スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終節△アビスパ福岡1-1ヴァンフォーレ甲府△

僕たちの未来は入れ替え戦へと繋がった。
来週もまたみんなと会えるな。
アビスパとアビスパサポーターと。
またみんなに会える。


入れ替え戦じゃないけど。
入れ替えさせなかった戦にするけど。

入れ替えさせん!

今週の主役はアビスパ福岡だ。
入れ替え戦ってアビスパの為にあるもんだ。
日本国中がアビスパに注目しろ!


薮田は本当にすばらしい選手だ。
甲府戦でも全力のプレーを見せてくれた。
薮田ありがとう。
J1に昇格して薮田という選手に出会えた。
あと2試合、薮田、一緒にがんばろうな。
次の試合も精一杯でかい声で薮田コールを送る。
薮田、僕は薮田のこと忘れんよ。
薮田はたくさんの感動をくれた。
ありがとう。


久藤ちゃんがコーナーキックを蹴るときに心から祈った。
入れ!入れ!入れ!
千代がそらしたボールに佐伯が飛び込んだ。
佐伯がゴールを決めた!
佐伯とかバロンちゃんとか叩かれた選手が結果を出してほしい、
ずっとそう思ってた。
佐伯、いいゴールだったよ。ありがとう。


「努力は裏切らない」。

オブリのみんながそれぞれの選手へのメッセージを綴った模造紙幕。
僕はトールを持たせてもらった。

トールへのメッセージは「努力は裏切らない」。
トールにピッタリの言葉。
シンプルだけど、いい言葉だ。

僕が書いたんですよ。
「努力は裏切らない」って。
と教えてくれたオブリの彼も、
そして僕もきっと思いは一つだったはずだ。

努力は裏切らねえんだ。
僕たちの努力は報われるんだ。
きっと…


紙だったので破れやすい。
出来るだけ破れないように巻いてみた。
大切なメッセージの詰まったものは
大切に扱うのが礼儀だから。

試合中、この言葉を何度も繰り返す。
おれたちが入れ替え戦に残るんだ。
こんな順位のままで終わらせてたまるか。


入れ替え戦出場が決まったとき心からの喜びを爆発させた。

そしてホッとした。
「努力は裏切らない」んだな。


選手、スタッフ、サポーター、
みんなの努力。

あと2つだ。

努力は裏切らないんだ。

残留まであと2つだ。
スポンサーサイト

第33節×アビスパ福岡0-2名古屋グランパスエイト○

男は悔し涙を流すたびに成長していく。

あれはPKじゃない!
福岡のナギラーとして断言しておこう。
ナギ・ショルダー・アタックに玉田が弾き飛ばされただけだ。
フン!
日本の国技、相撲では弾き飛ばされた方が負けだ。
僕が言いたいのはつまりこういうことだ。

倒された方が負けだ。

これも言っときたい。

玉田、お前むかつく。


PKを取られなかったら、身体を張ったプレー。
PKを取られたら痛恨のファウル。
それだけの違い。
ナギは身体を張ってゴールを死守しようとしただけだ。
そしてそれが柳楽のプレーだ。
あのプレーが出来る選手だから僕はナギが好きだ。
あれがプロのサッカー選手の身体を張ったプレーだ。
PKを取られたのは不運。

あれはPKじゃない。


ナギが試合後にサポーター挨拶に来たとき顔をくしゃくしゃにして泣いていた。
胸が痛かった。
「ナギー!がんばれー!」
僕は高々とナギ・ゲーフラをあげた。
ナギ、あれはPKじゃないぜ、くじけんなよ、泣くなよ、負けんなよ。


おれたちの柳楽が泣いていた!柳楽を励ますぞ!

帰りはアビスパバスの出口を両サイドから福岡のナギラーたちがゲーフラを持ってはさみうち。
バスのカーテンは閉っていてナギの姿は見えなかった。
こうなりゃ叫ぶしかないぜ。
「ナギー!がんばれー!柳楽ー!がんばれー!」
がんばれ柳楽智和。
僕たちがついている。

ナギじゃなく、ヌノさんがこっちを向いてバスの中から凄い目で何か熱く語ってくれた。
僕は読唇術知らんから何を言ってるのか分からんかった。
だけどヌノさんの熱すぎる気持ちはガンガン伝わってきた。
伝わりまくった。
ヌノさん、僕はずっとアビスパを信じ続けてる。
今週土曜も、そしてその先もずっと信じ続けるよ。


