スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第32節 ○アビスパ福岡3-1コンサドーレ札幌×

昨日は試合後、すすきので宴会。
みんな笑顔。
みんな大声。
みんな酔っ払い。
アウェイで勝つと特に気持ちいい!
余裕勝ちだと更に気持ちいい!
アビスパいい!

前回の札幌遠征はドームで引き分け。
今回、雪辱したぞ!
イエーイ!!
アビスパ福岡の「厚別無敗伝説」はつづく…
次はいつ厚別で戦えるか分からんけど…

飲み過ぎも何のその、朝早くから起きてカメラ持って待ってたのに、NHK札幌は「日ハム勝利」のニュースは流しても、「アビスパ余裕勝ち」のニュースはスルーした。
朝から気分悪い。
ガッデム。

昨日の試合、ゴール裏のアビスパサポーター席の余りの狭さにガッデム!
お前らせこ過ぎ。
観客数なんて8千人も入ってないくせに。
意味が分からん。
全然でっかいどーじゃない!

KINGとお茶を買いに行けば、なんか変な奴等が挑発して来るし…
札幌感じ悪い。
と、試合前からめちゃくちゃ燃えていた!
ぶっ飛ばしてやろうと思っていた。

前半は0対0でOKだったのに、ロスタイムに遥か向こうでゴールが決まる。

おぉ!ラッキー!

みんなで最前列まで走って行って喜びを爆発させる。
(ゴール裏ではこのときはオウンゴールと言うことになっていた。曽田のオウンゴール…)

前半終了まではこの場所でいいか…と、みんな隊列を崩し、思い思いの場所で声援を送っているとコーナーGET。
そのまま千代ヘッドで追加点。
千代えらい!
1分で2点!
わはははははは。
笑いが止まらん。
なんてラッキーなんやろ。
ここに来てセットプレーで点が取れるようになったのはでかい。
千代えらい、えらい。

後半に入り、札幌が選手を二人交替させた直後に、素晴らしく綺麗な形でまたまた追加点!
がはははははは!
セイジのクロスにグラウシオの頭!
グラウシオえらい。
グラウシオかっこいい。

前回は博多の森で3点取られて負けたんで、もっとゴールを叩き出してやりたかったけど、「松田采配」に行く手を阻まれた…
相変わらず選手交替がいけてない…
普通に完封出来た試合なのに…

1点、札幌にくれてやった。
来週京都とやるらしいもんね。
あの1点を励みに、「がんばれよ札幌」。

久しぶりに歌った「博多へ帰ろう」。
今回は勝って帰られる。
にやにや。
勝ち点3待ってた人たち、アビスパ勝ったよ!
イエーイ!

試合後、ボランティアのおじさんが「今年はあきらめました」と言っていた。
何をあきらめたのか分からんけど、サポーターがそんなことを言ってるチームは怖くない。
まだアビスパと11しか勝ち点離れてないくせに。
あきらめ早過ぎ。

アビスパは京都と勝ち点12離れているけど、「あきらめました…」なんて言ってるサポーターはいないよ。
僕はゼッタイ「あきらめました…」なんて言わないし、そういうことを言わないアビスパサポーターたちをたくさん知っている。
最後まであきらめないし、最後まで気を緩めない!

選手バスを見送った後はオブリ号をみんなで見送った。
みんなお疲れ様でした。
昨日の夜、すすきので会えなかったんで、また博多の森で会いましょう!

もっとやれるよ!

今朝も雁ノ巣へGO!
トップの練習が終わった後は、アビスパ太田とナギを見るためにサテライトの練習見学へ。
月曜に吉田町でサンフレッチェと試合をするアビスパサテライト。
吉田行きのみんなに「ナギのこと頼んだよ!」
(アビスパ太田は頼まなくても大丈夫。)
今日雁ノ巣に来れなかったナギ・ナギ・16のために・・・ 「笑顔のナギ」ナギは元気そうだったから心配しなくていいよ

代わりに僕は「札幌戦勝利」の気持ちのこもったたくさんのアビスパキーホルダーをマイ・リュックに背負うことになった。
僕のアビスパ太田に北斗。そしてあびうささんの王子、そしてユースケにノリ。
札幌叩いてくる。
ガツン!とかましてやる。

九州上陸を果たしたマスを出迎えるために早くスタジアム入りしたくて11:00過ぎには愛するアビスパに別れを告げ、一路熊本へ。
一緒にマスを出迎える約束をしたKINGより一足先に到着した僕。
どこからグランパスのバスが到着するかを確認するためにスタジアムの周りをうろうろ。
その僕の横をグランパスバスはあっさりとすり抜けていく。

