スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてこーへーがベストイレブンじゃないのか?

J'sゴールの前節のJ2ベストイレブン、どーして宮崎こーへーが選ばれてないのかが理解できん。
アビスパからは水谷だけが選ばれていた。
はてな。
ハテナ。
???
いつも安定したプレーを見せてくれるこーへーだけど、この前は特にキレキレ。

ドリブルよし!
ポジショニングよし!
シュートよし!
性格よし!
文句なし!

僕の心のMVPはこーへー!
2位は宮本くん。ガッツ溢れる守備!着実に上手くなってるよ!
3位はグラウシオ。なんでグラウシオはあんなにかっこいいんかな。
4位は林。←アサデス。でおすぎに「応援に来てください!」って呼びかけていたのがちょっとむかついた。

あんなにすばらしいプレーを見せたこーへー以上の選手がいるわけない!
誰だよ!ベストイレブン右サイド!

右サイドにはハライが選ばれていた・・・

なんだ、あれだ。
J’sゴールのベストイレブンの選び方じゃ真のベストイレブンは選べないってことなんだな。

昨日アウェイ2連戦で対戦する2チームを研究しようと思って京都VS湘南を見た。
決勝ゴールを決めたハライがヒーロー・インタビューに答えていた。
そういえばハライはなかなかのプレーを見せていたような・・・
ハライ、もう28歳になったそうだ。
ま、どーでもいいけど。

湘南は京都を相手にかなり押していた。
アビスパのときは守備守備だったくせに・・・
湘南のサッカー、内容はなかなか良かった。
でも負けた。
ベルマーレは6試合くらい勝ってないらしい。
7試合目を今週末にプレゼントだ!
引き分けじゃないぞ。
負けをプレゼントだ。

最近ホベルトが後半になるとすごく苦しそうな顔をしている。
パンクする前にちょっと休ませてやってくれんかな。
お願い、松田監督。
スポンサーサイト

バスツアーに申し込んでくれないか?

今週は平塚に行く。
仙台戦の後、湘南に勝つって約束したから、絶対に勝って福岡に帰ってくる。
ベルマーレとはこの前博多の森で引き分けだったから今度は絶対倒す。
勝ち点3強奪してくる。
強い気持ちで、勝ち点3奪ってくる。

次の西京極にも行くのだ。
西京極へはバスツアーに申し込んだのだ。
バスツアー、新幹線より安いのだ。
浮いた分で日本代表レプリカ、蜂番NAKAMURAを買うのだ。
北斗の背番号、14番じゃなければ8番が良かったんで正直うれしいのだ。
アビスパの選手が代表のレギュラーナンバーを付ける!
一桁!
あー、素晴らしい!
僕らの中村北斗が日の丸を背負ってプレーするんだから同じユニフォームを着たい。

なのでバスが出らんと困る。

ところがバスツアーの申し込みはこの前の試合後で10人。
少なすぎ。
最低でもあと20人必要。
バスツアー、ピンチだ。
北斗レプリカの危機だ。

みんなで西京極に行こう!
バスで行こう。バスで。

make it NAVY読んで100円ショップで買ったから、あれ使う。首まくら。
首まくら、使わせろ!
バスの中で使う。
だからバス出ろ。
バス出させろ。

みんなで京都を倒しに行こう!
米田、倒しに行こう!
米田、またブーイングしてやるからな。
スルーしたらもっとブーイングしてやるからな。
睨みつけて来たら、もっともっと睨み返してやるからな。

ハライにプレッシャーかけに行こう!
スルーでもいいけど、あいつが「どーせ俺はこの前と一緒でスルーなんだろ・・・」と思っているなら、その裏を・・・
あいつの思い通りにはさせん!

そして・・・
スタンドに座ってる石丸を見つけたら、こう言ってやろう。

「が ん ば れ !」

ちょっとは石丸使えよ、柱谷。
石丸いるのに米田持って行くなよ、柱谷。

車酔いする人、心配するな。
僕も車酔いする。
でも車酔いする前に酒に酔っとけば、まったくノー・プロブレム。

僕は2回試したことある。
去年の甲府はOKだった。
2月の宮崎キャンプではちょっとやられたかもしれない。
帰りはちょっときつかった・・・
隣の7gの人(車酔い派)もきつそうだった。

この1年間の酒酔いVS車酔いの通算対戦成績、1勝1敗。
次で決着をつける。
もちろん勝ちだ!勝ち!酒の勝ちだ!