試合後、僕はすぐに嫁に指令を下した。
「来週は雁ノ巣へ行ってもらうぞ」。
(アビスパバカ一家の長として威風堂々と)
世界の柳楽を愛する福岡のナギラーたち、
ナギは元気だったらしいぞ。
これでみんなも元気になれるな。
練習開始当初はすごく厳しい顔をしていたナギの心を開いたのは
KING篠田だったらしい。
篠さん、サンクス。
そういえば僕が始めて雁ノ巣でナギを見たときもKING篠田がナギをいじってた。


今日ナギに僕の闘紺メッセージを渡してもらった。
そしてリーグ最終戦を前に、サインが消えかかった僕の23番にサインを入れなおしてもらった。
準備万端。
リーグ最終戦、紺季最高のサポートをする。
僕の一番のおしゃれ着「23 NAGIRA」

第33節△アビスパ福岡1-1ガンバ大阪△

ガンバ戦を見たよ!
今日は仕事で博多の森に行けなかったんだよ!
僕、普通に社会人なんだよ!
たまには行けないときもあるんだよ!
仕事中も気が気じゃなかったよ!
帰ってスカパー録画を速攻で見たよ!
引き分けだったけどJ1らしい試合だったね!
ガンバの決定力はJ1らしくなかったけどね!
それに助けられたのも事実だけどね!
アビスパにも勝ってもおかしくないチャンスはあったね!
それにしても「雨の日は薮田!」だね!
ドローだったけど、次に繋がる試合が出来たね!

以上、神様水谷風。


今日はザスパ太田もゴールを決めた。
試合は松田ヴィッセルという名のバクスター神戸相手に太田ゴールで追いついてのドロー。
ドローだけど太田がゴールを決めてくれて僕はめちゃくちゃ嬉しい。
太田ゴール!
にやけてしまう。
太田ゴォーォル!
オ・オ・タ! オ・オ・タ!
ケーちゃん日記に太田が登場していた。
僕も太田に会いたい。
会いたい会いたい会いたい。
J'sゴールの太田コメントが「らしさ」満載でかっこいい。
太田ゴールで更に気合が入った!
入りまくりだ!


さあ次は名古屋だ。
グランパスだ。

みんな名古屋に行こうぜ。
グランパス倒しに行こうぜ。
増川こてんぱんにしに行こうぜ。

次の試合、1/∞の確率でアビスパが負けて
セレッソが勝ったらアビスパは降格だ。
(アビスパ負けんけど。負けさせんけど。)

厳しい状況に変わりはない。

名古屋へ行こう!
アビスパと一緒に名古屋に行こう!


とりあえず東を目指せ。
話はそれからだ。

ブルース・リーは言った。
「考えるな、感じるんだ」


アビスパサポーターよ!
「考えるな、瑞穂へ行くんだ」

アビスパとともに東を目指せ!
行き先は名古屋だ!


それでは今日お会いできなかったアビスパバカの皆さん
サンデー・アフタヌーンに瑞穂でお会いしましょう。

グンナイ。

第31節×アビスパ福岡1-2川崎フロンターレ○

関東って結構遠いな。
バスで行くと遠さがよく分かる。

金曜9時15分に小倉駅に到着。
小倉駅の片隅(外)でビールをかっくらいながらVS川崎戦に想いを馳せるオーバー30たち。
なかなかバスが来んから2杯取り合えずいっといた。
バスに乗ったらたくさんの差し入れが待っていた。
ありがとちゃん。
おうおうおう、めちゃくちゃがんばってくるぜ!
黄色の付箋に書かれたメッセージをバスの席の前のところに貼って気合をいれてみた。
勝ち点3を博多に持って帰ってきたかったけど負けた。
気合を入れてがんばったけど勝てんかった。
次、勝つ。
絶対勝つ。


前半0-0で終わったときは今日はいけると思った。
主力4人を欠いたフロンターレに怖さはなかった。
それでも勝てなかった。
ユースケのゴールは見事だった。
ヒサシのクロスもセイジ並みの素晴らしいものだった。
勝ちたかった。
フロンターレに勝ちたかった。
悔しい。
でもしょぼくれる暇なんてない。
試合後のゴール裏は選手を鼓舞する声と拍手でいっぱいだった。
次勝とうぜ。
次やろうぜ。
アビスパ福岡は弱くない。
次は勝てる。
その次も次の次も。
そしてリーグ戦の後に二つ勝って残留しよう。