「あ、あぁぁぁ・・・」

直後にKINGからスタジアム入りしましたとの電話。
「KING、もうバス入って行ったバイ・・・」
グランパス、会場入り早すぎ。

メインスタンドのアウェイ側に座りながらKINGと二人でまったり練習開始を待っていると続々とやってくる見慣れた顔。
「あぁ、来たんやね!」
僕の仲良しタテイシさんにキヨナガさん。大牟田のゆうこりんとお母さん。WILD SEVEN.軍団に濃紺ブレンズ
その他たくさんのネイビーの装いの人たち。
みんなマスのこと好きなんやね。
マスは幸せ者やね。

練習開始の際には少しでもマスの顔を近くで見たくてスタンド席の下まで降りて行き、
ピッチに入ってきたマスにでっかい声で「ますかわー!ますかわー!」
他の選手達がちょっとビックリしていた。
マスがどれだけ愛されていたか彼らも分かったはず。
分かったんなら、マスのこともっと大切にしてあげてくれ。

グランパスの選手達はピッチに入る前にサインボールを投げ入れてくれた。
僕もGET。
ま、アビスパ以外のチームの選手のサインなんていらんのやけどね。
全選手のサイン入りかと思って必死で拾ったんやけどね。

マスのサインが入っているかと思ったら、一人のサインしか入ってない。
僕のゲットしたボールは
「背番号17 アン・ヨンファ」。
これは喜んでいいのか?
僕は「最強☆アビスパ福岡☆最高」なんやけど、アンのサインボール拾ったって喜んでいいのか?

マスのボールはめでたくKINGがゲット。よかったね、KING。

そして濃紺ブレンズ、マッシーのお嫁さんもサイン入りボールを持っているのを発見。
後で「誰の拾ったと?」と聞くと、
「杉本」。
今日も切れのあるプレーを見せてくれたFW杉本。
僕の気になる選手。
さっそく僕はアンと杉本とのトレードをオファーしたが即断られた・・・
アンは代表なんバイ!
後悔しても知らんバイ!
将来アンがマンUやバルサに移籍しても知らんバイ!

今日はマスばかり見ていた。
僕にとって2001年11月以来のJ1同士の対戦。
目の前には秋田や藤田、楢崎、ルイゾンもいたけどそんなのどうでもいい。
増川隆洋だけを追いかけていた。
この日ピッチに立った誰よりも僕を熱くしてくれる増川隆洋。

今日オールスターに出場する高松&マグノのゴールで0-2で負けたグランパス。
結果は残念なものだった。
内容も良かったとは言えない。
マスが九州凱旋を果たしたこの試合、他の選手にもマスと同じくらいの気持ちを見せてほしかった。

試合終了直後、「KING、マスに闘魂注入しに行こう!」
ダッシュでスタンド席最下段へと駆け下りる。
「ありがとう」の代わりに僕はマスにこう言った。
「マス!もっとやれるよ!マスー!もっとやれるよー!」
僕の隣でKINGも熱い言葉をマスに届けていた。
マスは申し訳なさそうな顔をしながらもウンウンと頷いていた。

増川隆洋はもっとやれるよ。
マスが気合を入れてるのは試合見ていて伝わった。
でも増川隆洋はもっともっとやれるよ!
久しぶりの再会はハッピーエンドじゃなかったけど、マスの気持ちは届いてきたよ。

悔しい思いはマスだけじゃなく僕たちだってそうだ。
悔しい思いが僕たちを成長させてくれる。

マス、今度は博多の森で会おう!
それまでにもっと成長しておいてくれ。
アビスパも今よりもっと強くなってJ1行くから。

アビスパはこれからの13試合でもっと強くなるよ。
だからマスももっと成長しないと、勝負にならんからね!

グランパスの選手達が勝負に対して甘いところなんて、増川隆洋が変えてやればいいんだ!
秋田にも藤田にも誰にも頼ることなく、増川隆洋が変えてやればいいんだ!

帰りにマスを出待ちしているところにアン登場。
「アンー!サインボールありがとー!ありがとー!」
お礼は言っとかんとね。

今日、僕はマスにありがとうって言うはずやったのにな。
なんでいつの間にかアンにありがとうって言ってるんかな?

明日は朝いちで札幌。
札幌を倒しに行ってきます。
次の再会は敵同士で・・・強くて憎らしい最強DF増川隆洋との対戦を楽しみにしていマス

「ありがとう」を言いに熊本へ。

今日はグランパスVSトリニータ@KKWING。
多分今日は眠れんはず。
楽しみで楽しみでしょうがないもん。

明日の大分の2トップは高松とマグノ・アウベス。
オールスターにも選ばれている選手たち。
ぜひともマス&セイジの兄ちゃんに完封してもらいたい。
1点もやるな!