車酔いする前に酒に酔え!
飲もう!
帰りはもっと大丈夫だ。
アビスパの勝利の余韻に酔える!
酔おう!

さぁ、バスで行く決心がついたらすかさず申し込みへGO!
迷うな。
Don't think, feel !
ブルース・リーも言っていた。
考えるな!感じろ!

アビスパを感じたかったらバスツアーへGO!
GO!アビスパ応援バスツアー!
GO!GO!アビスパ応援バスツアー!

僕からのお願いです。
西京極へ行く人はバスツアーに申し込んでください。

僕からのささやかな、それでいて心からのお願いです。
西京極へ行く人はバスツアーに申し込んでください。

またFanaticaへ行こう!

昨日の試合後、
「オータさん、紹介してくれよと言われたんですよ」ノリオさん
「おーOBRIのボスにそう言われるのは光栄ですね」と僕。
ノリオさんと一緒にFanaticaに行った。

「いつも日記読んでますよ。毎日更新するのって大変でしょう?」
「オータさんのブログ面白いですね」
とお互いオーバー30の大人の会話でスタート。
でも僕は本当に毎日OBRIのボス山本圭吾さんの日記を読んでいる。
OBRIのHPもよく見る。
ノリオさんの活躍が一番よく分かるのがOBRIのHPだから。。。
ノリオヴィッチの蹴球blogよりもノリオさんのことがよく分かるOBRIのHPが好きだ。
(と昨日もそういう話をしていた。)

僕の大学時代のサークルの後輩フタキくんちの3軒隣に住んでいたというOBRIボス。
フタキ、お前んちのお父さん、この前Fanaticaに行ったらしいぞ。

僕は結婚式で立会人を2回やったことがある。
僕は結婚してないのに、何でか分からんが2回も立会人をやったことがある。
そのうちの一人がフタキ。
人前式で、じーちゃんやばーちゃん、ちびっこに親戚のおじさん、おばさん達の前で「1、2、3ダー!をやって下さい」って言われた。
披露宴なら分かるけど、結婚式でやるのはどーなんかな?と僕もちょっとだけ思ったが快く引き受けた。

当日のリハのときに司会の人に「ダー!をするんで人前式が終わったら僕にマイクを貸してください」とお願いした。
司会の人は「え、あんたマジで結婚式でそんなことするつもり?」とちょっと嫌な顔。

あぁ、やるよ。なんやその嫌な顔。ダー!バカにしとるんか!だいたいうちのサークルの飲み会の締めは僕のダー!って決まっとるんバイ!
というのはおめでたい席なので一言も言わず、
「ダー!絶対にやりますから、マイク貸して下さいね!ね!」
とにっこり。

僕はじーちゃん&ばーちゃん、その他大勢に「ダー!」のやり方を事細かに説明し、無事に「1、2、3、ダー!」で人前式を締めくくった。
そのときに嬉しそうな顔をしていた新郎がフタキ。
フタキもアビスパが好き。

僕が「僕のことオーちゃんと呼んでください」とか言うのは、小川(直也)よりオータの方がオーちゃんと呼ばれるのにふさわしいからだ。
アビスパ太田だって、僕に言わせりゃアビスパオーちゃんだ。

僕のことはオーちゃんと呼んで欲しい、ケーちゃん。
1回話せば友達だ。
KINGやろっしーさんも1回飲んで友達になった。
ケーちゃんが嫌ならヤマちゃんって呼ぶバイ。
ヤマちゃんがダメなら「ターザン」って呼ぶバイ。←ターザン山本。(プロレスファンならみんな知ってる有名な人)

アビスパサポーターなのに、
アビスパが1ヶ月ぶりに勝ったと言うのに
プロレスの話しかせんかったよ!

7月に国際センターにハッスルが来るから見に行こう!とかいう話やったよ。
サイモン猪木が新日本の社長になったね!とかいう話やったよ。

OBRIの誇るプロレスファンの人たちを紹介してもらった。
店長さんとたこ焼き兄さん。
OBRI一番のプロレスファン、たこ焼き兄さんは武藤ファンだった。
「こいつはファンというよりマニアですからね!」
僕もプロレスマニアだった。
気持ちは分かるよ。
僕も昔はよく自分で言ってたよ。「プロレスマニアって言われるのが一番嬉しい」って。

僕は、いつも試合をあんまり見られないけど、一生懸命に太鼓を叩いてくれているたこ焼き兄さんと話してみたかったんで嬉しかった。
たこ焼き兄さんもプロレスファンで嬉しかった。

一番かっこいいのがアビスパサポーター。
一番温かいのがプロレスファン。
プロレスファンは優しい。

またFanaticaへ行こう。
またプロレスの話をしにFanaticaへ行こう。
僕の書いてる事、根本的な何かが間違ってるかもしれんが、またFanaticaへ行こう。

またFanaticaへ行こう!