マッチデイを購入したらフロンターレカードをくれるとわざわざアウェイ側にまで売りに来た姉ちゃんが言う。
そんなのいらんったい。いらんいらん。
Jリーグチップスでもアビスパ関連以外はゴミ箱直行の僕ですよ!
しかしだ、ちょっと待てよ、川崎には松下がいるじゃないか・・・
「松下!松下ください!松下ください!」
姉ちゃんは「松下って誰ですか?」って聞いてきた。
はぁ?あんた松下知らんの?
「アビスパから川崎に貸してあげてる松下です!!」
そして、僕は松下カードをゲットした。
姉ちゃんも松下の素敵坊主スマイルを覚えられてこれで一石二鳥。
めでたしめでたし。


マッシーと一緒に等々力のスタジアム風景をバックに写真を撮ってみた。
マッシー、現像してジュニアに毎日見せるように!
ジュニア、メガネの人とシニア(マッシー父さん)は仲良しなんだよ。
メガネの人は悪い人じゃないんだよ。
今回仕入れた情報によるとジュニアはウルトラマンが好きらしい。
しょうがない、今度僕が悪者役でゼットンになってあげるからウルトラマンごっこしようぜ。

ジュニア=ウルトラマン。

ウルトラマンはゼットンに最終回で負ける。
はははははは。
ウルトラマンごっこでも負けるのは好かん。
ジュニアでも負けられん。


フロン太くんって僕の中ではJ一番の不細工マスコットという位置付けやったけど
本物は結構かわいかった。
デザイン描いた人下手すぎ。
逆にぬいぐるみ作った人上手すぎ。
フロン太くんのベルトはチャンピオンベルトみたいでいかす。
いかしてるぜ、フロン太くん。
ただしアビー&ビビーには及ばん。
アビスパバスの近くで世界の柳楽と一緒に写真を撮ってもらいフロン太くんも笑顔だった。
ナギの歌は「らーらーらー オー! な・ぎ・らー!」が正しいとケーちゃんに教えてもらった。
みなさんお間違えなく。


等々力でもフロン太くんを含め3人(駐車場のおじさんとかボランティアのじーちゃんとか)に
普通に「来年また来まーす」と言って帰ってきた。
約束は守る。
来年また行く。
今度はブラジル人3人用意しといてくれ。
ガチンコで行こう。


川勝=川崎が勝つ…になってしまった。
でも勝負はこれから。

入れ替え戦に行くしか残留する道はなくなった。
僕は16位で入れ替え戦に行きたい。
僕は16位でいいからJ1に残留したい。
僕は16位でも胸を張ってJ1残留を自慢したい。

まずはリーグ戦の残り3試合、絶対に勝ちたい。
ガンバ、グランパス、ヴァンフォーレ。

ガンバ ←絶対勝つ!
グランパス ←こいつにも絶対勝つ!
ヴァンフォーレ ←こいつにも絶対ぜったい勝つ!

おし!またがんばろう。
今週は2試合だ。
勝ち点6取ろう。
みんなで必死の思いで精一杯がんばれば大丈夫。
これからが残留争いの主役、アビスパの真骨頂を見せるときだ。
最後の最後で残留を決める。
主人公には必ずピンチが訪れるもんだ。
そして最後にはハッピーエンドが待っている。


バスツアーで参加された皆さん、おつかれちゃん。
バスで等々力まで行ってくれてありがとう、オブリのみんな。
また一緒に戦いましょう。

第30節×アビスパ福岡0-2サンフレッチェ広島○

朝起きて更新した後にケーちゃん日記を読んで
こりゃぁサッカーダイジェスト買わんといかん!と思い試合前に読んでみた。
ヌノさんインタビューに北斗真剣。
ヌノさん&北斗、オーちゃん感動しちゃったぞ。
たくてぃがサッカーバカチンのヌノさんインタビューに感動した!と言ってたので
今日はバカチンも買ってみよう。
たくてぃに布部ゲーフラを作らせるくらい素晴らしい内容だそうだ。


auデーということで、もこみち人形が博多の森にやって来ていた。
記念撮影をするとミラーをくれると言うんで一緒にパチリ。
ただし紫のベストを着てるやつと一緒に写真を撮るのは大いに不満だったんで
もこみちには笑顔でパンチを入れてみた。