アビスパにいた頃
マスはどんなポジションでも一生懸命にプレーしてくれた。

練習生の時代からマスは色々なポジションをやっていた。
初めて雁ノ巣でマスを見たときは、てっきり「マツカワ」くんだと思っていた・・・
マツカワくんは背が高くて、ふくらはぎが凄かった。
「またでかいやつが入って来たな」と頼もしく思った。
初めて見たマスはサイドバックだった気がする。

アビスパでの2年半の間にマスはすごく成長した。
というより、もともと持っていた潜在能力をうまく発揮出来るようになったという方が正解か。

最後にアビスパのジャージを着たマスを見たのは入れ替え戦の前の日だった。
あのときはJ1に行くことだけを考えていた。
それしか考えてなかった。
雁ノ巣のピッチに立つ選手みんなと一緒にJ1に行く事しか僕の頭の中にはなかった。

あのときのメンバーの中からマスと米田が新しい道を選んだ。
寂しかったけど、男が自分で決めたことだから・・・

今年アビスパを卒業した増川隆洋。
2004年に誰よりもアビスパの為に走ってくれた増川隆洋。
そのマスは、僕に「ありがとう」って言葉を言わせないまま名古屋に行った。

今日、僕はマスに「ありがとう」って言いたい。
2004年シーズン、僕の心のMVPは背番号18 増川隆洋だった。
アビスパのために走ってくれて「ありがとう」。

マスがアビスパのサポーターに届けてくれるメッセージにいつも気持ちが熱くさせられる。
マス、いつも「ありがとう」。

明日は「やっぱりマスはすげえなぁ」って僕やKINGをニヤニヤさせてくれ。
マスが選んだ道は正しいってプレーで証明してほしい。

そして・・・
来年は博多の森で対戦しような。
そのときはゼッタイにアビスパが勝つよ!

「理想」

今週一番興味を持ったニュースは
「カズ移籍?」でも
「ラモスがレイソルのコーチに就任」でも
「望月、横浜FCで復帰」でも
「吉田(主審)、J2で復帰」でもなく
前田の新しいプロレス団体のリングに船木が上がった」こと。
さらに「船木がプロレスラーとして来年復帰予定」だということ。

僕としては「はぁ~」とため息をついてしまうニュース。
プロレス界にいた人間に「引退」はない。
船木までもか…
あ~あ。

アビスパ後援会に入る前は、PANCRASEファンクラブに入ってた。
部屋のポスターは、藤波の「無我」と船木のチャンピオンベルトを巻いてる姿。
格闘技の試合の中では「船木VSバスルッテン」が一番泣けた。
「生きたいんだったら戦い続けるしかないんだよ!」「明日また生きるぞ!」
のマイクアピールは今でも真似できる。
引退試合となったヒクソン戦での惨敗には正直へこんだ。


前田は、いつか真剣勝負のプロレスをやるために、一見格闘技っぽいプロレスをやる団体を作った。
それがUWF。
前田は将来のUWFを背負う男として、船木を新日本プロレスから引き抜いた。
その船木は、本当の真剣勝負がやりたくて前田のUWFを飛び出し、最終的に自分でパンクラスを旗揚げした。
船木、そして盟友である鈴木みのるはそれから数年後前田に対し絶縁を宣言した。


その男の作ったプロレスのリングに船木が上がった。

人間は年をとると丸くなる。
大嫌いだったやつでも許せるようになる。

船木のライバルだった鈴木みのるは代名詞だったリーゼントをやめた。
それとともに真剣勝負をするのもやめた。
パンクラスのリングから去り、今ではアホみたいな髪型になってベロだしまくりでつまらんプロレスをしている。
正直いまの鈴木みのるのプロレスは面白くない。

船木と鈴木は12年前になんて言ってパンクラスのリングを作ったか昔を思い出して欲しい。
二人の情熱に熱くさせられたファンの一人としてはちょっと寂しい。
真剣勝負の「船木VS鈴木」のビデオを買い何度も何度も見た人間としては、あの試合から10年後に二人がプロレスラーに戻るなんて考えもしなかった。
船木と鈴木は、前田の「理想」のリングから飛び出し、自分たちの「理想」を見つけたはずだった。

「理想」という言葉は、この12年の間にいつの間にか風化してしまった。

1993年、Jリーグが始まった年、日本で最初の真剣勝負のプロレス団体パンクラスが始まった。
プロレスラーだった男達は真剣勝負を経験し、またプロレスの世界へ戻ってくる。

「理想」を語るのは簡単だけど、「理想」を守り続けるのは難しい。
色褪せた「理想」はもう「理想」じゃなくなってしまった。
できれば「理想」を貫いてほしかった。
10年ちょっとで風化してしまう「理想」なんていらない。

1993年、Jリーグはたった10チームだった。
しかし今では30チーム。
チーム数だけは増えているけど、Jリーグは「理想」に近付いているか?

