スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴょん吉

今週からニュースをお伝えしてくれるカエルを設置してみた。
別にニュースを知りたいわけじゃない。
ただカエルが好きだから。
理由はそれだけ。

大学生の頃、僕はちびっこたちとキャンプをするサークルに入っていた。
キャンプ中は年齢の差なんて関係なしで、お互いをキャンプネーム(ニックネームみたいなもの)で呼び合う。
僕のキャンプネームは「ぴょん吉」だった。

同級生の中には僕を含めて7人男がいて、それぞれが個性的な人間で、全員がかなりの負けず嫌いだった。
僕らはいつも色々なことで張り合っていた。
キャンプ中も誰が一番ちびっこたちの人気を集めるかでバトルを繰り広げていた。

「ちびっこたちに野外生活の楽しさを伝える」という本来のテーマから遠くかけ離れたところで、僕らは一生懸命まじめに競争していた。

ちびっこから人気を集める為にはキャラが大切だ。
2年生のときに迎えたキャンプ当日の朝6:30
何かいいキャンプネームは無いかな?と考えながら支度をしていた僕の目に飛び込んできたのが
「ど根性ガエル」。

これだ!それまでしょうもないキャンプネームでくすぶっていた僕は直感でこう思った。
「ぴょん吉で僕は栄光を掴むことが出来る!」

江口洋介が「ひとつ屋根の下」でぴょん吉Tシャツを着る何年も前に、僕は自分で買ってきた真っ白なヘインズのTシャツにぴょん吉のイラストをマジックでデカデカと書いて着ていた。
絵は得意な方だ。
江口が着ていたやつより、オータオリジナルのぴょん吉Tシャツの方がかわいかった!(と自分では思っている。)

「これを着たらちびっこたちの人気は僕が一人占めやね。」と思っていたが、そんなことは無かった…
いつもちびっこたちの人気No.1はキャンプネーム・ミニカのヤノくんだった。
彼のマシンガン・トークの中に散りばめられるだ洒落の数々にちびっこたちはくぎ付けだった…
ちびっこは分かりやすさを好むものだ・・・
ヤノ以外の6人はドングリの背比べ。

ぴょん吉のTシャツを着てるんなら、「ヒロシ」って名乗るべきだろ?
という突っ込みを入れたい人もいるだろう。
実は僕もそう思いながら「ぴょん吉」と名乗っていた。
だからあまり気にしないでくれ。

「お前の良さはちびっこたちに分からんかもね…」
とポンポンと肩を叩いて言ってくれた何の慰めにもならない先輩デビル西郷の一言が忘れられない…
桜まい散る春の日のことだった…

何でこんなことを書いたかというと、今日風呂場でカエルを発見したからだ。
ありえんけど本当の話だ。
どっから入ってきたんだぁ!
うおお、何で風呂場にカエルがいるんだぁ!と思いながら
パシャパシャ携帯で写真を撮ってしまった。

ぴょん吉

こいつの名前が「ぴょん吉」なのは言うまでも無い。
ピンボケで「ぴょん吉」のかわいさが伝えられないのがもどかしい・・・

今日もがんばれ!僕らのアビスパ福岡!

今日も笑顔でアビスパを語る・・・

今朝、会社でズィーコが僕に語りかけてきた。
ズィーコの本名はコージ。
反対から読んでジーコ。
キングKAZU風にポルトガルチックにアレンジして
「ズィーコ」
と、僕は総務のヨシダさんを呼んでいる。普通に日本人・・・
年は僕より20歳くらい上のいいおじさん。

あなたの周りにコージさんがいたら、その人のことを影でズィーコと呼んでみることをお勧めする。
より日本代表が身近なものになること間違いなし!

「オータくん!アビスパはもう…」

僕の目がキラリと光り、鋭さを増す!
「…終わりなんやろ?」
と言ったら、仕事中にも関わらず、ひっ捕まえて
延々とアビスパ話を聞かせるところだったけど・・・

「J1行くんやろ?」
という言葉が続いて出てきた。←いい。ズィーコ、いい!