第14節◎アビスパ福岡2-1ベガルタ仙台×

うおりゃー!
勝ったぞー!

今日はガンガン更新していく。
だってアビスパがやっと勝ったから。

あぁ、アビスパ勝つと嬉しいねー!
あぁ、アビスパ勝つと幸せだー!

でも、1失点はいらんかったな。
宮本くんがゴールネットの中にいるのに、松下は手を上げて「オフサイドー!」
目の前に宮本くんがいたのに・・・
分からんかったんか?
坊主頭は直接日光が頭に当たるからな・・・。
あぁ、でもそういう松下がいい!面白い!

あぁ、それとまたアビスパ太田がやりやがった。
なんや、あのコロコロシュートは!
と勝ったときだからこそ、これくらい言っておこう。

3週間ぶりの博多の森は楽しかった。
友達たくさん。
試合前にはエスコの最前列に座ってアビスパの今日のスタメン談義。
スタメン復帰の千代にこーへー、サブに入った城後、スタメンから外れた岡山など今日は話題に事欠かない。

今日のスタメン、右のラインには林&こーへー&川島。
あの2003年度後半のJ2最強アビスパを支えた右のライン。
やっぱりこのラインがいいね!
林のペンギンチェイスに、こーへーの2列目からの飛び出し&縦へのドリブル、それに川島のジタバタドタバタドリブル。
あぁ、楽しいねー。

こーへー最高!
こーへーの久しぶりのゴールに燃えた!
今日はシュートがキーパーの正面に飛ばなかったぜ!
どんどん勝負していってスカッとした!
2003サッカーダイジェストJ2ベストイレブンに選ばれた頃のような輝きを放つこーへー。
枠に飛ぶシュートを打てる時のこーへーは無敵。

最強☆シュートが枠に飛ぶこーへー☆最高

2点目はグラウシオの左からえぐったクロスにどフリーの林、どんぴしゃボレー。
エース林が戻ってきた!
いいゴール。
あぁ、林いいねー!
どフリー決めてくれるFWってアビスパにはあんまりいないもんね。

これから始まる俺たちの歌で・・・
こーへーがゴールを決めてくれた。
こーへーがあの時間にゴールを決めてくれた事で、今日博多の森で初めて歌われた新曲をみんなが大好きになった。

これから始まる。
今日からアビスパ福岡の31連勝が始まる。

あぁ、マジも大マジ。
もうアビスパ福岡は負けませんよ!

アビスパが勝つという幸せに僕はにやけが止まらんです。
もう、明日も一日中、ニコニコしてる自信がある!
めちゃくちゃある!

今日も北斗のスーパーサッカーまではアビスパの今日の試合のビデオを流しっぱなし!
2回目が終わった。
前半だけよく見て後半はほとんどスルー。
もう一回見よう。
明日も見よう。

あぁ、博多の森いいね。
行けば必ず会える人たちがいて、
その人たちは僕が会いたい人たちで、
アビスパが勝つとみんなが笑顔で、
僕はみんなの笑顔が見たくて・・・

これからもみんなの笑顔が見たいから、
勝てよ、アビスパ!
ずーっと勝ち続けろ!

あぁ、アビスパいいねー。

悔しさって必要なんだよ。

北斗はオランダへ行き、ナギは福岡へ戻ってくる。

悔しさっていうのは人が晴らしてくれるもんじゃないから。
北斗ががんばったってナギの悔しさが晴れるわけじゃないから。

悔しい気持ちは自分で晴らせ。
実力を磨いて、次のチャンスに備えろ。

ナギは北斗と違ってまだまだ少年。

北斗の顔は子どもっぽいけど、あいつはもう大人の男だ。
しっかりしている。

ナギはプロ入りしたときに比べると、顔もずいぶん精悍になったけどまだまだ少年。
甘さや優しさが残っている。
でもそこがナギの魅力で、だからこそみんなが惹きつけられる。