リーグの終盤戦を迎えようとしている時期に愛媛FCやホリコシは来年のJ2入りのチャンスを奪われようとしている。
僕が思うに…
Jリーグの「理想」は平等じゃない気がする。

僕の理想。
アビスパが最強じゃなくてもいいし、最高じゃなくてもいい。
ただ・・・
福岡のプロサッカークラブとして、福岡の人たちに最も愛されるクラブであってほしい。

最愛☆アビスパ福岡☆最好。

「理想」のチームなんて一朝一夕じゃ成し遂げられない。
簡単に形作られた「理想」は中身が無い。
すぐに崩れ去ってしまう「理想」なんて目指してない。

一つひとつ積み重ねていく。
こつこつと少しづつ。

アビスパ福岡を「理想」のチームにしたい。

いつまでも色褪せることのない真の「理想」がほしい。

じーちゃん

僕のじーちゃんミツオさんはプロレス大好きじーちゃんだった。
僕はじーちゃんが病気で亡くなってからプロレスが「大好き」になった。
それまでは普通に「好き」。
きっとじーちゃんのプロレスへの未練が僕に乗り移ったんだと思う。
それまで僕はプロレス嫌いだったから。
なんで反則が5カウントまでOKなん?とか
上田馬之助はなんで金髪で、日本人なのにどうして敵役なん?とか
理解に苦しんでいた。
ちびっこにはプロレス難しすぎ。
今じゃすごく分かりやすく説明できるけど。

じーちゃんはずっと病気で寝たきりで、
僕はじーちゃんに喜んでもらおうと
得意の絵を何枚も描いてプレゼントした。
じーちゃんはじーちゃん馬鹿で、僕の絵は誰よりも上手いとしきりに誉めてくれた。

僕はじーちゃんが大好きで、
じーちゃんが亡くなったと聞かされたときはめちゃくちゃ泣いた。
葬式で初めて見たどこかのばーちゃんが
「これだけ悲しんでくれたらミツオさんも幸せね・・・」
としみじみ言ってくれるくらい泣きまくった。
友達の前でも構わず泣いた。
後で僕のことを「泣き虫」と言ってからかった上級生には、
渾身のドロップキックをぶち込んで力ずくで謝らせた。

じーちゃんに二度と会えなくなったのに泣いてどこが悪い!

あ、そーだ。
僕の嫌いな長州力の本名もじーちゃんと同じミツオで、
僕はそれが嫌で嫌でしょうがなかった。

敬老の日にじーちゃんを想う。

たまには墓参りに行かないかんな。
アビスパの話をしてやろう。
じーちゃん、僕いまサッカーが好きなんよね。
じーちゃん、いま福岡にはプロのサッカーチームがあるんよ。

と、ここまで書いてふと気付く。
いまは9月15日だからって、敬老の日とは限らんのやね・・・

いつから日本は9月15日が敬老の日じゃなくなったんや!

10月、柳楽の北京が始まる!

10月、柳楽の時代再び!
10月、柳楽の北京が始まる!

北京五輪へ向けて・・・
なぜか大熊兄貴がまた監督だ!
イエー!
「暫定」なんて言葉取ってしまえ!
大熊兄貴だとナギが成長する気がするもんな。

ワールドユースでMVP級の活躍をしたナギと
不動の右サイド、北斗は当然選ばれるとして
今回はユースケも選んでほしい。
(城後はまだまだがんばらなきゃ!)
この世代のFWで今年ゴールをたくさん決めているのはユースケとカレン。
FWはゴールを決めてなんぼ。
J2でもゴールを決めているユースケを選んで欲しい。
大熊兄貴、合宿でユースケの良さを確かめてくれ。
ワールドユース後に一番成長したU-20世代のFWの一人だから。

オランダではあまりにも消極的すぎる采配と批判されたけど、
そんなの攻守に活躍するオレの田中ユースケが解決!

ナギ、凹んでる場合じゃないぜー!
ナギ、髪の毛、くしゃくしゃってしてる場合じゃないぜー!
北京に向けて気持ちを切り替えろ。
モチベーション上げていけ!