僕の目は途端に和やかなものへと変わる。
「うん。もちろん!」

ズィーコとは笑顔でお別れした。

僕の「終わったとか諦めたほうがいいとか言ったらはっ倒すぞ!」オーラを敏感に感じ取り、
最高の切り返しで難を逃れたズィーコ。
本物のズィーコのようになぜか結果が出てしまう彼の勝負強さに敬意を表したい。

お昼にはトモゾエさんに「アビスパ、どうね?」と聞かれた。
トモゾエさんはいつも笑顔。
キングオブ笑顔おじさん。
年は僕より30歳くらい上だ。
笑顔コンテスト初老の部があれば僕はトモゾエさんに迷わず1票を投じる。
僕のアビスパ話をいつもニコニコ笑顔で聞いてくれる。

「状況は厳しいけど可能性は残されてますよ!」

僕もにこっと微笑み返した。
トモゾエさんには負けるけどね。

さあ、明日はコンサドーレ戦。
もう博多の森でウィーアーサポーロ!は歌わせてあげんよ。

明日も僕は笑顔で博多の森を後にするよ!


アビスパ無限大の法則

∞ 縦にして8
8 漢字にして八、間違った、蜂
蜂→アビスパ!
以上のことより・・・

∞=アビスパ!←僕が発見した。

「オータの法則」と名付ける。
「アビスパ無限大の法則」でもいい。

もし僕より先に発見していた人がいたらごめん。

この法則の証明はこれからチームとサポーターとクラブ、そして地域でやる!

日本代表、1次予選突破おめでとう。
通訳の人が退場なんてはじめて見た!
最後のジーコ・インタビューでは通訳してたけど・・・
こういうアクシデントがあると夜遅くまで起きてた甲斐がある。
試合よりそっちのほうが印象的。

西スポに「エジウソン全開宣言!」
期待してるよ。エジ!

レッズが博多の森にやってくる!

天皇杯、次の相手は・・・

レッズだ!

博多の森でレッズだ!
めちゃくちゃ嬉しい!

いま一番強いチームとやれて嬉しい!
思い切って向かっていける。

僕のアニキはレッズファンだ。
アニキはゲットゴール福田の大ファンだった。
(僕も昔は福田が好きだった。)

2001年、博多の森でのレッズ戦。
二人で見に行った。
行きの車の中では猛烈な火花!

レッズなんかに負けるか!
アビスパよりレッズの方が強い!

博多の森での席は別々。
もっしゃんがPKを止めてくれたおかげで120分戦い抜いてドロー。

ドローだったんで帰りは仲良く帰った。
オータ家的には最高の結末。

トゥットの応援ソングおもしれ~!
塚本は見事やったね・・・

お互いに誉めあうバカバカ兄弟。

今年は博多の森で見られる
オータ家ダービー「アビスパVSレッズ」

がんばれ!アビスパ!
あ~、楽しみ。

無限の可能性

高校1年の頃、数学の宮原先生がよく言っていた。
黒板に∞を大きく書いてから・・・

「君たちには無限の可能性があるんよぉ!」


先生のあだ名は「じーちゃん」だった。
じーちゃんは僕たちの高校の卒業生で東大出身。
なんだけど全然そんな風には見えなかった。
ちっちゃくて白髪で黒ぶちメガネさんで目が優しかった。
僕たちは親しみをこめて宮原先生を「じーちゃん」と呼んだ。

昔は学年主任の厳しい先生だったそうだが
僕たちが入学する前に倒れてしまってから、すっかり変わったらしい。

チョークを持つ手も震えていたし、
声もちっちゃくて・・・
授業も正直よく分からなかった。
「あのね、君たち、僕の言うこと分かるぅ?」って僕たちによく聞いていた。

そんなじーちゃんが、僕たちに向かって
「無限の可能性・・・」について話すときだけは声が大きくなった。
いつもは優しい目なのに、そのときだけ力のこもった目になった。

じーちゃんが高校生だった頃に比べると
僕らはすごく物足りなく見えたみたいで
叱咤激励と僕らへの期待をこめて
じーちゃんは何かあるたびに「無限の可能性」と口にしていた。

「また言いようばい。」と言うやつもいたけど
僕はじーちゃんのこの言葉が出ると、「きた!」と嬉しくなった。

じーちゃんが一生懸命言ってくれるんだからがんばらんといけんよね。
と、がんばろうパワーが出てきた。

今でもたまにじーちゃんの顔とこの言葉を思い出す。
数学の授業の内容はすっかり忘れたけど、この言葉は忘れない。

「君たちには無限の可能性があるんよぉ!
がんばらんといけんのよぉ!」


じーちゃんが僕たちに言ってくれた言葉で
高校時代の僕は勇気が出たから。
僕はいまアビスパ福岡にがんばってほしいから。
「”STAND UP” FOR THE PLAYERS」



あきらめたら可能性は無くなる。
無限が無限じゃなくなる。

天皇杯 ◎アビスパ福岡 9-1 天理大×

大学生相手だから9-1なんて当たり前。
な~んて簡単には済ませられない!
9点よ。
9点!