紫の服を着てる人形はアウェイゴール裏に行け。

auとBEAMSはもこみち人形のために紺色のベストを作れ。
そうすればもっと男前度がアップする。
僕からの心を込めてのアドバイス。

ノブリュウのいつもの「GO FOR IT AVISPA!」コールが「Unite for Fukuoka!」に変わった大一番。
バックスタンドのたくさんのサポーターがゴミ袋に気合と気持ちを注入して膨らませた。
アビスパ勝てよ!と願いを込めてゴミ袋を上下左右に動かした。
勝利には繋がらなかったけど、選手たちに気持ちは伝わったと思う。
ブーイングされてもおかしくない試合だった。
それでも試合後にブーイングではなく
選手を鼓舞する言葉を送り続けた僕たちサポーターみんなの気持ちは
選手にも痛い程伝わっているはず。
次、がんばろうぜ。
みんなでがんばろうぜ。


アビスパはJ1では三連勝したことがない(はずだ)。
昨日勝ってればクラブ記録更新だった。
でもそうはうまくいかなかった。
負けちゃった。
みんなミスが多かったのがちょっと残念。
いつもよりがんばらないといけない試合で気合が空回り。
いまアビスパで一番いいセンターバック、トールを出場停止で欠いたのも痛かった。
勝ちたかったけど勝てなかった。
それがちょっと残念。

ミスはそれを続けなければ
「教訓」になる。
ミスは反省すればいい。
ミスから何かを学べばいい。
次、勝とうぜ。
みんなで川崎に勝ちに行こうぜ。

そーだ!みんなで川崎に行こう!
そーだ!そーだ!!
川崎戦バスツアー。
西鉄旅行に代わり、僕オータからのお願いです。
明日、月曜日が締切日です。
みなさんよろしくお願いします。
試合前&試合後の僕のお願い攻撃に

亀さん(大和撫子)が申し込んでくれました。えらい。僕の友達。
あ、まだ申し込んでないんかな?
マッシー(ジュニアのパパ)も仕事が忙しいのに申し込んでくれました!えらいえらい。君も僕の友達。

そして今日も僕からのお願いです!
福岡中のお嫁さんの皆さん、アビスパバカの旦那を快くアウェイへ送り出してあげてください!
福岡中のお婿さんの皆さん、アビスパバカの妻を笑顔でアウェイへ送り出してあげてください!
いや二人まとめて川崎に行きましょー!
いやちびっこもおとーさんもおかーさんもじーちゃん、ばーちゃんもみんなでアウェイ等々力に行きましょー!
会社や学校を休んで行きましょー!

リーグ戦は残り4試合。
等々力に出来るだけたくさんのアビスパサポーターを。
広島には負けたけど、残り4つ全部勝つために。

もう1回念押し。
ここクリックしてみて
それではみなさん来週等々力でお会いしましょう。

僕はバスで行きます。

天皇杯 ○アビスパ福岡1-1京都パープルサンガ× PK勝ち(4-3)

ゴリー!
ゴリやまー!
かみくーん!
神山ー!

僕の中では「ゴリ」DAYだった天皇杯4回戦。
PK戦に突入した瞬間、「うぉー!ゴリの見せ場がやってきたぜ!」と期待が膨らむ。
ゴリならやってくれる!という確信があった。
吉田が取り消したけど1本止めた。
ゴリよくやったな、男前だったぞ。
ゴリかっこよかったぞ。

あーPKおもしれー。
だってゴリが止めてくれるもん。
だってみんなプレッシャーなんて全然ないよみたいな顔で平気でスパンスパンPK蹴るもん。
PK前のスタッフ、選手全員の円陣がかっこよかった。
気合入れの声もでっかくて気持ちが伝わってきた。

ベンチーニョ、アビスパの選手たちは5本のうち4本もPK決めたよ!!
誰よりもあんたに見せてやりたかった。


漢、神山竜一。
今日夢スポで初めてゴリのネクタイ姿を見た。
まぶしすぎてクラクラっと来た。
90分は完封。
失点はPKの1点のみ。
延長戦後のPKでも気合満点。
昨日6本のPKと向かい合い2/6をゴリ気合パワーで枠外へ弾き飛ばした。
ゴリー!
ゴリー!
ゴリのニヤっに幸せを感じた土曜日の午後。
ゴリありがとう。


