う。

足利で何が起こるかわからないけど、
目の前で何が起こっているのかしっかりと目に焼き付けたい。

足利に行けない人のために僕の言葉でその場の雰囲気を伝えようと思う。
ハートを込めて伝えようと思う。

11月19日に向けて気合が入ってきた。
土曜日にJ1復帰決める気満々!

ようこそ シンゴ

大津高校の本田くんのアビスパ入団内定が発表された!
10月頭に熊本で行われた会社の後輩の結婚式で大津高校の平岡監督に「アビスパに練習に来ていた坂本くん(レッズ入団内定)はアビスパに入ってくれますか?」ってストレートに聞いてみた。
「いえ、あいつはレッズなんですけど、本田っていう背番号10がアビスパに決まりました」って教えてもらった。
普通にあっさりと教えてくれた。
僕なんてただのいちサポーターなのに、初対面だったのに…
平岡監督っていい人やね・・・と思った。

大津の背番号10がアビスパに入団してくれる!
もうこれだけでうれしくなった。
本田真吾」の名前を何回も何回も忘れないように頭の中で繰り返した。
ボランチやセンターバックも出来る真ん中の選手だって教えてもらった。

大津から今年Jリーグに行く選手は4人。
そのうち本田くんが選んだアビスパだけがJ2だった。
僕は平岡監督に約束した。
本田君は絶対にJ1アビスパに入団してもらいます。
絶対に今年アビスパをJ1に復帰させます。
あのときはまだ優勝の可能性があったから、「優勝させます!」も言った。
「いいですね。頼もしいですね」って言ってくれた平岡監督。

先生、シンゴ(この時点ですでに呼び捨て)にアビスパのサポーターが楽しみに待ってるから、めちゃくちゃ期待して待ってるから
何も心配せずに福岡に来るように伝えてくださいねってお願いした。
平岡監督は笑顔で「はい、分かりました」って言ってくれた。

大津高校を応援しよう。
平岡監督がんばれ。
本田くんがんばれ。シンゴがんばれ。
東福岡もがんばれ。

今日その結婚式の新郎だった僕の会社の後輩(熊本から出張中)に
「高校サッカー見た?本田くんってどんな選手?」って聞いたら
「グアルディオラ!」
って言った。
おお!グアルディオラ!
ちょっと言い過ぎじゃないかと思うけど、なんかいい感じだ。

J1アビスパまであと2勝。
来年アビスパに入団が決まってる選手のためにもJ1に行かないと・・・
胸を張って言ってもらいたい。
「僕はJ1のアビスパ福岡に入団します!」って。

僕は本田真吾くんをこれから熱烈応援します。
平岡監督と約束したもんね。
男と男の約束。

HOMENext ≫

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。