内容はちょっとゆるかったけど9点取ったということを評価したい!
帰りは車の中で
「きゅーいちアビスパ!きゅーいちアビスパ!」連呼。

試合の途中から頬の筋肉緩みっぱなし。

BSの天皇杯ダイジェスト、結果だけでアビスパをスルー。
ふん、NHKってしょぼいね。
昼間、放送した試合なんてダイジェスト流す必要無いやろ!
じゃ、何のために昼に放送したのか分からんやろ。
アビスパのために10分間使い切れ。

今日の試合はスカパーも無いから得点シーンを詳しく。
僕の記憶をフルスロットル。

①前半13分、エジウソンの公式戦初ゴール!
右サイド川島からのグラウンダーのパスを受けたエジ。
ゴール前で相手DFを振り切って落ち着いて決めた。
1-0

②前半17分、有光がドリブルで右サイドをえぐってクロス。
ゴール前に詰めていたこーへーが決めた。
こーへーも今季初ゴール!
2-0

その後、天理大に得点を許してしまう・・・
天理大はアレクの裏のスペースを突いてくる。
失点は中盤でプレスをかけなかったことも原因の一つだが
アレクと増川の連携もちょっと上手くいってなかった。
アビスパの左サイドを突破され低いクロス。ニアに飛び込んだ相手選手に決められた。
2-1

林は何度も倒れて大の字になって空を見ていた。
ありえんくらい大の字になっていた。
大の字になる度にみんなに笑われていた林。

何か見えたかい、林?

前半のうちにアビスパ太田に交替。
(でも前に向かおうとする姿勢は見られた。大の字がいけんかったね。)

前半、ロスタイム。
ゴール前に放り込まれたクロスにとびこむ有光!
相手選手に引っ張られ倒されてPKゲットー!
キッカーはアレク。
左のポストにはじかれて失敗。
アレク狙いすぎ・・・
ま、PKはしょうがねえ。そういうチームだもん。
博多の森に集まった1,078人のうち1,000人はきっとそう思ってたよ。

③後半5分、コーナーキックからヘディングシュート!(千代?)
キーパーはじく。こぼれ球をホベルトが押し込む!
ホベも初ゴール!
3-1

④後半7分、ペナルティエリア前で有光がふわっと浮かした柔らかいパス。
ホベが受け、ゴール前に柔らかいパス。
走りこんできたアレクがゴールゲット!PK失敗を取り戻す。
4-1

⑤後半10分、アレクが左サイドをえぐる!ゴール前のエジがシュート!
はじかれたところをアビスパ太田がズドーン!
5-1

⑥後半25分、川島パスカットからオーバーラップ。米田に代わって入った松下へ。
ミドル炸裂!松下も今季初ゴール!
6-1
今日は川島のジタバタドリブルがふんだんに見られて最高だった!
やっぱ川島はいいなぁ・・・

⑦後半30分、右サイドのユースケがクロス。
ゴール前でフリーの太田が頭であわせる!
7-1

蜂、後半40分、松下のエクセレント・コーナーキック!ホベがヘッド!
8-1

⑨後半ロスタイムにユースケが左足でゴール隅にビューティフル・シュート。
9-1

点が入る度に文字数が少なくなっていったのは正直飽きたから・・・

今日は・・・
縦に走るホベという珍しい光景も見られた。
有光は点によくからんでGOOD!
松下も止まってるボール蹴らせたら相変わらず精度良好。
アビスパ太田は今日も戦っていた。

今日は9点も取ったぞ!(・∀・)
今日、世界で一番ゴールを決めたチームかもしれん!(・∀・)
きっと、そーだ!そーに違いない!(・∀・)
さ、早く帰ってネットで確認しよう!(・∀・)

世界一のチーム、アビスパ!