天皇杯だがアビスパ三連勝。
よございましたぁ。
天皇杯だがアビスパホーム四連勝。
ふふふふふ。
一人少ない、それもJ1最下位京都相手にPK勝ちなんでそれほど自慢できんが普通に自慢するよ。
アビスパ勝ったぞー!
勝てばいいじゃないか。
天皇杯、トーナメントなんやもん。
アビスパの紺シーズンが一週伸びた。
アビスパの試合がリーグ戦の後もまた見られる幸せ。
へへへへへ。
みんなありがとう。
次も勝とうぜ。
いやいやこれから全部勝とうぜ。
どいつもこいつもぶっ飛ばそうぜ。


審判があまりに下手くそで「アマチュアの人なんやろうね」と思っていた。
しかし…
主審は吉田だった。
吉田、あんたもっと上手になれ。
吉田は普通に2枚目を出す。つまらん。一人少ない相手に勝っても自慢にならん。
この試合、内容は大したことなかった。
一人少ない京都相手に延長まで突入し、延長戦では先制された。つまらん。
ただしホベのミドル炸裂には燃えた。
それも豪快ミドルだった。
さすがキャプテン。
さすが闘将。

PKではホベは惜しくも外したが、セイジ、北斗、ヒサシ、ユースケはしっかりと決めた。
アビスパのU-21は全員決めたが、京都のU-21は2回蹴って2回外した。
アビスパの若き選手たちは肝が太い。
肝っ玉アビスパ!
そこが勝敗の分かれ目。
僕たちには自慢の若き選手たちがたくさんいる。
幸せ。


試合後、僕は思った。
「柳楽にもPK蹴らせてあげたかった…」
ナギ対パウリーニョ見たかったな。


ハライは相変わらずすぐにこけるし、デンジャラス。
お前が痛がるの見るの飽きた。つまらん。芝居いらん。博多の森は劇場じゃない。球技場なんたい。

ノリが開始早々ノリ・ショルダー・タックルでハライをぶっとばしたときは燃えた。
吉村コージさんばりのナイス・ショルダー!
PKにつながったプレーはちょっとかわいそうじゃないか。
あのプレーでPK取るなんて、主審が吉田だったら、ナギ試合に出されんったい!
あ、コージ・タックルの吉村も追加。


天皇杯、お客さんはほんとに少なかった。
1,600人ちょっと。
この状況に危機感を抱き、立ち上がった一人の男がいた。

こーくん。

僕は彼を「ジュニア」と呼ぶ。
一方ジュニアは僕のことを「僕のことをジュニアって呼ぶメガネの人」と呼ぶ(そうだ)。
昨日、僕の隣では父マッシーに抱っこされたジュニアが、突然かつてないデカ声でアビスパLOVE SONGを歌い始めた!

ア~ビスパふっくおか♪

「おぉ!ジュニアが!ジュニアがでっかい声で歌ってるよ!」

ジュニア上手だったぞ。
メガネの人、びっくりしちゃったぞ。感動しちゃった。
博多の森に新たな「燃える闘紺」誕生。
いやジュニアにもっと相応しい称号をメガネの人からプレゼントだ。

マッシー・ジュニア=燃える濃紺。

ジュニア、次は一緒にデカ声で柳楽コールをしような。
ジュニア、オーちゃんと一緒にチカラを合わせ”ひとつに”なろうぜ。

次は広島だ。
倒す。
ぶっ飛ばす。
Unite for FUKUOKA!

広島戦を満席で!

第29節◎アビスパ福岡1-0アルビレックス新潟×

完封!完封!!
ルンルン。
ららららー♪

連勝!連勝!!
るるるるるー♪

アビスパ勝ったぞー!
アビスパ勝ったぞぉー!
初の連勝なので2回続けてみた。

アウェイで勝ったぞぉー!