次のチャンスが来るまで僕たちが支えてやる。
ナギ、悔しいのはお前だけじゃないよ。
僕も悔しいよ。
北斗がU-20日本代表に選ばれても、アビスパのサポーターがちょっと陰のある顔をしていたのは、みんなお前の悔しさを自分のことのように思ってるからだよ。
みんな悔しいんだよ。

宮本に千代や長野、木場も岡山も全部抜けよ。
トップで試合に出なきゃダメってことなんだよ。
世界は厳しいんだよ。
な、ナギ。

次のチャンスには全部抜いてやろうよ。
増嶋、吉弘、水本、小林、一誠、
全員抜いてやろうぜ。


今回、ナギは日本を代表してオランダへ行くことが出来なかった。
厳しいとは思っていたけど、ナギはワールドユースに行くもんだと思っていた。
思っていたというより、信じていた。

挫折を知らないやつなんていない。
挫折は必要なんだよ。
悔しさって必要なんだよ。


もっと大きくなるために、悔しさって必要なんだよ。

大人の男になって行こうな。
オリンピックへ…

2004年1月、期待のルーキー柳楽智和と雁ノ巣で初めて話した。
「代表に選ばれたんですよ」って嬉しそうに教えてくれた。
まだまだふっくらとして少年っぽい顔だった。

また「代表に選ばれたんですよ」って教えてくれよ。
今度は大人の男の顔をして教えてくれよ。
2004年1月、アビスパ期待のルーキー柳楽智和

明日は久しぶりの博多の森だ

去年の第3クールの仙台戦、博多の森の帰りに信号待ちをしていると、後ろからベガルタのサポーターソングが聞こえてきた。
なんで?
なんで?
ドアミラーを見ると、後方から仙台サポーターがたくさん乗っているバスがグングン近付いて来る。
そして応援ツアーバスは僕の隣に停車した。
車の窓を閉め切っているのに「カモン、カモン・・・」とでっかい歌声が聞こえてきた。
さすが仙台、すごいな!
きょーへーのコロコロPKで勝った余韻に浸っているところでのカモン、カモン♪
僕の素敵なひとときが台無し・・・
敗戦に凹むことなく唄い続ける仙台サポーターに感心しつつも、やつらに前を走らすわけにはいかんので、ロケットダッシュで仙台バスを置き去りにしてやった。
ま、アビスパも仙台に前を走らすことはなかったけどな。

去年の最終戦の山形戦、翌日に仙台スタジアムと宮城スタジアムで記念撮影をした。
2004年の15番と2003年の18番を交互に着てベガッ太くん&仙台スタジアムをバックに写真を撮っていると、(このブログのプロフィールの写真は宮スタ前)ボランティア?でゴミ拾いをしていた仙台サポーターの兄ちゃんと目が合った。
ベガルタゴールドな兄ちゃんだったんですぐに仙台サポーターだと分かった。
僕はあのとき仙台兄ちゃんにこう言った。
僕たちはJ1に行くから仙台は来年優勝して再来年一緒に試合しようや。
兄ちゃんは笑顔で、「入れ替え戦がんばってください」って言ってくれた。
あの兄ちゃん、明日博多の森に来るかな?

僕の会社の後輩カモ(仙台の営業所勤務)も「オータさん、また来てくださいね」って言ってくれたけど、
やだ、仙台がJ1に上がって来い。来年は絶対に試合せん!

そのつもりだったが、今年も僕たちはJ2で仙台と戦うことになった・・・

仙台兄ちゃん、嘘ついてごめんな。
仙台兄ちゃん、あのときの僕の発言は取り消す。
今年の優勝はアビスパに任せろ。

明日はベガルタ仙台戦。
久しぶりの博多の森に胸のドキドキが止まらない。止められない。

新曲もすっかりマスター。ノー・プロブレム。

明日は勝つぞ!

もういっちょ行こう!







いつもアビスパ応援してます

小学6年生の頃、一年間だけ塾に行った。
塾でもプロレスごっこは欠かさなかった。
よくおっさん(塾長のあだ名)に怒られた。
宿題をやらなかったことよりプロレスごっこで怒られたことの方が多いのは自慢。

他の小学校のプロレス友達(でかいやつらばかりで思い切って技をかけることが出来てうれしかった)も出来たが、中学生になるときに問題発生!
大問題!