だといいなぁ。


あ、BSで京都がやってる。
へ・・・
( ゚Д゚)ポカーン
○京都パープルサンガ11-2JAPANサッカーカレッジ×

僕の野望を砕いた京都・・・
アビスパ世界一を打ち砕いたサンガ・・・
またお前らかよ…

勘弁しておくれやす・・・

北斗と柳楽で3位を勝ち取る!

U-19日本代表は1-1で本戦終了、PK戦の末、シリアを下した!
最後は「へ・・・、今の入ったと?」と思うような微妙な形でのPK成功だったが
ここは素直に・・・
やったぁー!3位おめでとー!

PK戦に突入してからのGK松井は素晴らしかった!
ほとんどシリアの選手が蹴った方向に飛んでいた。
しっかりと相手から目を離さず蹴る方向を予測して飛んでいたもんなぁ。
サンキュー、松井。

最後のシーン、みんながすごくいい顔をしていてビデオですぐに見直してしまった。
ナギも後ろの方で笑顔。
見ている僕もニコニコ。


お昼にネットでU-19の記事をあれこれチェックしてたら
3バックは増嶋、水本、吉弘が濃厚というようなことが書いてあり、
あぁ、ナギは今日もスタメン外れるんかぁ・・・
とちょっとガッカリ。

しかーしオープニング直後に17番発見!
北斗とナギ、アジアユース最後の戦いに二人ともスタメン!
うおおおお!
試合前から鬼の首を取ったかのようにはしゃぎまくる。

ナギのピンポイント・クロスのせいで前半でもうウッと来る。
ピンポイント・クロス2本目でじわり。

PK5人目、ここで決めれば勝つ!という場面、北斗はいなかったんでTVに向かってナギコール!
が出てきたのはカレンだった・・・
ノー!柳楽に蹴らせろー!
TVに喰いつく。

ナギをヒーローにさせてやりたかったのに。

北斗は初めて途中交代だった。
北斗は全6試合でスタメンだった。うち5試合でフル出場。
あのポジションだから、このチームの中で北斗が一番走ってるはずだ。
本当にお疲れさま。

北斗&ナギがいい経験をして福岡に帰ってくる!
大きな怪我もせずにアビスパに戻ってくる!
それが嬉しい!
来年のワールドユースに向けて二人ともアビスパでレギュラーを獲らないとね。


増嶋は今回もPKを失敗したけど今日は泣かなかった!
うん、うん。
そーだよ、増嶋。
オウンゴールなんて気にすんな!
1年に2回や3回もオウンゴールをサポーターに見せてくれるチームだってあるんだ。
で、僕はそのチームが大好きなんだよ・・・
だからオウンゴールなんて気にする必要は無いよ。
無いと思うよ・・・
無いはず!

北斗&ナギには大甘、増嶋にもちょい甘の僕だが
今大会で一番堅実なプレーしてたのは水本。
と地味な彼も評価している。

この2週間、U-19日本代表にハラハラドキドキしまくり。
今日は幸せだ。

ありがとう、北斗&ナギのU-19日本代表!
これからも応援するぞ!僕らのU-19日本代表!


大熊アニキにも「ありがとう。」
今度、雁の巣でオトウトに「アニキにどーぞ。」って渡しとくかな。
のど飴。

×(バッテン)マスクの方がいいかな?
アニキ、ちょっとうるさいから・・・
でもそれはそれでキャラとしていい!
アニキもお疲れさま。

明日は天皇杯

VS天理大。
ガンバの正GK松代は天理大出身らしい。
それだけしか情報が無い・・・

グローバルアリーナで12:00~行われる九州ラグビー界の大一番、
サニックスVSコカ・コーラWJの頂上対決にも惹かれる・・・
無料だし・・・

でもやっぱりアビスパを選んでしまった。
風邪引いてきつかったけど、とりあえずチケット買ってきた。

明日勝ったらJ1クラブと博多の森で試合が出来る!はず。
博多の森で公式戦でJ1クラブと試合をするのは2001のリーグ最終戦のエスパルス以来だ。
あぁ、嫌な過去を想い出した。
あの試合、アレックスの帰化が認められた直後で、やつはキレキレだった・・・
僕はアレックスの帰化を認めた日本政府にキレキレだった・・・
何もアビスパ戦の前にモチベーション上げさせなくてもと・・・

博多の森でレッズと戦いたいな・・・
アビスパの前はレッズが好きだったし。

ジェフでもいい。
オシムが見たい。

FC東京もいいな・・・
サポーターが見たい。

ヴィッセルだったら江口も見に来るかな…


まずは明日勝つ!
ホークスも明日勝て!