多くのアビスパサポーターがセイジのJ1初ゴールに狂喜し、
水谷のヒーローインタビューを温かい眼差しで眺めたことだろう。
セイジ、たまにはヒーローインタビュー受けてなんか喋れ。
セイジ、いいシュートだったぜ。
水谷、ちょいカメラ目線が愛しかったぜ。

試合終了後の水谷の喜びようは微笑ましかった。
トールに馬乗り、ナギをパンパン。
ジュビロという強豪に勝った試合後に、失点したことに怒りが収まらずサポーターに挨拶に行かず(行けず)にさがる。
そんなの日本全国どこをどう探しても水谷だけやろ。
僕はそんな水谷の負けず嫌いさが好きだ。
無失点で勝ったときにめちゃくちゃ喜べばいいやん。
ゴールキーパーなんやもん。
水谷、今のままでいけ。

そして多くのアビスパサポーターが
ロスタイムのナギの手にボールがぶつかった場面に
うぐあわわー!と顔を手で覆ったであろう。
テレビの前で「ノー!ファウルじゃなーい!」と僕も叫ぶ。
そして、あっさりと主審が流す。
主審、あんた偉い。
故意じゃないハンドはただ単に手にボールが当たっただけ。

この試合、引いて守って最後まで耐え抜いたみんなのがんばりを大いに誉めてあげたい。
厳しい場面では身体を張って守りきった。
みんなえらい。
特にトールとナギえらい。
攻められることの多い試合でたまらん展開だった。
しびれる試合だった。
ナギ好きとしては見所満載で楽しかった。
身を挺してゴールを守る!
試合終了直前のバタバタもあったが
それ以外の場面では本当によく守っていた。
トールも本当に頼もしかったね。

トールとナギで連勝。
幸せ。

実況とか解説者とかから動きのない面白くない凡戦と思われても一向に構わん。
今のアビスパにとっては勝つことが正義だ。
勝ったらみんなが笑顔になれる。

勝ち点は3しかいらん。

紺週も笑顔で過ごせる。
アビスパが勝つことが何よりも嬉しい。
残留に向かってまた一歩前進。

第28節◎アビスパ福岡2-1ジュビロ磐田×

ジュビロに勝ったぞー!
うらららららー!

HELLO!
あ、海外武者修行帰りなんでハローが英語になってしまった。
いかん、いかん。
すっかりイングリッシュ・スピーカーじゃないか。

日本がアジアを勝ち抜くために倒さなければならない相手
オーストラリア
をアビスパレプリカで闊歩してきたぜ。
もちろん23NAGIRA。
去年の24番に16NAGIRAも着まくったけど。

それにしてもオーストラリア人でかすぎ。
日本人はもっと肉を食わんといかん!
肉食わんとあんなのには勝てん。
ナギ、北斗、ユースケ、ヒサシ、肉食え。

愛する福岡を離れ異国の地で過ごした一週間、
アビスパのことが心配でたまらんかった。
浦和戦はアビスパ公式を見て1-2で負けたこと、
クギがJ1デビューしたことだけ何とかわかった。
ホテルのパソコンではJAPANESEは文字化けしてさっぱり。
全然意味がわからんかった。
情報を求めて浦和のHPを見てみた。
なんとやつらのHPには英語バージョンがあるのだ。
さすが浦和。
ビッグクラブはすごいのう。
浦和戦の感想はそんだけ。
まだビデオ見れてない。

帰国するなり一週間の西日本新聞を斜め読み。
アビスパの記事は?
アビスパの記事はー!
北斗の「代表より残留」発言が僕の福岡魂に火をつけた。
北斗、泣かせること言ってくれるぜ。

そして迎えたジュビロ戦。
0-0の展開でためて、ためて、ためて、

北斗ー!

ほくとー!

北斗がゴールを決めてバックスタンドに吼えながらやってきた姿を見たら、もう涙が止まらんかった。
歓喜の涙。
滝ナミダ。
涙ガー。

中村北斗はすごいぞ。
北斗こそミスターアビスパですよ。
北斗はすべてを背負って戦ってくれるもんな。
中村北斗はすばらしいぞ。
すばらしいゴールをありがとう、北斗。
本当に本当に本当にありがとう。

北斗だけじゃなくピッチに立った全員が魂のこもったプレーを見せてくれた。
みんなが福岡のプライドを持って素晴らしい戦いを見せてくれた。
薮田はヘビー級ボクサーがKOされてもおかしくないようなサッカーボール顔面直撃を受けながら立ち上がってきた。
ヌノさんも何度も惜しいシュートを放っていた。
セイジはクロスだけでなくお洒落パスを連発。
アレックスも素晴らしいパスカットと労を惜しまないアップダウン。
佐伯はアビスパ移籍以後最高のパフォーマンス。
久藤ちゃんはこの日も背番号10らしいきれのあるプレー。
吉村もかっこよかった。サイドバックの吉村は最強。
トールも気持ちが入っていた。いつものことだけど。
水谷もファインセーブを連発。これもいつものことだけど。
ユースケのスピード溢れる走りが決定的な2点目を演出した。
ヒサシの落ち着いて決めたゴールと笑顔で突き上げた拳は僕を更に笑顔にしてくれた。
ノリはもうちょっとプレーさせてあげたかったな。