塾の日が金曜日に変更になった!
金曜日といえば当時は新日本プロレスの日だ!
それを聞いた瞬間、すぐに「この塾やめよう!」と決めた。
即、決めた。

当時12歳。
僕の世界で一番大切なものはプロレスだった。

家に帰ってすぐに切々と親に訴えかけた。

金曜にプロレスを見られないことがどれだけつらいことであるかを、
それは僕にとってはどんな事件よりも重大事件であること、
プロレスが僕の原動力であること、
プロレスの時間に塾で勉強なんてそんなのあり得ないこと、
プロレス見られんくらいなら僕はぐれるバイ!

両親ともO型の我が家。
話は早かった。
僕は勝利を勝ち取り、塾で知り合ったプロレス友達に別れを告げた。
でもそいつらとはすぐに中学校で再会し、教室の後ろで毎日バトルを繰り広げた。。。

僕(無人島キャンプ体験者)は大学時代、ちびっこ達から「次に無人島キャンプに行くとして、一つだけ何かを持っていけるとしたら・・・」という質問に迷わず「プロレス!」と、それも自信満々に答えていた男だ。
「水」とか「食料」よりもプロレス!

今ならアビスパ。
負け役にサンガも連れて行きたい。

ちびっ子の頃は・・・
「夏休みどこに行きたい?」と聞かれたら「プロレス」。
こずかいのほとんどはプロレス雑誌。
お年玉はプロレスグッズ。
プロレス百科事典はほとんど内容を暗記。
金曜日はどんなことがあってもKBC以外のチャンネルに変えさせなかった。
日本全国の体育館の名前はプロレスで覚えた。

中学時代に入り、「プロレスは八百長」と僕を挑発してきた担任は、僕にものすごい目つきで睨まれた。
「八百長なんかじゃねえよ!」
その後なおも「いやあれは八百長」と言い張る担任に
「いや、そんなことはない。だいたい「あれ」呼ばわりするのはやめろ。」
それ以来、こいつの言うことは聞かんようにした。

子どもの夢を壊すような大人は許せん。
今でも「八百長」という言葉が一番好かん。
結果が決まってたって、ショーだってそんなのどうでもいい。
ファンのためにリングに立ち、一生懸命に自分を表現しようとする人間を「八百長」という言葉で片付けるのは許せん。
(それにこの頃僕は本気でプロレスは真剣勝負だと信じていた。)

今でも世界で一番嫌いな言葉 「八百長」
いま世界で一番好きな言葉  「アビスパ」

ちびっこの頃、金曜日が一週間で一番大事な日だった。
大人になって、土曜日が一週間で一番大切な日に変わった。

ちびっこの頃、「プロレスが一番好き」だった。
大人になって、「アビスパが大好き」に変わった。

ちびっこの頃、毎日毎日プロレスのことを考えていた。
大人になって、いま毎日毎日アビスパのことを書いている。

オータです。
いつもアビスパ応援してます。

友達だから守るよ

僕は会社で毎日アビスパの話をする。
あ、引き分けたときとかは、話してるとむかつくんで口数少なめ。
時にはサポーターの話になる。

アビスパにはすごいサポーターがいるよって・・・
KINGとアビスパおばちゃん。(名前書けんからアビスパおばちゃんで・・・)

サポーターの話をするとき、二人は必ず出てくる。
年齢が上とか下とか関係なく、二人とも尊敬している。
(いつもニコニコ笑顔のナカノさんも尊敬している一人)
二人のことを話すと、なんだか自分のことを自慢しているような気になる。

今年アビスパの全部の試合を応援に行くっていうサポーターがいる!
学生じゃないよ、社会人だよ。
すごいやろ?
夜勤明けでも寝ないで雁の巣や博多の森に行ってアビスパを応援してるよ。
すごいよね。ね。ね。


僕はKINGと友達になれてうれしい。
KING、熱いもん!

僕はKINGの44試合をヴィクトリー・ロードにしてやりたい。
KINGに2005年は最高でした!って言わせてやりたい。
だからアビスパを絶対に優勝させたい!
アビスパと僕たちの44試合をチャンピオンズ・ロードにする。
絶対にする!


そしアビスパおばちゃん。
エスコの掲示板を見たけど、なんかアビスパおばちゃんの野次が問題になってるみたいだ。
人それぞれだと思うけど、僕はアビスパおばちゃんの野次が好きだ。

日曜のサテ戦、飛鳥が竹村を倒した1シーン。
主審が「2番!」って飛鳥を呼んだ。
倒されて寝転んで痛がる竹村に対して、アビスパおばちゃんがでっかい声で「大袈裟ー!」って叫んだ。
絶対にイエローを出すと思ってたけど、主審は飛鳥にイエローを出すのをやめた。

僕は月曜にそのことををめちゃくちゃ自慢げに語ったばかりだ。
(おばちゃんが叫ばなかったら絶対にイエロー出してたと思う。)
アビスパおばちゃんの野次で選手がイエローをもらわんかったよ!
これがサポーターの力だと僕は思ったよ!