僕たちがいつまでも「ナギ・ナギ・16」でいられるように今回も背番号は16番にしてもらってくれ。
兄貴に「16番ちょうだい」って言え。
16番じゃなかったら雁ノ巣でダメだしする。

宮本が怪我をしている間に長野が安定感と高さを武器にセンターバックのポジションを奪った。
シーズンの最初は千代&長野&ナギのうっかりーズが売りだったアビスパサテライト。
長野は「うっかり」→本来の「しっかり」へ。
千代も最近ずいぶん「うっかり」が減ってきた。
(と言ってもまだまだあるけど)

でもナギはなかなか「うっかり」が直らない。
今じゃ千代を抜いてナンバーワンうっかりDFだ。

ナギ、いつまでも試合中のミスを引きずっているようじゃダメ。
ミスしたらすぐに声が出なくなるけど、コーチングもプレーのうちだから。
しょぼいプレーをしたら、その何倍も素晴らしいプレーを見せないとダメ。
悔しい気持ちがあるんなら、その悔しさはプレーで晴らせ。

ワールドユースで見せてくれたあのハードでたくましい魅力溢れるディフェンスを見せて欲しい。
雁ノ巣じゃなく博多の森で!
日本だけじゃなく世界の舞台で!

柳楽の北京は、ナギが20歳になる10月から始まる!

柳楽の北京は、ナギが大人の男になる10月から始まる!
代表の16番ナギとアビスパの16番ゴリの先輩後輩コンビ

今年「一日5増川」→来年「毎日GO!アビスパ」

オールスターのサポーター投票の結果がやっと出た。
マス選ばれてなかった。
残念・・・
うらら・・・

改めて「一日5増川」でマスに投票してくれた皆さんにお礼を言います。
どうもありがとうございました!
また来年もよろしくお願いしマス!


今週熊本に行ったときに名古屋のサポーターにダメだししてくる。
「お前たちがマスに投票せんから選ばれんかったんたい!」

マス>>>>>>>>セイジの兄ちゃん&秋田。

マスはあと一年J1でプレーして知名度上げたら大丈夫。
まだみんなマスの凄さに気付いてないだけ。

マスが出られなくて悔しいけど、もう僕は来年へと向かっている。
来年のオールスターにはアビスパ福岡から絶対に誰かを出場させる!
(と去年も書いた。が今年もJ2なので出られんかった。)
題して「毎日GO!アビスパ」
ろっしー兄やんにバナーを作ってもらう。
もう約束済み。
来年は2ヶ月間毎日5票。スタートからダッシュ!

1チームから3名までOKなはずなので
僕は「毎日GO!LDEN AGE(ゴールデンエイジ)」
このネーミングどうかな、KING
FW 田中ユースケ
MF 中村北斗
DF 柳楽智和

 ↑
ナギだけちょっと贔屓してみた。
だって
僕はナギ・ナギ・16リーダーだから。

アビスパ福岡の若くてかっこいい選手達に毎日全力投票!
来年、アビスパ福岡の選手たちとマスをJウエストでプレーさせるぞ!

正直マスが出ないならオールスター見に行く意味なんてない・・・
全然燃えて来ん・・・
しかし、
とりあえず、
「お前ら来年全部ぶっ倒す」オーラを全身から発してこようと思う。
イーストとかウエストとか関係ない。
みんな敵だ。


ピンクのやつを見つけたら、「宮原に守備を求めるなよ」と教えてやろう。
オレンジのやつを見かけたら「久永は来年は貸さん」と前もって釘を刺しておこう。
それと「ヤマをよろしく」
主税には想い入れなんてない。

黄色と黒のやつらとは顔も合わせたくない。
とりあえずエールは送ってこよう。
「お前ら来年泣かすから降格すんなよ。」

クリムゾン・レッドのやつらには「江口は元気かな?」

愛想を振りまいて近寄ってくるよそのチームの不細工マスコットが近付いて来たら、
「お前よりアビーくんの方がかわいい」とあっさり言い放ってやろう。
芸のひとつも出来ない様なマスコットがいたら「ウィントス見て帰れ」と鳥栖スタ行きを命じてやろう。
名古屋のシャチがいたら、横腹に軽くパンチ入れつつ「マス、頼むな!」

それでは来年のオールスターが何月に開催されるか分からんけど、
サポーター投票が始まる頃、また煽りますのでよろしく。

皆さん、ごきげんよう、さよーなら!

戦ってくれ!

こんなヘボい試合は久しぶり。
サテライトリーグは大分に1-4で完敗。
退場者を出して2人少ない相手に更に追加点を入れられての負け。
2人少ない相手にパスをまわされまくり。
恥ずかしいし、情けないし、悔しい。
今日、最後まで全力でプレーしたと胸を張って言える選手いたか?

今年のサテライトは全然ダメ。
試合を見てスカッとした事が無い。
池田が何がやりたいか分からんし伝わって来ん。
勝つために試合をやっているのか?
育てるための選手起用なのか?
試合数をこなせばそれだけでOKなのか?
?が多すぎる。

今日のような試合を繰り返して選手が育つか!
躍動感の無いサテライトに不満は募る。

池田には本当に頭に来ている。
腕を組んで眺めるだけなんて誰でも出来る。
お前は「お客さん」か?
サテライトを率いるコーチが指示を出さないで誰が出す?
情熱が届いてこないやつなんていらん。
「いい人」なんていらん。
不甲斐ないプレーをした選手なら試合中でも叱りとばしたっていいんじゃないの?
追加点を取られた後は、腕を組んでただ眺めるだけなんて試合を投げてるとしか思えん。
終わってないのに諦めてるやつが一番腹が立つし、僕の好きなチームにそういうスタッフがいるのが一番むかつく。

2人少ない相手に追加点を取られて負ける。
恥ずかしいと思わないの?

