スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕たちの背番号10

来週の日曜、北九州市の本城陸上競技場でニューウェーブ北九州が新日鉄大分と試合をする。(13:00~)
その前座で会社の友達、サカウエさんちのちびっこが試合をするらしい。

「オータさん、うちの息子が今度試合に出るんですよ」って笑顔で教えてくれた。
「おぉ、それは見に行かんといけんね。アビスパの試合も無いし行くね」と返事。楽しみ。

サカウエさんちのちびっこは、「目指せ!北斗」。
ドリブルばかり練習してるそうだ。
そして、彼は二島のサッカー少年団の選手だ。

アビスパの背番号10、山形恭平を育てたチーム。
そしてサガン鳥栖の背番号10、宮原裕司を育てたチーム。


二人とも二島小→二島中→東福岡。そしてアビスパ福岡!

今日、二島出身の二人の背番号10が激突する!
開幕戦ではきょーへーの怪我の回復が遅れたこともあり、対戦することは出来なかった。
今年、宮原はずっとトップで試合に出続けているが…
きょーへーはなかなか去年のような切れ味を取り戻せていない。
トップとサテライトの往復。
いまだノーゴール。
今シーズン、何度もきょーへーの悔しそうな顔を見た。
きょーへーのそういった顔を見るのは切ないし辛い。

鳥栖で行われたサテライトの試合では、ピッチを必死で駆け回るアビスパの10番を、スタンド席から眺める鳥栖の10番がいた。
試合後、笑顔で語り合う二人。

今日、二人の背番号10はピッチの上で語りあう。
きょーへー、宮原に「今年の10番はオレだ!」ってプレーで見せてやれ!
憧れの先輩を超えるプレーを見せてくれ。

きょーへーはどんなときでもひたむきに走る。
その姿が僕たちの心に届く。

きょーへーは苦しくても言葉を届けてくれる。
その姿勢が僕たちの胸を打つ。

アビスパの背番号10、山形恭平。
背番号10は特別な番号だ。
アビスパの特別な番号10番を胸に刻み背負っている男の
「意地」や「力」や「気持ち」を見せてやれ。


僕たちの背番号10は山形恭平だ。

そろそろ、きょーへーのヒーローインタビューが見たい。
そろそろ、きょーへーのイエーイ!が聞きたい。

そろそろ、山形恭平の満面の笑みを見たい。
スポンサーサイト

HOME

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。