って・・・

1-4からクギが1点返して2-4になった時、おばちゃんは「あと3点取るよ!アビスパ!」って言った。
残り時間なんてほとんど無かったのに・・・
アビスパおばちゃんはどんな時でもあきらめずにアビスパ応援してるよ。

アビスパおばちゃんはサテライトの試合の後も残ってU-15の試合を応援してたよ。
すごく温かい声援だったよ。

アビスパおばちゃんの野次が嫌いって言う人も、おばちゃんと話してみたらきっとおばちゃんのこと好きになるよ。
アビスパおばちゃんはいい人だよ。

アビスパおばちゃん、負けないで。
アビスパおばちゃん、くじけないで。
アビスパおばちゃん、僕はおばちゃんの野次、好きだよ。
アビスパおばちゃん、僕はおばちゃんが福岡で一番のウルトラだと思うよ。


アビスパおばちゃん、今週は野次らないですむよ。
今週はアビスパがスッキリ、きっちり勝ってくれるから。

僕はアビスパ福岡が大好きだ。
だからアビスパ福岡のことを大好きな人も大好きだ。

「オータさん、僕はね、アビスパサポーターはみーんな友達だと思ってるよ」
僕の尊敬するナカノさんの一言。


僕は友達を守るよ。

友達だから守るよ。


ヒーローなんて誰でもいいんだ

U-20日本代表 1-1 U-20チリ代表
ナギは今日も試合に出られんかったんやね…
この一週間必死でやれよ。
福岡から応援してるぞ!

ところで…
なんで今日の試合は16:20キックオフなのだ?
なんで平日のこの時間なのだ?
家に帰ったらすでに試合は終わっていたのだ。
もうちょっと注目される時間帯にやればいいのだ。
日本国民のために中村北斗をゴールデンタイムで放送しろ。

今日、北斗の背番号は10番だったらしい。
兵藤と交換したんやろ?
10番いらん。
14番にしてくれ。
10番は兵藤でいい。

この前のペルー戦も日曜に試合があること知らんかった。
まったくノーマーク。
鳥栖にサテライトを見に行くので頭がいっぱい。
アビスパのことでいっぱい、いっぱい。

サッカーなんて代表の試合しか見ないっていう人もいる反面、
同じ時間にアビスパVSサガン鳥栖のサテライトの試合を見に行く人もいる。
鳥栖の勝利を喜ぶサガンサポーターに対し、不甲斐ない試合に悔しさを隠せないアビスパサポーター。
ちっちゃい陸上競技場で行われた試合でも、サポーターたちが自分のクラブに対する想いをぶつけている。
こういうのってなんかいいね。
Jリーグ12年間の積み重ねのもとに、地元クラブを愛する意識は着実に浸透している。
あー、でも鳥栖に負けたのむかつく。

あー、早くアビスパ勝て。勝ち試合見せろ!
どんな試合してでもいいから勝てなんてもう言わん。
お前たち、待たせすぎ。
めちゃくちゃいいサッカーをして、ベガルタを力でねじ伏せて勝て!
華麗で美しくてかっこいいサッカーをして勝たんと満足出来ん。
1点取ったら守備守備サッカーは僕の心に負担がかかる。

1点取ったら2点目を狙え!
2点目入ったら意地でも3点目を決めろ!

次の一勝は大事な一勝だ。
きっかけが掴めれば、流れは変わる。

ヒーローなんて誰でもいいんだ。
ヒーローなんて誰がなってもいいんだ。

僕たちが望んでるのは
ヒーローが生まれて欲しいってことなんだ。

アビスパの勝利を呼び込むゴールを
この嫌な流れを断ち切るゴールを
アビスパ浮上のきっかけとなるゴールを決めてくれ。

ヒーローを待っている。

今週はアビスパがきっと勝つ!
そんなの当たり前。

みんなでアビスパ勝たせましょう。

1ヶ月は西スポ読むのやめる

昨日はサテライトだったけど、久しぶりにアビスパの試合が見られて嬉しかった。
ろっしーさんを鳥栖駅まで車で送ってから、一人でニヤニヤしてしまった。
他人には見せられん。
しょぼい試合を見せられても、やっぱりアビスパがいい!
アビスパの試合で怒ったり、笑ったり出来ることは、僕にとって最高の幸せだ。

アビスパが負けても、引き分けても、「へこむのは1時間まで!」と決めている。
甲府戦は久しぶりに負けたんで1時間以上は立ち直るのにかかったけど。。。

しょぼんとしていて何かが良くなるんならそうし続けるけど、そんなこと無いもん。


6月4日(土)に平塚に行くことにした。

もうチケット手配してしまった。
湘南ベルマーレ、ぶっ倒して来る!
この前はホームで引き分けだったから絶対に倒す!