2人少ない相手に追加点を取られて負ける。
試合後笑顔でお前らそれでもプロか?

今日の試合、ナギのミスで負けたって言われてもおかしくない。
それくらい今日のナギはダメだった。
だけど試合後、クラブハウスの中から一番悔しそうな顔をして出てきたのはナギだった。
ナギは落ち込んでいたし、目をしばしばさせていた。
愛想無く帰って行ったけど・・・
それはそれで嬉しかった。
今日みたいなプレーをして愛想よく笑顔なんて振りまかれたらたまらん。
もうそれだけで嫌いになる。

「ナギ、次はがんばれよ。」
これだけしか声をかけられなかったけど
僕が言いたいことはこの言葉に全部詰まっている。

ナギ、次はがんばれよ!
パスミスから失点した直後のナギ。これからもこういう顔を何度も繰り返して、そして何度も乗り越えてナギは成長していく。

あんな試合をして笑顔でいられるやつの神経が分からん。
負けた試合で笑顔で平気なやつがトップに上がれるか!

プロになったんだからトップでプレーしろよ。
アビスパの選手になったんだから博多の森でプレーしろよ。
トップでプレーするためにはサテライトでアピールするしか無いんだよ。

みんなの期待背負ってプロに入ったんだから、期待に応えるプレーを見せてみろよ。
サポーターだってアビスパの明日に繋がるプレーが見たいから雁ノ巣に行くんだよ。
自分の好きな選手にトップでプレーして欲しいから気持ちを伝え続けるんだよ。

サテライトでもアビスパ福岡を背負って戦ってみろよ。
負けた試合で笑顔でいる選手を見るのが一番頭に来るんだよ。

アビスパ福岡のユニフォーム着て戦ってるんだから、ハートのこもったプレーしろよ!
テクニックで負けてるんなら気持ちくらいは負けんなよ!

試合を見に来ていた千代にも言いたい。
厳しいかもしれないけど・・・
千代、お前にも笑顔なんていらないよ。
お前が本当にアビスパ福岡を引っ張っていこうと思ってるんなら、
こんな試合しか出来なかった選手を叱り飛ばすくらいのリーダーシップを持て!

「アビスパ福岡」の選手なら、「アビスパ福岡」のために戦ってくれ。
自分の未来は自分で切り拓くしかない。
自分自身の為に戦ってくれ。

僕の好きなアビスパ福岡は9人相手に負けるようなチームじゃない。

ネイビーのユニフォームを着てプレーするんなら
「アビスパ福岡」のために戦ってくれ!

第31節 ◎アビスパ福岡3-0横浜FC×

横浜FCぶっ飛ばしたぜ。イエス!
普通に会社早退したぜ!イエス!
来週熊本に着て行くためにFanaticaでネイビーのRabonaTシャツ買ったぜ!イエス!

なんや菅野!
全然大した事無かったぞ。
もっとガーッと来てくれんと燃えんやろ。
弱々しい表情なんかしちゃったりして…
次の三ツ沢ではもうちょっと気合入れて来い!

お前が坊主頭を真似してるトールのプレー見たか!
あのガッツを見たか!
トールは素晴らしい!
やっぱりトールはアビスパ福岡のプジョール。
わくわくした!
トールかっこ良かったやろ?
お前もあれくらいかっこいい坊主頭になれ!
トールのマイ・バリカンで頭刈ってもらえ。

なんや、プロ野球!
なんで30分もアビスパの試合を遅らせるんか?
めちゃくちゃ眠たかったぜ。
でもちゃんと起きて見たよ、FBS。
アジアの大砲の解説はなかなかいい。
S級取得おめでとう。
アビスパの大砲たち、アビスパ太田&林に雁ノ巣でコーチしてやってくれ。
林の怪我が治ってからでいいから。

苦手横浜FCに3-0勝利!
菅野から3点ゲット!
♪ららららら
いい気分だ。
ははははは。

前半は横浜FCがかなり積極的にプレスをかけて来たけど
後半になると運動量が落ちるって分かってた。
そんなの僕たちは5年前にたくさん見てきたもん。
僕たちが通ってきた道。
横浜FCの戦略は、ある意味正しいけどある意味間違ってるかもしれん。

1点目。
こーへーがペナルティエリア内で倒されたとき、
僕はこーへーと動きがかぶったセイジがこかしたと勘違いして
鬼のような形相で「うぉー!セイジー!なんやー!」と怒りをぶちまけていた。
セイジごめん。

こーへーGETのPKをグラウシオがかっこよく決めた!
グラウシオの安定感バンザイ!