そしてピッチの外では川勝監督にエジソンさんが
心からの笑顔を見せてのぴょんぴょんジャンプ。
アビスパ最高。

そんな中やっぱり僕が一番うれしかったのは
ナギがスタメンに復帰して、そして試合に勝てたことだ。
帰りの車の中でも「柳楽が勝利をプレゼントしてくれた!」と何度もそればかり。
目の前で、しつこい守備でカレンを押さえたシーンがリフレイン。
にやにやヘラヘラ。
ナギラ!ナギラ!
家に着いてからもJ'sゴールでのしっかりコメントにニコニコ。
ナギラ!ナギラ!
これからもガンガン行こうぜ。

今までたった1回しか勝った事のなかったジュビロを倒した。
京都が引き分けたり、
セレッソが勝ったり、
そんなことどうでもいいじゃないか。
気にならん。
僕らのチームは鹿島と磐田に勝ったチームだ。
アビスパ強いぜ。

勝つっていいな。
ふっくおか!ふっくおか!
やっぱり福岡が一番。
ご飯と味噌汁と明太子さいこー!

そして何よりも
アビスパさいこー!

日本に帰ってくるとき綺麗な夕焼けを飛行機の窓から見たけど
それ以上に博多の森で見る夕日が綺麗だった。
だってアビスパが勝ったんやもん。
こんなに素晴らしい光景が他にあるわけがない。

素敵空間、博多の森。

ジュビロ磐田に勝ったぞー!

第26節◎最強☆アビスパ福岡☆最高2-1鹿島アントラーズ×

結婚式のお開きの曲はトップガンにしてみた。
「アビスパが鹿島に勝ちますように☆」と願いをこめてみた。
アビスパが博多の森で勝ったときに流れる曲、トップガン。
今日こそ鹿島に勝て!と願いをこめて…
司会の人は勘違いして「アビスパが優勝したときの曲」と言っていた。
(司会の人はオブリも勘違いしてブリオと言っていた。)
北九州市長杯くらいしかアビスパ優勝したことないんばい。
ハードル高すぎ。
この日博多の森でも流れたトップガン。
これから毎試合、博多の森で流そうぜ!

久藤ちゃんのプレスすごかったな。
みんな凄かったが特に久藤ちゃんが素晴らしかった。
ヌノさんもヘッドで綺麗に決めてくれた。
大人の一発。
きっとヘッドの前に目力パワーで坊主猪木びびらせたんやろうね。
吉村が凄かった。川島のサイドもいいが吉村のサイドも味わい深い。
ショルダーアタックが破壊力抜群。コージアタック!

久藤ちゃん、ヌノさん、コージさん、大人力満載。大人パワー最高!

飯尾のあのクロスはなんや!無敵クロス。最高クロス。1ゴール1アシスト。
ヒーローインタビューも渋いぜ。

終盤でも北斗のスピードは落ちなかった。
88分での猛プレス、すごいぜ北斗!
試合後の北斗の顔を見てると「北斗は絶対にミスターアビスパになるね」とつくづく思った。
かっこよすぎる。

この日は僕的には川島とトールに尽きる。
濃紺ブレンダ'Sはなお更そうだったに違いない。
この日試合に出たどのチームのどのセンターバックよりもこのコンビは下手くそだったに違いない。
だけど気持ちじゃ誰にも負けんよ。
めちゃくちゃ男前コンビやったよ。

ああいうアビスパが大好き。
鹿島に勝ったイレブンはベストメンバーのアビスパ福岡じゃなかったけど
素晴らしい試合を見せてくれ、結果を残してくれた。
きらびやかな輝きを放つ選手はいないけど、僕にとってはみんなが大スター。
みんな男前すぎる。
アビスパ福岡はかっこいいぜ。
めちゃくちゃかっこいいぞ。

試合後のゴール裏に「寿」ゲーフラを揚げている博多の素敵おかあさんを発見した。
「寿」の字が赤やったよ!
あれ僕のために作ってくれたんやろ?
絶対そうに違いない。
すぐ分かった。
そうじゃなくてもそうだったことにしといて。