その日は東京や神奈川に住んでいる僕の大学時代のサークルの仲間たちが飲み会をやってるらしい。
試合が終わったら直行だ。
今日ヤノ&ヨシダ&クボ、久しぶりに同級生3人と電話で話した。
「おれ4日に平塚に行くよ。5日は空けとってね。」
「オータ、平塚に行かないけんの?(サッカー見るより一緒に飲もう!)」
まあね。
平塚へアビスパを勝たせるために行くのが今回の目的やからね。
これが一番大事やからね。

今度、11月にも三ツ沢に行くって教えてやろう。
11月6日も空けといてくれ。

一家に1本アビスパフラッグ、お土産に持っていく。
日本で一番かっこいいチームの旗だ。
家の一番いいところに飾ってくれ。
みんな九州出身だから「PRIDE OF KYUSHU」のチームの旗を持ってて当然。
一番目立つところに飾ってくれ。

昨日書くの忘れた。
アビスパは「大分や鳥栖の後じんを拝して」なんかねえよ!
バッカじゃねえの!西スポ!
こういう表現が一番むかつく。
大分の記事で「大分はJ1でがんばってますよ」って書け。
鳥栖の記事で「鳥栖はいいサッカーをして2位に上がりましたよ」って書け。
アビスパはアビスパだ。
どのチームの後塵も拝してない。
とりあえず1ヶ月は西スポ読むのやめる。

ベルマーレ倒す前に今週ベガルタをこてんぱんにしてやる。
久しぶりの博多の森なんで、もう今からワクワクしてたまらん。
あ~早く土曜日になれ!

アビスパ勝たせたい。
絶対に勝たせたい。


アビスパ勝たせる。
絶対に勝たせる。

「組織」という言葉に甘えてないか?

今日のサテライトリーグ、VSサガン鳥栖のスタメン。

FW 福ちゃん アリ
MF きょーへー 城後 木藤 大塚くん
DF 辰徳 長野 千代 飛鳥
GK 神山
サブ クギ ユースケ 沖本 河野
 
鳥栖市の陸上競技場には今日も多くのアビスパサポーターが集まっていた。
アビスパは結構いいメンバーでこの試合に臨んだ。
それなのに結果は2-4●。

0-2にされた後のアビスパの1点目はゴール前での絶好の位置からのフリーキックをきょーへーが直接。
その後、セットプレーの際に長野が鳥栖の選手を倒したという意味の分からん判定でPK。1-3。
あんなのファウル取られたらDFはやってられん。
その後、長野がセットプレーからヘッドでゴールを決めたが、これまた意味の分からん判定で取り消された。
1-4にされた後の2点目はクギだった。

今日も主審がしょぼかった。
サテライトといえどもプロの試合。
プロの試合を裁く能力は今日の審判にはなかった。
ちょっとした接触でもすぐにファウルを取る。
流すべきところでプレーを切る。
でも判定がひどいのはお互い様。
鳥栖だってゴール近くで何度もフリーキックを取られていた。
負けた理由にはならん。

今のアビスパは・・・
トップもサテライトも、「組織」という言葉に甘えたプレーが多い。
甘えんなよ。
個人の責任も「組織」の中に埋没させてしまう気か?

失点したのはみんなの責任。
点を取れないのもみんなの責任。

責任がみんなのものになることで、それぞれが自分の責任を放棄してないか?

だれかシュートを打ってくれ!じゃなくて、自分でシュートを打て!
打てるときに打て!

ゴールを決めたらヒーローになれるよ。
ヒーローになりたくないのか?
ゴールを決めたらサポーターが喜んでくれるよ。
もっとみんなに愛されたいと思わないのか?