泣くな!増嶋

U-19日本代表は今回も120分間の激闘を繰り広げた。
リードされながらも、本戦と延長の2回、後半ロスタイムに追い付くというドラマティックな試合展開。
しかしPK戦の末、韓国に敗れた…
PK戦で日本は4人が蹴ったが、成功させることが出来たのは兵藤だけだった。
増嶋も北斗も平山もボールは枠に飛ばなかった…

決勝に進むことは出来なかったが
増嶋も北斗もフル出場でよくがんばった。

増嶋はキャプテンとして…
北斗は運動量が要求される3-5-2の右サイドとして…

疲れからかこの日は(も?)二人ともミスが目立ったが、38度というマレーシアの熱さの中で良くやったと思う。
お疲れ様と温かい声をかけてあげたい。

昨日の試合、一番印象的で、僕がショックを受けたのは増嶋がPKを外した場面だった。

まだ決着が着いていないのに両手で顔を覆い下を向く。
両手を離したときにうっすらと頬に涙の跡が見えた。

増嶋、泣くな!
キャプテンなら一緒にプレーした仲間を信じろ!
まだ勝負は終わってないよ!


普段なら増嶋はそうやっていただろうし、そう出来ていたと思う。
増嶋が泣くってことは、本当に悔しかったんだ。
体力的にも気持ち的にもかなり厳しい状態だったんだろう。
結果を出しながらも、消極的、おもしろくない、と戦い方を批判されることにキャプテンとしてプレッシャーを感じていたのかもしれない。
PK失敗で堰を切ったように様々な感情が溢れ出てしまったのか?

増嶋の涙からキャプテンとしての重圧、韓国戦にかける彼の気持ちがじわりと伝わってきた。

それでもやはり増嶋に言いたい。

泣くな!増嶋!

増嶋が泣くから、僕もちょっとウルウルしたじゃないか・・・

全てをお前自身で背負い込む必要は無いよ。
と言ってあげたいが
全てを背負おうとする人間の姿は胸を打つものがある。

昨日はこのシーンが頭から離れず、試合後しばらく眠れなかった。

試合をする前から、
このチームでは
この戦術では
韓国に勝てない
と勝手に下らない予想をした大人たちに、
若きキャプテンのハートは届いただろうか?


北斗は泣かなかった!
北斗は自分のミスを素直に認めそれを受け止めている。
そこに僕はこの試合の持つ意味を見出したい。

あともう1試合、次は3位決定戦、VSシリアだ!
最後に勝って笑おう!

がんばれU-19日本代表!

大熊アニキ、ナギにも出番を・・・

北京まではU-23で・・・

福岡はホークスVSライオンズのプレーオフ一色だ。
が、そんなことなんてまったく関係なく、僕の頭の中は朝からU-19日本代表でいっぱいだ。

今日も北斗はスタメンやろうね・・・
ナギも出場させてやりたいね・・・
その他の脇役たちにもがんばってもらわんとね・・・

ああ、もういっぱいいっぱいだ。

今日は決勝進出を賭けて韓国戦だ!
(この世代はまだ韓国に勝ったことが無いらしい。)
強敵だ!

もしかしたら延長やPKもあるかも・・・
明日も仕事だし夜更かしはちょっときつい。
今のうちにちょっと寝とこう。
と大量リードに沸き立つ福岡ドームの模様を横目に寝てやった。
ごめんな新垣。

僕にとっては北斗とナギのU-19日本代表>ホークスなのだ。
来年のワールドユース、そして2008年の北京まで、
僕にとって日本代表といえばこのチームなのだ。
(アビスパの他の選手が代表に入れば状況は変わる。)

ところが今日、FIFAが「将来的に五輪はU-19で・・・」という提案をしたというじゃないか!!

(゚Д゚ )ハァ?
ななななな、何をー!

とりあえず北京まではU-23で頼む!
オーバーエイジは廃止していいから。

僕は同じ職場にいるインターナショナル社員の中国人、胡(フー)さんと
「2008年は北京に五輪を見に行こうね。」と約束しているのだ。
もちろん北斗&ナギ(&ユースケ)のチームを応援するためだ。
U-19じゃ意味が無いのだ!