そしてこの試合の解説者がすばらしく良かった。
小林さん。
あんたアビスパバカやろ。
コメントが素敵過ぎるやないか。
コメントになってない場面が多すぎやないか。うお!とか。
スカパーで見ることしか出来なかった僕もとても楽しめた。
目線がアビスパサポーター。
しゃべってる内容がアビスパサポーター。
いつの日かアビスパの監督になってくれると思うけど、そのときはめちゃくちゃ応援してあげるからね。

それと森田みきもいいがノブリュウにもヒーロー・インタビューをさせてあげたい。
森田みきはもう2回もヒーロー・インタビューしたからちょっと我慢してみて。
そんでベンチレポートに専念してくれ。
「ベンチの柳楽選手の表情をお伝えしまーす!」とかいいんじゃないかな。
「いま柳楽選手がアップを開始しましたー!」とかいいんじゃないかな。

第25節×アビスパ福岡0-4清水エスパルス○

エスパルスは強いね~。
今までやった相手の中では一番手強く感じた。
さすがサッカーどころ静岡、さすが清水。
リスペクト清水エスパルス。

アビスパの出来も悪かった。悪すぎ。
やられっぱなしの90分間、TVの前で固まりまくり。
うぐぁあ…とかうぅぅん…とか声にならない叫びを連発。
いいところが無かった。

誰を誉めてあげればいいのか、悩みに悩む。
そして結局該当者なし。
(ファイナルアンサー)

10点取られてもおかしくない試合展開。
ナギがんばらんか。
集中切らさずに最後まで粘り強くプレーするのだ。
次はがんばるのだ!
良くない試合をしてしまったら次にがんばるしかないのだ。
ナギがんばれよ。

千代は金古が痛んでるから自分も万全の状態じゃないのに試合に出てくれてたんやね。
えらいぞ千代。早く治せよ千代。

アビスパの武器、千代金古が怪我をした今、ナギがやるしかないじゃないか。
U-21日本代表候補の意地を見せるのだ。
点取らせるな柳楽。点取れ柳楽。

トールもオウンゴールなんて気にすんなよ。
気にしない、気にしない。ひと休み、ひと休み。って一休さんも昔言ってたぞ。
気にすんなよ。

次は鹿島だ。
10月7日はアビスパが鹿島に初めて勝った日としてもらいたい。
バモス、アビスパ福岡!


今日サッカーバカチンを買った。
表紙が江口だった。
エース江口。
サッカーバカチンの「ッ」の字の下。ちっちゃく江口。
それでも僕の中では今年最高の表紙だった。
アビスパではその他にヤマと水谷。(どっちともちっちゃい)
アビスパの2ページだけを食い入るように読んだ。後は別にどうでもいい。知らん。

そしてサッカーダイジェストももちろん買った。
なぜなら今週は北斗の月いちコラムの掲載される週だからだ。
「北斗真剣」。
今回も北斗コラムは面白かった。
北斗の兄ちゃんは楽天の秋季キャンプに参加するらしい。
僕は隼人兄ちゃんが楽天に入ったら楽天応援するよ。
北斗が「みんなも応援してください」ってお願いしているから。
いちアビスパサポーターとして楽天応援する。
まかせろ、北斗。
がんばれ、隼人。

北斗が文末で兵藤や平山に福岡で一緒にやろう!と呼びかけていたのを見て凄くうれしかった。
ほんとにそうなったらいいな。

僕は北斗コラムを楽しみにしている。
北斗、次も面白いやつ頼む。
パワーが出てくるやつ頼む。
今回のはパワー出たよ。
がんばれ、北斗。


ホベに赤ちゃんが産まれた!イエー!ブレンダちゃん!イエー!
おめでとうホベ。
ホベの赤ちゃんがブレンダちゃんに命名された記念に
マッシーにはブログタイトルを
濃紺ブレンダGRANDE」に変更することを提案したい。
↑     
アビスパ福岡をサポートするブログです。




HOMENext ≫

プロフィール

オータ

  • Author:オータ
  • 好きな選手はエース江口、アビスパ太田、ナギ。
    江口と太田にはいつかアビスパに指導者として帰って来てもらいたいと心から願う毎日。

    J1に復帰できて最高にうれしい。
    2010篠田アビスパのみんな、どうもありがとう。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

旧 最強☆アビスパ福岡☆最高

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。