鳥栖は4点取っても攻めて来た。
鳥栖のサテライトの監督はナルさん。
ナルさんは勝っているのに、立ち上がってピッチの近くまで寄って選手達に指示を出していた。
指導者の情熱は選手にも伝わる。
相手チームのサポーターである僕たちにも「勝ちたい」気持ちが伝わって来たんだから。

アビスパのスタッフはずっと座ってた。
負けてるのに・・・
サテライトの試合といえども鳥栖には負けたくなかった。
サポーターの気持ち、分からないのか?


試合を有利に進めるために「組織」の力は必要だ。
でも試合を決めるのは「個」の力だ。

何としてでも試合をきめてやろう!
ゴールを奪ってやろう!
と個々が思わないとゴールなんて生まれない。

時にはエゴイスティックなプレーがあってもいいと思う。
それが勝利につながるんなら・・・
試合後の新旧背番号10。宮原は背番号10を背負って現在2位のチームの中心だ。去年と立場が逆転してるよ。きょーへー、負けんなよ。

サテライトの試合が終わった後にいったん帰ろうとしたけど、
アビスパのU-15が練習試合をすると知ったんでろっしーさんと一緒に見た。
相手は城後も所属していたバレンティアFC。
30分×3本。
アビスパU-15は2-1で勝った。
残って見て正解だった!
どんどんボールが動く楽しいサッカーだった。
ジュニアユースでもアビスパが勝つと嬉しい。
久しぶりにアビスパが勝つところを見た。
サンキュー、中学生たち。

君たちの中から近い将来、「博多の森のヒーロー」が生まれることを祈る。
がんばれ、中学生たち。

沖本、お前もがんばれ。
ハーフタイムにアップをしている沖本。あびうささん、今日フリーキックはきょーへーが蹴ってました。沖本は後半途中からの途中出場。惜しいシュート2本。フリーキック蹴らせてやりたかった・・・

第13節 △アビスパ福岡1-1横浜FC△

15歳でプロレスの世界に入り、色々な団体に戦いの場を求めた挙句、数度の挫折を繰り返し、格闘人生の最後に自分自身で真剣勝負のプロレス団体「パンクラス」を旗揚げしたプロレスラー、
船木誠勝(ふなきまさかつ)。

福岡国際センターにパンクラスの試合を見に行った時、
快勝した後で船木はマイクに自分の気持ちを叩き付けた。

生きたいんだったら・・・
生きたいんだったら戦い続けるしかねえんだよ!


ストレートに飛び込んできたこの言葉を忘れることは出来ない。
ハートにズキッと来た。

戦いっていつも苦しいもんだ。
苦しくない戦いなんて無い。
それでも戦わないと生きていけない。

リングに立つまでに戦いはすでに始まっていた。
苦しい練習との戦い。
過酷な減量との戦い。

リング以外でも戦わなきゃいけなかった。
世間の偏見。
他団体との興行戦争。

色んなものと戦えるのは家族や仲間、あいつを信じて応援をしているファンがいたからだ。
戦う理由が「自分のため」だけじゃ力以上のものなんて出せない。


生きている限り、みんな色んなものと戦い続けていかなきゃいけない。
どんなにがんばっても(他)人に負けることはあるかもしれない。
でもがんばりさえすれば自分には負けずにいられる。
弱くなりそうな自分の心にストップをかけられるのは自分だけだ。

人に負けるより自分に負ける方が悔しい。

その後、船木は「オレにとって生涯でたった一度だけのタイトルマッチ」と公言し、全てを賭けて挑んだタイトルマッチで、王者バス・ルッテンの前に5度のダウンを奪われ壮絶なTKO負けを喫した。

試合後、腫れ上がった頬をつたう涙を拭いもせずに、顔を歪めながら船木はこう絶叫した。

こんなことで辞めてたまるか!
明日からまた生きるぞ!


明日からまた生きるために、また戦わないといけない。
生きていく限り、戦いは終わる事が無い。
戦いはいつまでも続いていく。

負けた後の3引分け。

苦しくても戦い続けなきゃいけない。
J1に行きたいんだったら戦い続けなきゃいけない。

僕もアビスパ福岡と一緒に戦い続ける。
好きなチームと一緒だったら、苦しくても楽しい。

J1に行きたいから僕も戦い続けなきゃいけない!
アビスパをJ1に行かせたいから戦い続けなきゃいけない。

第13節 △アビスパ福岡1-1横浜FC△

13試合で今季すでに8度目の引き分けの前に、僕は更に決意を強くする。

行きたいんだったら戦い続けるしかねえんだよ!

HOMENext ≫

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。