グラウシオが決めた後にホベルトが一目散に駆け寄り、抱きついて投げ飛ばした。
IPPON!
ホベは絶対に世界柔道見てるはず。
僕も見ている世界柔道。柔道大好き。
アビスパ以外のJの試合より気になる。

2点目。
トールのスペシャルなラストパスを、きょーへーがふかすことなくしっかり決めてくれた。
そしてメインの方へ走って行ってアリの為にゆりかごポーズ。
きょーへーは本当にいいやつ。
仲良しのきょーへーが「ゆりかご」をしてくれてアリも嬉しかったはず。
PKを蹴りたそうにしてたけど、蹴ってたら2得点1アシストできょーへーDAY。
背番号10は目立つところで、目立つプレーをする。
きょーへーの優しさとか、たくましさとか、繊細さとか大好き。


そして3点目は千代。
今回も見せてくれたどんぴしゃヘッド!
いいよー千代!
いいよ、いいよ、いいよ。
千代。千代。千代。
次も頼む。

水谷が嫌々ながら呼ばれて行ったヒーローインタビュー。
相変わらずふてぶてしい。
頼もしい。
これまでの頑張りを認められての昨日のマン・オブ・ザ・マッチ。
水谷、残り13試合、1点も取らすな!

僕がチェックしたところ、博多の森7連勝はアビスパにとって最高記録(のはず)。
もうアビスパは博多の森では負けないぜ!イエス!



そして昨日グランマスがレイソルを倒した!
4-0。イエス!
博多の森の電光掲示板で結果を知り笑顔。
でもアビスパよりスコアが上なところが気に食わん。

マスがアビスパより一年早くレイソルを倒してくれた!
ちょっとスッキリ。

来週はRabonaのネイビーを着て熊本へ。
黒と赤のRabonaにしようかと思ったけど、それは名古屋の色で福岡の色じゃない。
僕は福岡の色、ネイビーを選んだ。
グランパスサポーターにRabonaを宣伝してきたい。
熊本まで来たんなら福岡に寄って、豚骨ラーメン食べて、Fanaticaに行って、お土産にTシャツ買って帰れ。

そのFanaticaで健太郎さんに
「オーちゃん、明日はドラゲー(ドラゴンゲート=一番いいプロレスを見せてくれるプロレス団体)見に行きますか?」
と聞かれた。
続けざまの「天龍も来ますよ!」の言葉にかなり心が揺れた。
もう揺れ揺れ。

今日、僕は同じ時間帯に行われるサテライトリーグに行くよ。
アビスパ太田とナギの活躍を見るために雁の巣に行くよ。

KAZU 倒す!

KAZUのおかげでいまJ2が注目されている。
さすがKING。
ありがとう、KAZU。

近頃ではJ2といえば必ず横浜FCのニュースが映像で流される。
そして他のチームは試合あったの?と思うくらい取り上げられない。

優勝争いが面白くないリーグは世間から注目されない。
そんなの当たり前。
世の中はドラマを待っている。
これからの14試合で去年を越えるドラマを・・・!
僕はアビスパがこれから最高のドラマを見せてくれると信じる。

ドラマティックJ2の主役は今年もアビスパ!
KING KAZUじゃない。

プロレスラーで一番レスラー仲間からリスペクトされるのは一番観客動員力がある者。
一番強いやつじゃない。
みんなを「食わせる」ことが出来る者。
カズは実際にスタジアムへファン以外の人でも足を運ばせることが出来る。
やっぱりカズはすごいよ。

アビスパってJ2なんやろ?
アビスパって2軍やろ?
J2じゃあねえ…
って言ってた人たちでも博多の森に足を運ばせるカズ。

カズの軌跡。
カズが日本サッカー界に築き上げてきたもの。
それはとてつもなく大きい。
カズは偉大だ!

と、僕も思うけど
そんなこと言ってる場合じゃないんよね。
アビスパは「これから」のために勝ち続けないと!

今日も勝つのはアビスパ!
博多の森は熱いってKING KAZUに思い出させてやる!

ドラマティックJ2を演出するのは
今年も僕たち「アビスパ福岡サポーター」。

福岡からドラマティックJ2が始まる。
福岡からドラマティックJ2を始めよう。

J2三大ヒール

僕は菅野が嫌いだ。
あいつめちゃくちゃむかつく。
宮本の真似して坊主にすんな!

あの反射神経の良さがむかつく。
ファインセーブは程々にしとけ。
松下の真似して坊主にすんな!

