スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5節△アビスパ福岡0-0モンテディオ山形△

また完封した!
3試合連続!

また完封された・・・
2試合連続・・・

京都と2ゲーム差をつけられた。
2勝3分け。
まだ負けてない。
でも2ゲーム差。
実質2敗。

アビスパは京都に4つ全て勝つから
実質は2ゲーム差をつけている。
京都が独走状態に・・・とか考えているやつがいたら倒す。

あのピッチはアビスパ対モンテディオというゴールデン・カードにふさわしくない。
あ~、昇格ダービーにふさわしくないグラウンド状態。
それが悔やまれる。
もっといい芝の状態で試合させてやりたかった・・・
もっといいサッカーがお互いに出来るはずなのに。

この2チームだったら、「守って、守って、外国人助っ人点とってくれサッカー」ばかりがJ2じゃないって証明出来るのに。

もっと早い時間にアビスパ太田を投入して
太田の高さを活かす作戦に出るべきだった。
もっとシュート打て、みんな!
1対1は決めろ、アリ!

だいたいこの一戦は、引き分けって決まってる。
2002年 1敗3分
①2-2△ ②1-1△ ③0-0△ ④0-1×
2003年 1勝3分
①2-2△ ②0-0△ ③1-0○ ④3-3△
2004年 2勝1敗1分
①1-1△ ②0-2× ③0-1× ④3-1○
今日で8試合目の引き分け。

山形に提案がある。
もう引き分けはやめようや・・・
引き分けだとお互い1点ずつしかもらえんから・・・
3ある勝ち点のうち1点損してるんだから・・・

山形のルーキー、佐々木は評判通りのいい選手だった。
あいつはやる!
今日は佐々木の良さを見せ付けられたんで、
今度は中村北斗の凄さを見せ付けてやりたい。

ザスパがやっと勝った。
来週、対戦する前に連敗から脱出してくれてホッと胸を撫で下ろしている。
J2最強の連敗ストッパー、アビスパ福岡。
ある意味、自慢!
去年だけでも仙台、札幌、鳥栖の連敗をストップして来たからな・・・
ザスパ、連敗状態で博多の森に来んなよと正直思っていた。
ザスパに白星を献上してくれてありがとう、ヴォルティス。
グッジョブ!

グッジョブじゃない人間がいた。
岡田。
お前カード出しすぎ。

アビスパは1試合に5枚もカードをもらうようなチームじゃない!
アビスパの選手は言えば分かる選手ばかりってこと知らんの?
知らんかったら、まず勉強して!
カード出す前にまず注意を!
J1で修行してからアビスパの試合を裁け!

どうもスカッとせんので、髪の毛切ってスカッとした。
スポンサーサイト

ツヨイキモチ

僕の友達に北九州市で柔術の道場を開いているゴトーさんっていう人がいる。
僕達は同じ会社で働いていた。
同じ年で、二人とも格闘技大好き!
毎日、毎日、昼休みは飽きることなく格闘技の話をしていた。
本当に毎日、毎日・・・
僕は見てばかりだったが、ゴトーさんは総合の結構大きな大会でベスト8に入るくらい強かった。

ゴトーさんはプロとして闘う夢を追って会社を辞めて大宮へ・・・
大切な友達が突然いなくなって、僕はちょっと寂しかった。

柔道をずっとやっていたゴトーさんは、大宮で柔術に興味を持ち、学び、そして福岡に帰ってきた。
福岡で柔術を広めたいという決心を胸に秘めて・・・

帰ってきてすぐに「オータさん、一緒に柔術やろうや」って誘われた。

それまで僕は自分で格闘技をやるなんて考えたことが無かった。
だってメガネくんやし・・・
高校の格技の授業も柔道じゃなく剣道だったし・・・

でもこの言葉に惹きつけられた。
「柔術は練習すればするほど強くなれるよ。
柔術のことを考えれば考えるほど強くなれるよ。」


たった二人でちっちゃな町のちっちゃい道場で柔術を始めた。
EHRGDIZ(エアガイツ)。
それが僕達のチームの名前だった。僕が名付けた。
ドイツ語で、ドイツの人々にとっての「魂」。
日本でいう大和魂だ。
プロレスの神様、カール・ゴッチがよく使う言葉だった。

最初の練習は5人もいなかった。
それから徐々に仲間が増えていった。
ゴトーさんが、試合で勝つたびに仲間が増えていった。

柔術を始めて1年くらい経ったときに僕も試合に出た。
負けた。
ラスト5秒での一本負けだった。
セコンドの方を見ると僕より悔しそうな顔をしてゴトーさんが残念がっていた。

このときに、もう負けられない!と思った。
僕は関節を極められたとき男らしく負けを選ぼうと思ってタップした。
でもそんなのはちっとも男らしくないってことに気付いた。
応援してくれる仲間、一緒に練習している仲間の期待を裏切れない。
次は絶対に勝ってやると思った。
泥臭くてもいいから絶対に勝ってやると・・・

それから毎週3回道場に通った。
マラソン大嫌いだけど、スタミナをつけるために走った。
減量もした。
自分がどこまでやれるのか
僕でも試合に勝てるのか
チャレンジしてみたかった。

次の試合で僕は金髪くんを相手に勝った。
完封だった。
レフリーに右手を上げられたあと、両腕でガッツポーズをしながらゴトーさんのところに向かった。
ピンチのときに声を枯らして応援してくれたセコンドや仲間のもとにまっすぐに・・・
「オータさん、いい試合だったよ!今日のベストバウト。」
ゴトーさんがこう言ってくれた。
それだけでよかった。

試合場からの帰りの車の中でゴトーさんが好きな長渕剛のHold Your Last Chanceを聞いた。
涙が出た。
やれば出来るんだなぁって思った。
僕はやったんだなぁって思ったら涙が止まらなくなった。

ゴトーさんは勤めていた会社を辞め、いま北九州市で自分の道場を始めている。これで生活している。
ゴトーさんの道場、パラエストラ北九州の紹介がいま発売の「おいらの街(北九州市のタウン誌)」に載っているそうだ。
コピーは「喧嘩に強くなりたいやつは来い!」
編集長がゴトーさんに許可を得ずに、こんなくだらないコピーを考えたそうだ。

ゴトーさんはそんなことを言う人間じゃない!

喧嘩に強くなりたくて、闘うわけじゃない。
僕達が欲しい強さっていうのは、喧嘩に勝つようなそんなちっぽけな強さじゃない!
そんな強さがほしくて、道場で汗を流していたわけじゃない。

欲しかったのは強い気持ちだ。
掴みたかったのは自信だ。
見たかったのは仲間の笑顔だ。

勝ちたいと本当に心から思わないと勝てない。
まずは気持ちだ。
強い気持ちを持って戦え!アビスパ福岡!
山形に福岡の熱いハートをたたきつけてやってくれ!

いま僕の仲間はアビスパを一緒に応援するみんなだ。
僕が一番見たいのはアビスパの勝利を喜ぶみんなの笑顔だ。

今日も・・・
強い気持ちを持って戦え!アビスパ福岡サポーター!

HOME

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。