「北京まではU-23で!」

僕からのささやかなお願いだ。
お願い、FIFA。

さあ今から北斗&ナギのU-19日本代表を応援するぞ。
(試合はすでに終わってるけどまだ結果は知らないのだ。)

今年は賭けに勝ちたい!

僕の会社の先輩ケンちゃんはホークスファンだ。
ケンちゃんは鹿島の本田の兄ちゃんと友達だ。
僕とケンちゃんはアビスパがJ2に降格して以来、毎年賭けをするようになった。

今年ホークスが優勝するか?それともアビスパがJ1復帰するか?

僕は毎年負けている・・・(これまでのところ)

本当は焼肉をおごらないといけないのだが、
アビスパが昇格を逃すという最大の悲劇が僕の身を襲っている上に、
更に焼肉まで奢らせられるのは勘弁。
ということで焼肉をおごったことはない。
いつもぶっちぎっている。
はははははは!
ごめんな、ケンちゃん。

アビスパがJ1復帰したときにまとめて奢りかえしてやる!
今年は負けんぞ!

今日もケンちゃんに
「お前は『毎年今年は大丈夫』って言うけど、いつもダメやんか。」
と突っ込まれた。

年を取ると諦めるのが早くなってかなわん。
ヤレヤレ。
シーズン前から「今年はダメ」とか言うやつがいるわけないやろ。

「ケンちゃん、アビスパは終わってないよ。まだ可能性はあるよ。
あきらめるなんていつでも出来るやん。
僕の前でダメとかあきらめたとか言ったら倒すよ。」


憎まれ口を叩きながらもケンちゃんはしっかりアビスパの試合結果をおさえている。
そこは評価してあげたい。
でも弱虫ハッチって言うのは評価してあげられない。

ハッチはミツバチやろ!
アビスパは熊んバチなんばい!


もう一人の先輩ウエガタさんは本城のサンガ戦を長男と見に行った。

初めてアビスパの試合を見た小学生の彼はオブリの熱い応援に目が釘付けに・・・
試合後、「アビスパが負けて悔しい!」ってずーっと言ってたそうだ。

あの試合を見て今年のアビスパを見捨てたやつもいれば、
新しくアビスパに興味を持ってくれた子もいる。
ちっちゃい頃から知っているちびウエガタを想ったら笑顔がこぼれた。
勇気をもらった。

親子でアビスパ!
いいね。

今日はアジアユースの準決勝だ!
がんばれ!北斗と柳楽のU-19!

アジアユースは誰に期待?結果発表を大いに嘆く・・・

U-19の記事を読んでたらこんなの発見した・・・

アジアユース選手権で、どの選手にどんなプレーを期待しますか?

うぐあああ!
こんなの全然知らんかったよ!
知ってたらこんな結果にはさせんかったのに・・・

10日程前に発表されたアンケート結果に今頃気付いて一人で大騒ぎする僕も僕だが・・・

1位、森本かよ・・・
ハン!
日刊読んでるやつらはサッカー知らんね。
ま、いい選手だとは思うけど。

2位が平山で、3位が兵藤か・・・
フン!
(でも兵藤のプレーは結構好き。あいつは上手い!)

大事な2人が抜けてるじゃないか!

北斗と柳楽は・・・

「その他」かよ・・・

ガガーン!

ガガガーン・・・

北斗と柳楽を「その他」で済ませていいんか!日刊!
「その他」って何だ!「その他」って・・・
おまけに「その他」の中でも名前すら出て来てないし・・・

この場でちょっと言っとくけど
トリ番日記があって、なんでアビ番日記(とかサガン番日記)が無いんだ!
何か?
J2は無視か?

へぼいぞ、九州日刊!
へぼすぎて泣けてくる。

西スポもベガルタ戦、スルーするし・・・
しょぼいぞ、西スポ!
しょぼすぎて話にならん。

仙台まで行けんのなら、スカパー見てでも記事書け!
それとホークスの試合が無いときくらい一面空けとけ!
どーしてアビスパじゃなくてライオンズなんだ?
遠くのライオンズより近くのアビスパが正しい地元メディアのあり方だろ。

今日だって・・・
U-19がワールドユース出場権獲得したんだから北斗一面にしろ!
北斗や柳楽(&西川)の記事でも書いてみろ!
地元クラブの選手たちが代表でがんばってんだぞ。
僕たちの希望の星なんだぞ。

ヘン!

≪ BackHOMENext ≫

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

09 | 2004/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。