GKのくせして去年ゴール決めたところがむかつく。
お前フィード良すぎ。
アレックスの真似して坊主にすんな!

あ~、久しぶりの菅野、楽しみ。
KING KAZUよりもエースのJOよりも山口素弘よりも楽しみ。
あいつくらいヒール面むき出しで来てくれんと燃えん。

シュナ潤もむかつく。
しょぼい時間稼ぎがむかつく。
やるなら菅野くらい堂々と憎々しげにやれ!

ハライも敵に回したらあいつほど腹の立つやつはいない。
あいつの投げキッスが一番腹立つ。
こけて大げさに痛がるところが頭に来る。
博多の森のみんなはハライお得意の猿芝居って分かってんだからよせ。

菅野&シュナ潤&ハライ。
この3人が僕の中のJ2三大ヒール。
J2のシン&ブッチャー&シーク。
どいつもこいつもキャラが濃い。

そういえばこの前博多の森でブーイングしたら逆切れして向かってきた横浜FCの久保田はどうしたんかな?
あいつもむかつく。
あいつもまた倒したい。

と他のチームの選手に言えるようになったことにしみじみ・・・
J1時代はアビスパこそ最凶チーム。
どいつもこいつもふてぶてしく・・・
見渡す限りオーバー30・・・
後半になるとピタリと足が止まる・・・
汚いプレーと罵られ・・・
でも熱があったアビスパ福岡。

アビスパ大好き。

いつかまた他のチームのサポーターから嫌われる存在になりたい。
最強アビスパ福岡として!

(鳥栖サポーターは今でも大嫌いだと思うけど。)

ダメや・・・、あいつらには勝てん。あいつら強すぎ。
なんやー、あの強さは!あいつらこそ最強。
やっぱり福岡つえーや。やっぱりアビスパつえーや。


いつの間にか解説:アジアの大砲で、FBSが放送するようになった横浜FC戦。
菅野に時間稼ぎはやらせない。

せこくてもいいから勝て!

台風一過。
夜空もきれい。
秋の訪れを感じる。
風もすっかりおさまって今日は鈴虫の泣き声がよく聞こえる。

鈴虫が好き。
小6の頃の夏休みの自由研究は「鈴虫の生態について」。
僕は結構鈴虫にはくわしい。
どうやって鈴虫が「リー、リー、リー」と鳴くか説明できる。
が、そんなこと自慢にはならんな・・・

九官鳥のキューちゃんが死んでしまってめちゃくちゃ凹んだときに、「もうでっかい動物は飼うのやめるよ・・・」と鈴虫を飼うことにした。
鈴虫はちっちゃい。
鈴虫は言葉を話さないから、僕の友達が「ばーか!」とか変な言葉を覚えさせようとしても覚えない。
どんなときも「リー、リー、リー」。
泣き声に癒される。
鈴虫が好き。

アビスパの戦いぶりについて一言。
アビスパの「なりふり構わず」はスマートで綺麗過ぎる。
すごく評価出来るけど、それだけじゃ勝負の世界では勝っていけない。
勝ち続けるのは難しい。
せこく勝つのは嫌だけど、せこくても勝ったほうが嬉しい。

せこいのは福岡らしくないけど、せこくても勝たんと優勝出来んのたい!

京都はPKによる得点が多い。
多すぎ。
苦しい試合でも何とか1点を獲ってしまう。
京都がPKをもらうのが多いのは、ペナルティエリアでこねこねせずに、ハライのようにドリブルでしかけたり、FWの選手が自分で決めようとしているからだと思う。
(最近はどうか知らんけど。PKゲッター、ハライも骨折したし。)

一方でアビスパの選手たちはせっかくPA内にいるのに「誰か」にパスをしてしまう。
いただけない。
大いにいただけない!
ペナルティエリア内でパスコースがなければ自分で勝負したらいいのに。

相手選手にひっかけられて、こかされてPKもらえたらラッキー。
相手チーム選手に倒されて、イエロー出させたらOK。


PA内ではもっとエゴイストでいいのに。
ゴール前ではエゴイストになってくれたほうが頼もしい。

残り14試合。
第3クールの残り3試合は
苦手の横浜FC
今年まだ勝っていない札幌
そして2連敗中の甲府

厳しいとか言ってられん。
どいつもこいつも倒す!

とりあえず今週。
横浜FCといえばKAZUでもJOでもなく菅野。←シュナ潤と同じくらいむかつく!
とりあえずJリーグのタイガー・ジェット・シン、菅野が半泣きするくらい点を奪いたい。
1日5楢崎してあげたのに今日4点も取られた楢崎くらいへこましたい!
楢崎がんばれ!

≪ BackHOMENext ≫

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。